2006年03月21日

キューバパールとCRSのマクロに挑戦

今日は久々に40cm水槽の写真を何枚かご紹介します。


上の写真はもちろんアベニーちゃんが後ろの方に写っているところがポイントです(笑)。

ちょっと前に、「きまぐれCRS」のyoshiさんと、うちのキューバパールグラスとyoshiさんのものがなんかちょっと見た目違うんじゃない?って話があったので少しクローズアップしてみます。

それと、「tsu-blog」のmitsuさんが、今使っているSIGMAのマクロレンズがどこまでマクロ撮影できるのか見てみたい、とおっしゃっていたのでそれにも挑戦してみました。

この写真は、1枚目の写真の原寸大でCRSだけ抜き出したものです。
ほんとはもっと寄りたいのですが、レンズが「ギッ、ギッ」と言ってこれ以上寄れないよ〜ということだったので、これが限界でした。
もう少しエビちゃんが手前に来てくれたらこれよりはいくぶんマクロ撮影ができるかもしれません。
まぁ、腕がないのでmitsuさんこれぐらいでご勘弁を。

yoshiさんのキューバパールとどこが違うと、ズバリとは言えないんですが、なんとなく違う気がするんですよねぇ。
yoshiさんの方が枝がハッキリしている気がします。
なんかうちのはやたら葉っぱだらけな気がしませんか?
あ、上の写真、稚エビが写ってま〜す。

もうちょっとだけキューバパールとエビちゃんに接近。
キューバパールはようやく完全にコケが肉眼で確認できなくなりました。

貢献者は主にヤマトヌマエビとサイアミーズフライングフォックスだったのですが、サイアミーズ君は、どうもCRSをやたらつついたりして仲があまりよろしくないようなので、役目も終わったということで、60cm水槽に移動願っちゃいました(苦笑)。

・・・オチナシです。

投稿者 38brain : 03:48 | コメント (11) | トラックバック

2006年03月05日

プロジェクトMacCube水槽 〜その8・ヒーター改良そしてついに生体投入編〜

MacCubeを水槽にする計画、第8回です。
前回までのあらすじは「こちら」の下の方をご参照ください。

さて、このプロジェクトも今度こそ大詰めになってまいりました。
あと2回を残すのみです。

そうそう、前回のジョブスのCG合成写真がわりと人気だったのにはちょっと驚きました(笑)。

その前回に、底面に貼るヒーターの設置の話を書きましたが、その記事に対するコメントの中でladdarioさんが「ヒーターの下に何か当ててみてはどうでしょうか」ということを書かれていました。
実はまさにそれ考えてたんですよ。
今の状態だと底板とヒーターが宙に浮いた状態なので熱がすぐに逃げてしまっているのではないかと思っていたからです。
ということで、まずはヒーターを補強しました。

わかりますでしょうか?
底面にヒーターを貼り付けた上に、さらに今回底板を作るのに使った5mmの厚さのアクリル板の余ったものをヒーター部分に重ねて固定してみました。
で、しばらく水を入れて暖めて温度を見たところ、24度ぐらいまで上がってました。
明らかに以前より温度が高くなっているようです。
うむ、これは大成功な予感。

その後、水の立ち上げを早くするため既存の60cm水槽の水を入れて、さらに40cm水槽に取り付けてあった外掛けフィルターのバクテリアたっぷりであろうことが予想されるろ材をぶち込んで寝かすこと3日。

かなり久々にアンモニアと亜硝酸および硝酸イオン濃度を測定してみました。

おっと!わずか3日目にして、アンモニアほぼ0、そして硝酸イオン系も出てきているようです。
まぁまだ当然、水が完璧にできたとは到底言えませんが、私はmitsuさんのように辛抱強くないので我慢しきれず、次の行動に移りました(笑)。

水草を全く入れないのもさみしいですし、生体にとってもやはり水草がある方が落ち着けるだろう、と考え、なんかピグミーサジタリアよりもさらに小さめでこの水槽に合うような水草がないかなぁと、近所の行きつけのショップ(アクアステージ21横浜店)にブラリと行ってみました。

