« バクテリアの家を作ってみました | メイン | 水草の種類を調べてみました »

2005年08月30日

祝! アンモニア濃度 0

生体を初導入し、バクテリア君の添加と家作製もおこなったことだし、ということでまたもやアンモニア濃度・亜硝酸イオン・硝酸イオン・pHのフルセットを測定してみました。
で、結果はというと、題名にも書いたように、なんとアンモニア濃度が完全に0になっているではないですか!
ヤター!!(゚∀゚)
バクテリア君のためにいそいそと働いた甲斐があったってもんです。
そして、意気揚々と亜硝酸と硝酸イオンの測定へ。
Σ(゚Д゚;
超赤い・・・。
ま、まぁ、これはバクテリア君が住み着いてくれたっていう証拠でしょう。
ということで、急いで1/3ほど水替えしました。
水替え前のpHも一応測定し、いつも通り約pH=7ぐらいだったのでこれまた一安心。
とりあえずだいたい「水作り」という数週間前までは聞いたこともなかったような行程も無事終了しつつあるのではないかと胸をなで下ろしております。
さて、次はどうしようかなぁとパラパラと熱帯魚の本をめくる幸せな夜更けでした。
めでたし、めでたし。
・・・ともいかず、どうも10匹導入したネオンテトラ君たちのうち、明らかに1匹だけ様子がおかしいんですよ。
群れから離れているし、他の太りつつある個体に比べて一回り小さいように見えるし。
エサをあげても他の個体は飛びつくように食べてくれるのにこの個体はあまり食べてくれてる様子もないし・・・。
非常に心配であります。
それと、一番最初に投入した植物の一部も元気がないような気がします。
これはたぶん最初の頃に床砂を巻き上げて葉っぱに土の粉塵が付きまくったせいだと思われます。
この間、葉っぱの下の方に付いてる土を取ってはみましたが、下の方ほど元気がないように見えます。
まぁ植物は多少はしょうがないとしても生体の方はみんな元気でいて欲しいものです。

投稿者 38brain : 2005年08月30日 03:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/19