2005年11月18日

仲良しダッピ

バイオ企画を書こうと思いましたが、明日(今日)はめずらしくどうしても早く家を出ないといけないのであと1日だけ待ってくださいませ。

そういうわけで、今日は微妙に手抜きの仲良し写真を2枚紹介。

携帯の写真がいまいち綺麗ではなくてすいません。
もうすでにこの鉢植えは水槽から取り出してしまったのですが、一時水槽内に入れていたときに、コリドラスパンダ&ジュリーが一緒に入っていた写真です。
ほんとこの2匹は仲が良いですねぇ。ほほえましいです。


続いてこちら。

決してエビの★になった写真ではないです(汗)。
仲良く2匹が脱皮した後の写真です。
最近やけにエビが脱皮しまくってるんですよ。
コケを食いまくってくれて成長しているのでしょうか?

木酢+照明時間減らし+水温下げ+週2回の水換え+壁面掃除+コケの付いた水草の除去+エビの効果が出たのか、最近は黒ヒゲコケがかなり減ったように思います。
でもまだ全滅ではなく、まだまだいるようなので気は抜けません。
近頃は黒ヒゲコケに代わって、緑の点々のコケが壁面に増えてきたような気がします。
オトシン君がここのところさぼり気味のように見えます。オトシン君の数が少ないのかなぁ。

ここ数日内にネットで、タイマー、電磁弁、ライト、外付けフィルター(エーハイム2211)、ついでにグロッソスティグマ(水草)を一気に購入してしまいました(^^);
もういい加減、水槽の周辺機器を買うのはやめて、中身を充実させていきたいところです。
だいたいそろったからもう大丈夫かなぁ。
といいつつもまた欲しいもの出てきちゃうんですよねぇ。
底なしアクア沼、ほんとこわいですね〜。

あっ、今日でブログオープンして以来3ヶ月が経過しました。
ついに92日(かな?)連続更新まできました。
あと8日はなんとか死ぬ気で更新し続けます!

投稿者 38brain : 04:36 | コメント (4) | トラックバック

2005年11月04日

ある戦士の日常

コケ対策として導入されたトロピカルシュリンプ戦士団、通称コケイヤン隊の日常を追ってみました。

AM2:00頃。
いつものようにコリドラスのためにコリドラスタブレット(商品名チャーミーコリドラス;タブレットが星と魚の形をしていてかわいらしいのでこれを購入)
を投入。

投入と同時にコリドラスジュリーがまず寄ってくると共に、目ざとくコケイヤン隊のメンバーの一人がこれを発見。
既にコリドラスパンダ君はあきらめ気味。
正直、同情します。
手前に見える水草(ピグミーサジタリア)ににっくき黒髭コケがついているのが見えるでしょうか。
そのとおり、まったくコケ減ってません・・・。

さて、タブレットはどうなったかというと、
ここからはジュリーvsコケイヤン隊の戦いです。

さすがパンダ君に比べて巨体なジュリーはコリドラス軍の威信をかけて一歩も引きません。

さぁ、どうなる?!

コケイヤン隊の援軍が参上し、ジュリーはあえなく脱落。
コリドラス軍、今日も惨敗。残念っ!

もはやこうなってはコケイヤン隊の独壇場です。

そこに新たなる強敵出現!

出たー!!大食漢のホワイトミッキーマウス(相当太めなメス)の登場です。

こうなると、もはや秩序も何もありません。

とりあえず見にきた他の魚たちも含め、もはや「コリドラスタブレット」とは名だけになり、単なる「タブレット」をめぐる食料戦争です。

・・・頼むからコケと戦ってくれよ・・・。

(以下追記)
最近急にうちのサイトの熱帯魚ブログランキングの順位が上がって、今日は驚いたことに13位まで上がってました。
クリックしてくれた方々、ほんとありがとうございます。
私のナエナエなやる気もおかげで微妙に回復しブログの更新にも大きな力になります。
先日私に不運が連続した際に、ブログランキングのバナーのところに「同情するならクリックをくれ!(今ハヤリのアダチユミ風に)」と書いたため、激しく同情票が集まっただけではないかと思ったりもしますが・・・。
今後とも頑張って極力毎日更新を続けていきますのでなにとぞよろしくお願いします。
皆さんのために、素敵な写真を見せるため、一眼デジカメを買いたいとは思ってますが・・・しばらくはムリポな感じです。イラスト等でしばしの間はごまかさせていただきます(汗)。

投稿者 38brain : 04:23 | コメント (4) | トラックバック

2005年10月27日

なかよし。

「なかよしこよし」の「こよし」ってなんでしょう?
「子良し」で仲良しな子はよい子だということでしょうかね。
それとも実は「姑よ仕」で、一見仲が良さそうだが姑(しゅうと)に仕えるかわいそうな嫁のことを・・・指してるわけありませんね。