そして見つけたのがこれです。

コブラグラスという水草です(リンクはチャームさんに張ってあります)。
写真だけだと大きさがわかりにくいと思いますが、長くても4〜5cm程度で、前景用の水草です。
ほぼこれ以上は大きくならないらしいです。
CO2なしでどこまでちゃんと育ってくれるかはわかりませんが、一応溶けはしないらしいです。

で、ついでにこんなやつまで買ってしまいました。

ご存じ、ミナミヌマエビです。
私は買うのは初めてでした。なんと10匹198円という破格値だったので、ついついパイロットフィッシュにいいかなぁなんて思いまして・・・。
ちなみにここのショップ、時々このようにとんでもない安さでいろんな魚を特売しています。
ネオンテトラも10匹98円とか。チロルチョコよりも安いです(笑)。
そうそう、上の写真で、1匹は青くて1匹は透明ですよね〜。
これほんとに両方同じミナミヌマエビなんですかね?
青色が強い個体が3匹ほど混じってました。
食べたエサの違いなんですかねぇ。でもこんなに体全部の色が違うってのも不思議です。

で、いよいよ水合わせして、Mac水槽に初生体投入です!!

今回投入するのはあくまでも生け贄パイロットフィッシュであり、実際最終的にこの水槽で飼おうと思っている生体は別のものです。
とりあえず、ミナミヌマエビ5匹と、60cm水槽で飼っていたカージナルテトラ3匹を投入してみました!

うお〜っ!!ついに、Mac水槽に生体が入りました〜!!
コブラグラスも右奥に既に植えました。
水景は極力シンプルさを失わないために小さな青龍石2個にしてみました。

別の角度からもう1枚。
水温計がじゃまですが、今はまだ水温チェックが欠かせないので見やすい位置に置いています。
そのうち奥の方に付けなおすでしょう。

とにかくついに、ようやくここまで来たって感じです。

そうそう、底砂についてですが・・・、

前回までは2層構造でしたが、今回さらに3層構造にしてみました。
一番下の丸い茶色い粒、これろ材用のエーハイムサブストラットプロスモール(パワーハウスのSだったかも)です。
ろ材を底砂に設置することって思い付きそうで誰もやっているのを見たことがないのですが、底面ろ過ならここにろ材を設置することでバクテリアがたくさん住んでくれるのではないかと考え、このようにしてみました。
下から、ろ材・粒の大きい白い底砂・粒の小さい白砂の順に重ねてみました。

さて、いよいよ残すところ、このシリーズもあと2回です。
次回(ちょっと先になると思います)は、今回のMac水槽で入れることを心に決めている生体を投入したところをお送りできると思います。

(糸売)

投稿者 38brain : 05:32 | コメント (17) | トラックバック

2006年01月30日

リリーパイプとか水草とか石巻貝とかコケとか。

今日はだいぶ時間があったので写真多めです。

先日チャームさんに頼んでいた商品が極めて時間通り届きました。

まずはこれ。

言わずと知れたADAのリリーパイプです。
ついに買っちゃった。
でもとりあえず出水側だけ・・・(苦笑)。

さぞシンプルになってスッキリするだろうなぁというのが当初の思惑だったのですが・・・、

実際はこのようにちっともシンプルにはなっていません。
と言うのも、例の抱卵したCRSのための隔離ネットと、
さらに来たるべきMacCube水槽に付ける予定の外掛けフィルターをとりあえず今ある水槽で回しておいてバクテリアを繁殖させようかな、ということで付けているからです。
まぁその2つがなくなったらだいぶスッキリすることでしょう。

で、上の写真にも載っていますが、新たなコケ対策部隊として石巻貝 x 10匹を入隊させました。
最近このアベニーちゃん&CRSの40cm水槽のコケがまた増えてきて、特にキューバパールグラスは手が付けられなくなりつつあるんですよ〜。
なのでこれから1週間ほど全力でコケ退治をしようと思います。

まずはコケ対策として手始めに、コケが付いていたヘアグラスを抜きまくりました。
上の写真のようにほとんどもう残っていません(苦笑)。

さらに、ライトの点灯時間を8時間から6時間に減らしました。

そして、上記のように石巻貝を投入(チャームさんよりついでに購入)。
これは青龍石のコケ対策です。
アベニーのパフィちゃんに食べられるかと思ってとりあえず3個だけ投入しましたが、1日経っても無事なようなので、きっと石巻貝はデカすぎて食料対象外なのでしょう。

