« 人気ブログランキングに参加しちゃいました。 | メイン | 第2回アンモニア測定 »

2005年08月26日

アンモニア吸収剤買ってみました

外は台風ですね。
実は今日、初の熱帯魚を買いに行こうかと思ってたんです。
そして、「まるでこれからうちの水槽内で起こる嵐を予感させるような天気ですた」って言いたかった、って言うのが本音です。
単に早起きできなくて挫折しましたorz

さて、そんな中、ついまたこんなものを買ってしまいました。
水槽内に入れるアンモニア吸収剤です。
たまたまヤフオクで見かけたので299円で落札。
実は送料の方が金がかかったという一品です。
「ゼオパック」、なんとも強そうな名前で頼り甲斐があります。
ゼオってなんでしょう?
果たして効果があるのか、生体を飼い始めと同時に投入し、のちほどアンモニア濃度を測定してみる予定です。

ちょっと明日は熱帯魚屋さんに行けそうもないので飼い始めは土曜日かなぁ〜。

投稿者 38brain : 2005年08月26日 04:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/15

コメント

僕も早起きできなくて断念したこと
1回だけではなく2回も3回もあります?
起きた瞬間時計をみるとちょっとショックですよね?

投稿者 お魚さん : 2005年08月26日 19:30

はじめまして。yoshiと申します。
今回投稿させてもらったのはこのブログののサブタイトルにバイオ研究者…とあったからです。
僕は男子高校生で、化学系の勉強をしています。
でも今の知識ではわからないことがあったので質問させていただきたいと思いました。
今回質問させていただくのは発酵式二酸化炭素添加のことです。いろいろなサイトで見てみると発酵した際に生成するアルコールが嫌気性バクテリアに良い影響を与えるとありますが、これはいったいどういった理由からなのでしょうか?
もう1つは僕は発酵式では重曹を使った方法でやっています。
ぼくが他のサイトで知ったのは「砂糖100gと水400mlとイースト菌1gと重曹(NaHCO3)少々と塩ひとつまみ」というレシピで、これをペットボトルの中に入れて振り混ぜるとCO2が出てくるという仕掛けです。反応前は半透明な白い溶液であり、反応後には白濁した白い溶液と白い沈殿が残ります。いったい中での反応はどういったものでしょうか?反応式など考えたのですが、重曹と塩の働きがわかりませんでした。お手数ですが、ご意見いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

投稿者 yoshi : 2005年08月27日 01:48

yoshiさんはじめまして。
いやぁ時々書き込みしてくれるのを見てよく思うのが近頃の中学生とか高校生はすごいなぁと。
私の時代にはインターネットの「イ」の字もなく、野っ原を鼻水垂らしながら駆け回っていたアホガキばかりでした(私だけかもしれませんが)。

さて、本題ですが、そもそも私は「発酵式二酸化炭素添加」なる方法が存在していることすら知りませんでした。
むしろ私が聞きたいぐらいです。
水草のためのCO2添加に使うんですね〜。
(すいませんが下付き文字は打つのが面倒なので省略してます)
それで、イースト菌の反応は単純に
C6H12O6(砂糖すなわちグルコース) → 2C2H5OH(エタノール) + 2CO2(二酸化炭素)
でよいでしょう。
嫌気性バクテリアはエタノール等のアルコール類やギ酸やフマル酸等の酸を利用して無酸素状態で呼吸(エネルギー獲得)をすることができます。
たぶん、
5C2H5OH + 12HNO3 → 10CO2 + 6N2 + 21H2O
のような反応がおこなわれているものと思われます。

重曹に関しては正直よくわからないですが、
加熱すると二酸化炭素が
2NaHCO3 → Na2CO3 + CO2 + H2O
と出ることはよく知られていますが、これが常温状態で起こっているのかどうかはあやしいです。
ただし、酸があると反応しますから、エタノールが酢酸(CH3COOH)まで酸化しているのだとしたら、
NaHCO3 + CH3COOH → CH3COONa + H2O + CO2
という反応が起こっているのかもしれません。
塩(NaCl)はこれまたよくわかりませんが、塩(えん)を生成する方向に向かわせている可能性もあるのではないでしょうか。
下記も常温で起こるのかどうかは私はよく知りませんが、
NaCl + NH3 + CO2 + H2O → NaHCO3 + NH4Cl
という反応もおこっているかもしれません。
白い沈殿というのは、炭酸水素ナトリウムだと考えられます。
炭酸水素ナトリウムは溶解度が低いので水に溶けにくいです。
ただし、NaClは単純に酵母の生存に必要な栄養源に使われるだけという可能性が一番大きいと思われます。
大腸菌や酵母や他の細胞などを培養するときにはNaClを入れてやるとスクスクと育ちます。
私はあまり酵母を培養したことはないですが、大腸菌の場合はだいたい10 g / l ぐらい入れてやるのがスタンダードです。

以上、あまりお役に立てなかったかもしれませんが、こんなところでよろしいでしょうか。
私の専門は遺伝子工学と神経系で、純粋化学を離れて久しいためこれぐらいで勘弁してください、と最後に言い訳してみたり。

投稿者 38brain : 2005年08月27日 04:35

いえいえ!だいぶ役立ちました!
ちょっと感動してしまいました!
わかりやすい解説もつけてくれてありがとうございます!
これでずっと考えていた謎が解けました♪
本当にありがとうございました!

投稿者 yoshi : 2005年08月27日 05:11

レス早っ!(笑)
夜更かしですか?それとも早起き?
土曜日ですからね。
あまり上に書いたことを鵜呑みにしすぎないでくださいね。
予想部分が多いので(そんなんでいいんかいという気もしますが)。
可能なら化学の先生にでも聞いてみてください。ぜひ。
私も本当の正解が知りたいですし(他力本願)。

投稿者 38brain : 2005年08月27日 06:20

化学のレポートに追われてまして笑
そのため夜更かしです笑
学校が始まったら教官に聞いてみます♪
ひとまず僕が知りたかったことは、嫌気バクテがエタノール等を栄養源にするかってことでしたので♪
それがわかっただけで元気100倍っす笑
重曹には溶液を塩基性にかたむける効果があって、それがエタノールを酢酸にまで酸化するなんてことはないですよね?笑
あぁわからない笑
学校始まったら早速聞いてみます笑

投稿者 yoshi : 2005年08月27日 06:38