おっとまた脱線してしまいました。
今日は、うちの水槽内の仲良しペアを2組、紹介しようかと思います。

まずは、

コリドラスパンダ&ジュリーです。
なぜかここ1週間ほど常に寄り添っている時が多いです。
これはいったいどういうことでしょう?
種を超えたメイク・ラブなのでしょうか。
超えてはならない一線を越えてしまったのでしょうか。
禁断の果実を・・・もういいって?
まぁ近種だからありえなくはないしそんなに問題ではないのかもしれませんけども。

しかし、最初購入した時はほぼ両者とも同じぐらいのサイズぐらいだったのですが、ジュリー君がみるみる肥えて、既にパンダ君の2倍ぐらいのサイズになってます。
実際に見たらきっとけっこうびびります。
顔も心なしかオッサン顔になってきたような気がします。
ジュリーってそんなに大きくなるものだったんでしょうか。
このままだとパンダ君を食べてしまうほど大きくなってしまうかもしません。
それこそ禁断の・・・(自主規制)

続きまして、こちらはたぶんピュアなカップルです。

ラスボラ・エスペイ君です。
一瞬食べているかのように見えますが写真がイマイチなだけです(汗)。
後ろ側にもう1匹いるのが見えるかと思いますが、この2匹、かなりイチャツイテます。
もうそれはそれは激しいです。
ある時は螺旋のように回転し合い、
壊れるほどに互いの身を寄せ合い、
情熱的に全身を紅潮させ、
もう今日がこの世の最後でもいい、とでも言うように、
全ての水槽内のしがらみを捨て去り、
共にヘブンの扉を開いております。

・・・冗談です。言い過ぎました。
時々いちゃついてる程度です。
カップルなのかどうかもまったくわかりません。
でも威嚇で追いかけ回してるという感じではありません。
明らかに両者が好きこのんで寄っている感じです。
それに、なんかヤケに体のオレンジ色が濃くなったと思いませんか。
恋がエスペイ君も美しく変えたのでしょう、と勝手に思っておくことにします。

ちょっと今日はトランスを聞きながら書いたので微妙なハイテンションのため暴走気味で失礼しました。

投稿者 38brain : 04:41 | コメント (6) | トラックバック

2005年09月23日

パンダにちょっかいを出すオトシン

ちょっと面白い写真が撮れたのでアップします。
コリドラスパンダにちょっかいを出すオトシンクルスの図です。
上の写真だとわかりづらいので、生体に枠を付けてわかりやすくしたのが下の写真になります。
底の方のグループ(コリドラスとオトシン)はわりと仲がよいようです。
っていうか何も考えてなさそうなところがまたかわいいところです。
さて、明日はもし早起きができたらちょっと買い物に行く予定。
その結果は明日のお楽しみということで。

投稿者 38brain : 04:11 | コメント (3) | トラックバック

2005年09月04日

ホワイトミッキー&パンダ&ピグミーが仲間になった。

何気に賑やかになってきたうちの水槽です。
一番手前にピグミー・サジタリアというポヨポヨとちっちゃい水草を植えてみました。
前景草としてはメジャーらしいので、とりあえず最前列に。
ちなみにネットで一株50円で購入。
生体をネットで買うのは怖いけど、水草ぐらいならいいかなぁと思い初ネット購入してみました。

そしてそして、いよいよ生体も追加しちゃいました。って今日の題名で既にばれてますけど。
初心者はあまり最初の頃に生体を増やすべからず、って言われてるみたいですが、この初めてすぐの頃の熱い欲望をおさえろって言うのが無理ってもんです(^ ^);
ラスボラ・エスペイ君を購入する気満々でショップに行ったのですが、そういうときに限って在庫切れでした。ショック。
ということで、まずはネオンテトラ君が目もくれなくなってしまう底に落ちたエサをバクバクと食べてくれる強い味方として、コリドラス・パンダ君を購入してみました。
コリドラスは底砂をダメにする可能性があるというご指摘をコメントでいただきましたが、きっとパンダ君なら体長もでかくないし、穏やかそうだし、それに今回は2匹だけの追加なので大丈夫かなぁということで買っちゃいました。
まぁ底砂をグチャグチャにされたら、それはそれでいい経験ということで(笑)。
なによりショップで見たときに、90cm水槽で200匹ぐらいがあっち行ったりこっち行ったりしている姿にやられました。愛嬌ある顔してますよね〜。
でも底砂と色が似ているので水槽に投入したとたん、どこにいるのか見失いました(゚∇゚;)
そしてもう一種「ホワイトミッキーマウス・プラティ」を3匹購入してみました。
レッドも捨てがたかったんですが、いずれラスボラ・エスペイ君を投入することを考え、色が近くない白い方がいいかな、と思ってホワイトにしてみました。
ミッキーがキュートですね〜o(´∇`)o

投稿者 38brain : 23:17 | トラックバック