そして、最強のコケ取り軍団、心に大和魂を持つヤマトヌマエビを3匹ほど60cm水槽から移してきました。

が、

なんと縄張り意識があったのか、CRSたちが自分よりも体格のでかいヤマトくんたちに対して攻撃を仕掛けてました。
あっち行け、あっち行け、って。
かわいそうなヤマト君、青龍石の上でふるえていました(汗)。
あ、オトシン君たちもコケ対策としていますよ。

まぁ、10分後ぐらいにはヤマト君もだいぶ落ち着いて、早速働き始めてくれてました。
このように、石巻貝は写真に写りたがり屋のようです(笑)。

さらには青龍石のコケ取りのために投入したのに、上の写真のように底砂の中に潜っていこうとしてたりします。
確かにそこは汚いけどさぁ・・・。

で、チャームさんから他にもいくつか購入していて、その一つが、水草のロタラインディカです。
60cm水槽に植えてみました。

最近、赤い水草に惹かれております。
先ほどの石巻貝の残り7匹はとりあえずこちらの水槽に入っています。

ロタラインディカの拡大写真はこんな感じです。

また石巻貝が(笑)。

投稿者 38brain : 01:21 | コメント (20) | トラックバック

2006年01月16日

激しくトリミング

抽選用FLASH、すいませんがもう少々お待ちください。
現在の完成度は90%ぐらいです。
次回の更新(明後日)には間違いなく公開できるはずです。
ちょっとやりすぎた感もありますが、一応ご期待ください。
(賞味期限は2月中旬ぐらいだったのでまだ大丈夫です(^ ^);)

さて、話は変わって、アベニー・パファのパフィちゃんですが、この間、家に帰ったら姿が見当たりません。

ま、まさか、水槽からダイブ?!

と思って焦って水槽の周りを見回したけれどいません。

うわぁぁん、どこ行ったんだよぉぉ、ともう一度水槽内をよく探したらいました。

こんなところに。

クウゥゥ〜ッ!!かわいすぎ!!(またもや親バカモード発動)

だいぶなついてきてくれて、衝撃の行動もしているのですが、なかなか一人ではその状態を写真に収めることが難しいので、誰か来た時にでも写真に撮ってその様子を公開しますね。

さて、そんな感じでパフィちゃんにばかり構っていたら、60cm水槽の水草がえらい状態になってました。

見てください、この前景部分でスクスクと上に伸びまくっているグロッソを!(泣笑)
照明が弱すぎるのか、あまりにも増えすぎて上にしか行けなかったのか、とにかくえらいことになってます。
後景部分もパールグラスの、まさに森。

てことで、激しくトリミングしてみました。


 ↑afterな写真

なんということでしょう!(もちろん激的ビフォアアフター風に)
森に隠れていたエーハイムフィルターの姿が再び水槽内の家族の前に現れました(笑)。

まぁ見た目としては森であっても悪くもないのですが、あまりにも伸びすぎて照明が届かなくなってきてましたからねぇ。
中央部のウィローモスも半分ぐらいにしちゃいました。
魚たちの泳げる面積がトリミング前の2倍ぐらいに〜!
そしてそのトリミングの結果、バケツ半分ぐらいが水草で埋め尽くされました(笑)。
これもったいないですよねぇ。かといってオークションなんて出すのも面倒だし。
相変わらず60cm水槽の方はコケが出てきたり消えたりを繰り返しています。
コケが出ないように安定させるのはものすごい微妙なところなようです。
ほんとコケとの戦いはアクア生活を送っている間続いてしまうような気がしますね〜。

投稿者 38brain : 01:16 | コメント (17) | トラックバック

2005年12月01日

赤い水草

赤い水草(名前は忘れましたヽ(´A`)ノ )を60cm水槽に入れてみました。
久々紹介(そうでもないかな?)の60cm水槽の全景は下のようになりました。

ショップでは水草の前にたぶん30分ぐらいはいました。
以前、トロピランドというお店で流木を1時間ぐらいあさっていたこともあり、その時は一緒に行ったuchaiさんがあきれてました(笑)。
どうもハマると何事にも時間を忘れてしまいがちになります(汗)。

今回の水草はティアラ町田店で購入したんですが、水草の前であっちへうろうろ、こっちへうろうろしている私が気になったのか、ショップのおじさまが話しかけてきました。
なにやら色々と話してくれましたが、半分ぐらいは忘れました(  ̄ー ̄)。
水草のところにずっといたから、私を水草マニアかと思ったのかもしれません。
どうやらこの赤い草はなんとかという水草(やはり名前忘れました)の変種らしいです。

で、赤い水草といったら気になるのはやはり色抜けです。
以前も実は少しだけ赤みがかった水草を入れたことがあったのですが、今となってはすっかり普通の緑色の草になってしまいました。
どうやら赤い水草には鉄分が重要らしいですね。
この辺の話はバイオなコーナーでいずれ話すとして・・・
このショップのおじさまと話す前に実は既に左手にはADAの、

この「GREEN BRIGHTY STEP 2」を握りしめてました。
この商品には鉄分をはじめとした水草に必要とされるミネラル成分が配合されているらしいです。
そこで、ショップのおじさまに聞いてみました。
「このADAのSTEP2だけで鉄分足りるでしょうか?」
と。
そしたら、ある程度予想はしていたものの、
「ADAだったらECA(エカ)の方が効くよ」
とのこと。
しかし、さらに、水草添加品コーナーに連れていってくれて、
「でもこれが一番効くよ」
と言って、E15という商品を紹介してくれました。
このE15というものはタブレット状のもので、やはり鉄分が豊富に含まれているものらしいです。
おじさま曰く、
「水草マニアはこれを使っている人が沢山いるし、私の水草の師匠もこれ使ってるよ、やっぱりこれが一番すごいよ」
とのことでした。
へ〜、という感じで、水草を愛していることは間違いないおじさまに感謝し、一回手に取ったものの、その値段(たしか2500円ぐらい。ECAとほぼ同じ。)にちょっとビビったので、店内を1周してE15を棚に戻し、その日はADAのSTEP2だけ購入して帰ってきました。

そして数日後の今日。

やはりADA信者の自分は、ネットでADAのECAの購入ボタンをポチッとしてしまったのでありました・・・。

ごめんね、ティアラのおじさま。

投稿者 38brain : 04:00 | コメント (8) | トラックバック

2005年11月27日

CO2マスター設置してみました。すると、き・気泡が!!

今回のリニューアルした40cm水槽にも、CO2を添加しているのですが、こちらは普通のバレングラスで添加するのではなく、「CO2マスター」というもので添加してみることにしました。


CO2マスターとはこういうものです。

これは何かと言いますと、ボンベからのCO2をエーハイムの外部フィルターの吸水側の途中につなげて水にCO2を強制的に溶解させ、エーハイムの排水部分からCO2が溶けた水を排出させるための器具です。

WEBショップのWaterPlantsWorldさんから購入しました。
ちなみに、Eternal Aquaのレガさんも使用していらっしゃるようで以前ここで紹介されてました。

バレングラスで、

このように添加した方が見た目は綺麗なのですが、水中に溶解されずに水面に逃げていってしまっているCO2があるのは確実です。
そこで、水草の育成のことを考え、やはり明らかにCO2溶解効率のいいこの商品を導入しようということになりました。
特に40cm水槽にはCO2を多めに必要とするパールキューバグラスspとヘアグラスもいることですし。

ということで、このようにマニュアル通り設置しました。

もっと詳しくは上記のショップやレガさんのサイトで書かれていますのでご興味のある方はそちらをご参照ください。

で、ですよ!
今日何気に水槽を見たら・・・

ウハ〜ッ!!!ヘアグラスが気泡出しまくってるぅ!

さらに、

見にくいけど、キューバパールグラスも気泡出しまくってるぅ!
(ちなみに奥の方に見えますようにCRS君はちゃんと元気です。)

やっぱりCO2の量と光がちゃんとあれば気泡出してくれるんですね。
今まで60cmの方でもちょっとしか気泡見たことなかったので大興奮でした。

CO2を添加されている方にはなかなかおすすめの一品だと思います。

投稿者 38brain : 03:12 | コメント (12) | トラックバック

2005年11月20日

水草スクスク

昨日(今日)は水草の大トリミング大会とレイアウト若干変更、そして40cm第2水槽の大改造with青龍石をおこない、もうヘトヘトです。
夜の8時ぐらいから始めて食事休憩を挟みつつ午前3時頃までほぼぶっ続けでやってました。
その割にはたいしたことないものしか出来上がりませんでしたが、微妙にまだ継続しているので明日以降、その改造の模様を数日に渡ってお送りする予定です。

今日は水草ネタを2つご紹介します。

これは以前コケに襲われてもう大変なことになってしまっていたアヌビアス・ナナ、通称ナナちゃんです。
例のエビ+木酢などの作戦により完全に復活しました。
一部葉が欠けているところはありますが、新芽もたくさん出てきて、
綺麗だよナナちゃん(;´Д`)ハァハァな状態になってくれました。
ほんとよかった〜(´ー`)

続きまして名も知らず購入したこの水草。

細くて長い葉なのですが、名前はなんなのでしょう?
たぶん本と見比べた限りでは「ブリクサ・ショートリーフ」か「キペルス・ヘルムシー」のどちらかだと思うのですが、もし見ただけでおわかりになる方がいましたら教えていただけるとありがたいです。

で、この水草なんですが、もうとにかくランナーを出して増えまくりっぷりがすごいんですよ、

こんな感じに、水槽の前面などをピグミーサジタリアの間を縫ってランナー出して走り続けています(ランナーだけに走り・・・、すいません)。
レイアウト変更のために取り出してみたのですが、最長記録は・・・

上の写真のように最長記録は8コンボでした Σ(゚Д゚;
なげ〜(笑)

やっぱCO2のおかげなのでしょうかね。
これでコケさえなくなれば言うことなしなんですけどねぇ〜・・・。

投稿者 38brain : 16:34 | コメント (3) | トラックバック

2005年11月14日

第2水槽プロジェクト・早くも頓挫気味orz

実質3日間家を空けていたのでコメントレス等遅れまして失礼しました。
まだフードタイマーを購入していなかったため、ほぼ丸3日間餌がない状態で、外出先でも魚たちのことが非常に不安でしたが、帰ってきてみたらみんなピンピンしていて安心しました。
(餌の食いつきがいつも以上に激しかったことは言うまでもありませんが。)

しかし、唯一ガジョ〜ンな事がありました。
それが40cm水槽のヘアグラス(水草)です。


こちらは60cm水槽のヘアグラス。


そしてこちらが40cm水槽のヘアグラス。
既に絶滅寸前・・・。

60cm水槽の方は電磁弁を使ってタイマーでCO2をちゃんと添加していたのですが、40cmの方は電磁弁&タイマーをまだ買っていなかったため、魚が酸欠になるのを恐れてCO2を出していなかったんです。
やっぱりヘアグラスはCO2が大切なんですねぇ。
たった3日間与えなかっただけでこんなになってしまうとは・・・orz

早くも40cm第2水槽プロジェクトに暗雲が立ちこめ始めております。

なんか昨日の記事で一部の方を期待させてしまうような事を書いてしまいましたが、今回の40cm水槽改造計画では、
「見た目はエセADA風に、そして水槽周辺はできるだけ金をかけず」
という方針で進めさせてもらう予定ですので期待しないでください。
これは全て私の現在の財布のせいでございます(爆)。
オールADAなんてムリムリムリムリ。

ってことで、まずは無理矢理40cm水槽のCO2環境について書きます。

今回購入したシステムはADAではなく、マーフィードの「CO2フルセットEZ」というものです。


↑これ。

なんと言っても安い!
前買ったADAの約半額です。
でも一応ディフューザー(拡散器)部分が最近ガラス製にパワーアアップしたらしいので見た目はそれほど悪くないです。

こんな感じです。
実は今日の写真のうちこれだけ一眼デジタルカメラで撮った写真なので、一見実物以上に素敵に見えます。

まぁ本体の値段よりも今回気にしたのはCO2ボンベの値段です。
ADAの純正のものは74gでだいたい1000円はするのですが、他の安いボンベは60gちょい入って300円ぐらいでオークションとかで買えるんですよ。
ADAのものはADAのボンベしかつなげないので(一部変換コネクタも売ってますが)、コスト的にも今後の事を考えるとだいぶ違うので、第2水槽は妥協して上のものにしてみました。
コストを考えればミドボンと呼ばれる緑色のボンベに入った業務用のでっかいものが一番安いのでしょうがさすがにそれを室内に置くスペースはないので。

しかしまぁ、上のセット商品、さすが安いだけあってボンベを支える台も入ってません(´・ω・`)

なので・・・、

こんな感じでついこの間までマグカップでおさえてました(笑)。

で、つい先日ショップに行って台を買って、下のようになりました。

結局ADAの台をついつい買ってしまったADA教のアホ信者な自分でした(笑)。

投稿者 38brain : 04:52 | コメント (8) | トラックバック

2005年10月25日

ADA CO2 ADVANCED SYSTEM買っちゃった〜!!!

ついにADAのCO2添加システム「ADAアドバンスドシステム」を買ってしまいました〜!


ADA キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

このシステムはネットで新品を買ったのですが、ついでにこのシステムにつなげられてCO2の添加をタイマーでオンオフをコントロールできる電磁弁(ADA EL-VALVE)ってのもヤフオクでゲットしました。

さ〜て、早速ワクワクしながら組み立て開始です。

が、ここで思わぬ問題発生!

電磁弁ってどうやって使うの???


上の写真の左側が買ったシステムに付いてきたボンベとつなぐ部品で、右側がヤフオクで買った電磁弁ってやつなんですが、つなぎ方がわからない・・・。
電磁弁の方はヤフオクで中古を買ったせいで説明書がないんです。
初めてなのでわからないんです・・・。これは困った。

とりあえず、え〜い、

と、適当につなげてみました。

が、ここでさらなる問題発生!
適当につなげたまではいいのですが、今度は外せなくなっちゃいました。
プチパニックですよ!
ウキッ? ウキキッ???
と猿になりながら、なんとか緑の部分を押さえながら引っ張ることで取り外せました。
いやぁ焦った。

でもまぁたぶんここしかつなげる場所が見あたらないのでこれでよしだろう、ということで次のステップへ。
次はチューブをつなげてみようとしました。
が・・・

OH, NO〜!!!
やっぱり電磁弁のつなげ方は、こうじゃないのか?!

うむむ、あなどりがたし、電磁弁。(っていうかマニュアル欲しい)

ん?そうか、これか!
ということでメインの箱の方に入っていたものを取り出して・・・、

という状況になりました。
なんかヤケに長くなってしまったけどこれでいいのかいな。

で、このあと試しにCO2を出してみたらちゃんと出たのでたぶんこれでいいのでしょう。
いやぁボンベが爆発でもしたらどうしよう、と、ちょっとドキドキでした。
たぶんボンベにつなげてる時にうしろで「バンッ!」とか言われたら心臓止まってました。
ヤフオクの出品者にメールで聞こうかとも思ったけど
「あの〜すいませんが電磁弁ってどうやってつなげるんですかぁ? ウキッ?」
ってのもちょっとアホみたいなのでやめときました。
もしつなぎ方がおかしかったら教えてください。

で、設置した状態が下の写真です。

おお〜っ、やべ〜よ、かっちょええよ!
見栄えがいいので水槽の前の方にあえて見えるように設置してみました。
そしてコケに襲われたナナちゃんの隣でもあります。

気泡はこんな感じで出ております。

さて、これで水草が元気になってコケ撃退につながるのでしょうか。
乞うご期待です。


では最後に、昨日コケ撃退部隊として導入しましたトロピカルシュリンプ戦士団の今日の様子を報告します。

・・・完全に戦いに来たことを忘れております・・・。

投稿者 38brain : 01:39 | コメント (9) | トラックバック

2005年10月20日

目指せイカス水草水景の巻 〜その弐〜

微妙に昨日の続きです。
昨晩、待ちに待っていたものが到着しました。


ADAのカタログキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ショップに行っても人気があってすぐなくなってしまうからなのか、全然置いていないので仕方なくヤフオクでゲットしました。

これはやばいです、マジで!
未だかつてこんな美しい会社のカタログがあっただろうか。
ボリュームもすごい。
全144ページです。こんなの本当に無料でもらっていいんでしょうか。


こんなのとか、


こんなのとか、目から鱗だけでなく眼球自体も取れてしまいそうな美しすぎる水景写真が目白押しです。
もはやこれは写真集です。


当然商品の紹介ページもあるのですが、これまた美しいレイアウトで商品が芸術作品のようにすら見えます。


さらに驚いたのが、ただ単に商品を紹介するだけでなく、こういったおまけ的な(おまけのレベルを脱していますが)勉強になるアクアリウムを構築する上でのテクニックとか知恵などの紹介ページも豊富です。

やばい、完全にADAに洗脳された・・・。
こりゃ今週末にも(以下略)

新潟にあるADA本社に、神がかり的なネイチャーアクアリウムを構築する天野氏の生作品が見られる「NAギャラリー」というものがあるらしいです。
先日cube60さんが実際に行かれた記事を見て猛烈に羨ましかったです。
あ〜、紅葉の中、新潟までドライブってのもいいなぁ・・・。

投稿者 38brain : 03:47 | コメント (5) | トラックバック

2005年10月19日

目指せイカス水草水景の巻 〜その壱〜

家の洗濯用洗剤を買うためふらりと近所のホームセンターに行ってきました。
まぁすぐに目的の洗剤を見つけたあと、用もないのに自然と足はアクアなコーナーへ(きっとみなさんもそうでしょう(笑)。
ふと視線は書籍コーナーへ。
むっ!!
まさに今の自分のためにあるような本を発見。

てことで即ゲット。
熟読中です。

この本で読んだのかどうか忘れましたが、特に水槽が小さめな時は前景に大きめの葉を持つ水草を、奥に行くほど小さめの葉を持つ水草を置くと立体感が出るとのこと。
なるほど〜と思ってしまいました(常識なのかもしれませんが)。
水草の高さだけじゃなくてそういうところにも気を配るべきなんですね。

明日は続きで、さらなる興奮を呼ぶものを本日ゲットしてしまいました、という話です。
(糸売)

投稿者 38brain : 05:10 | コメント (3) | トラックバック

2005年10月18日

ニューパールグラスキューバsp

昨日の写真にも少し写ってますが、「ニューパールグラスキューバsp」
(別名パールグラスsp. キューバ、または、ヘミアントゥス・カリトリコイデスなど)
を最前景に植えてみました。

ちょっとまだまだ少なくて、ひ弱なのですが、前景の半分だけでも緑のジュータンっぽくしたいなぁなどと野望を抱いております。
でもやっぱりCO2がないと無理ですよねぇ。
CO2システムほしいぃぃぃぃぃぃぃ!!!

給料日まであと数日です。←って買う気か?! Σ(゚Д゚;

投稿者 38brain : 04:37 | コメント (6) | トラックバック

2005年10月17日

色々水景カスタマイズしてみました。

昨日の写真でバックが青かったので既に一部ばれているかもしれませんが、新たに水草を数種入れて、さらにバックスクリーンにブルーの半透明のもの(車のスモークみたいな感じのもの)を貼って、いじくってみました。


↑現在の状態。

なんとなくそれっぽくなってきたような気がします(「それっぽい」ってなんのことだかよくわかりませんが)。
赤い水草(たぶんロタラ・ロトディンフォリア)を入れるとけっこう雰囲気変わりますねぇ。
でもまだまだネイチャーアクアリウムと呼ぶにはあまりにもお粗末すぎですね。
水景は難しいなぁ。
ADAの本でも見て真似てみようかななどと思ったりしてます。

週末はブログの方も色々いじってみて、カテゴリーの部分を変えてみました。
カテゴリーについて詳しくは明日書いてみます。

投稿者 38brain : 04:37 | コメント (5) | トラックバック

2005年09月12日

念願のラスボラ・エスペイ君 & ウィローモスが加入、など

当初から希望だったのですが、近所の熱帯魚屋さんで品切れだったため断念しておりましたが、ティアラ町田店まで探しに行き、やっと念願のラスボラ・エスペイ君をゲットしました。
まずは5匹加入させてみました。
いやぁやっぱり綺麗ですね。
オレンジ色好きの私にはこの美しい体色がたまりません(写真上参照)。
ついでに、これまた念願のモスとしてウィローモスを購入(写真2番目の中央部の流木の上部)。
ウィローモスは初心者にも飼育しやすいモスらしいのでちょうどいいかと思われます。
これまたついでに水草のミクロソリウムも追加したもんですから(同じ写真の左手前部分)、もううちの水槽の水草を植えるスペースは早くも限界に達しつつあります(一番下の写真参照)。
とりあえずは、始めた当初の希望していた生体と水草はそろえることができたのでけっこうもう満足してたりもします。
しばらくは現状を維持しつつ、他の生体で気になったものを見つけたらちょっとずつ追加させていこうかと思っています。
なんて言って、きっとすぐに他の生体が欲しくなる予感(^ ^);

投稿者 38brain : 04:12 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月04日

ホワイトミッキー&パンダ&ピグミーが仲間になった。

何気に賑やかになってきたうちの水槽です。
一番手前にピグミー・サジタリアというポヨポヨとちっちゃい水草を植えてみました。
前景草としてはメジャーらしいので、とりあえず最前列に。
ちなみにネットで一株50円で購入。
生体をネットで買うのは怖いけど、水草ぐらいならいいかなぁと思い初ネット購入してみました。

そしてそして、いよいよ生体も追加しちゃいました。って今日の題名で既にばれてますけど。
初心者はあまり最初の頃に生体を増やすべからず、って言われてるみたいですが、この初めてすぐの頃の熱い欲望をおさえろって言うのが無理ってもんです(^ ^);
ラスボラ・エスペイ君を購入する気満々でショップに行ったのですが、そういうときに限って在庫切れでした。ショック。
ということで、まずはネオンテトラ君が目もくれなくなってしまう底に落ちたエサをバクバクと食べてくれる強い味方として、コリドラス・パンダ君を購入してみました。
コリドラスは底砂をダメにする可能性があるというご指摘をコメントでいただきましたが、きっとパンダ君なら体長もでかくないし、穏やかそうだし、それに今回は2匹だけの追加なので大丈夫かなぁということで買っちゃいました。
まぁ底砂をグチャグチャにされたら、それはそれでいい経験ということで(笑)。
なによりショップで見たときに、90cm水槽で200匹ぐらいがあっち行ったりこっち行ったりしている姿にやられました。愛嬌ある顔してますよね〜。
でも底砂と色が似ているので水槽に投入したとたん、どこにいるのか見失いました(゚∇゚;)
そしてもう一種「ホワイトミッキーマウス・プラティ」を3匹購入してみました。
レッドも捨てがたかったんですが、いずれラスボラ・エスペイ君を投入することを考え、色が近くない白い方がいいかな、と思ってホワイトにしてみました。
ミッキーがキュートですね〜o(´∇`)o

投稿者 38brain : 23:17 | トラックバック

2005年08月31日

水草の種類を調べてみました

今日はうちの水槽に入れた5種類の水草について本を片手に名前を調べてみました。
(ちなみに私が持っている本には78種類しか載っていません)
う〜ん、これかなぁ、いや、でもちょっと違うなぁ・・・う〜ん・・・、わからん。
ということで、アヌビアス・ナナだけは買ったときに名前が付いていたので確実なものの、他はなんだかよくわかりませんでした。
無念。
たぶん3種は右に書いた名前なんじゃないかなぁという程度。
当ってますでしょうか。水草に詳しい方、ぜひ教えてください(写真が小さくてわかりにくいでしょうけれども)。
水草も売ってるだけでも余裕で数百種はあるのでしょうね。
水草水槽としてのみを飼育している方もたくさんいるようですし。
奥深い世界です。

投稿者 38brain : 02:43 | コメント (2) | トラックバック