« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月30日

流木と最近のショボーン(´・ω・`)

先日購入し、あく抜きをしていた流木ですが、その後、水を換え(写真上)、さらに48時間放置しました(写真下)。
まだ茶色のものが出てくるのでもうしばらくは放置しておこうかと思います。
というか、この流木を入れる水槽をまだ買っていないのでいずれにせよ放置なわけですが。
で、来たるべく60cm水槽の置き場所を確保するため、今の40cm水槽を前と違う場所に移動したのですが、そん時に、重すぎて持てないので水を半分ぐらい捨ててから移動させました。
しかし、それでもかなり重く、水槽内をグラグラと揺らしながら、なんとか移動はさせましたが、だいぶ水槽内を濁らせてしまいました。
そのせいかどうかはわからないのですが、ここ数日、急に魚たちが何匹かお空に旅立ってしまいました。
かなりショボーン(´・ω・`)です。
ここ3日ほどで4匹ほど連続で★になってしまったので、何か他に原因があるのかも、と思い、アンモニアや硝酸、pHなども測ったのですが、異常なし。
★になった魚の様子もじっくり観察しましたが特に体に異常は見られませんでした。
うぇ〜ん、なんなんでしょう。
(ちなみに数匹はコリドラス・ジュリーに食べられました、肉食なんだ・・・唖然)
もしかしたらここ最近急に寒くなってきて、水温が低下したせいでしょうか。
ずっと28度前後だったのですが、最近は25度台前半ぐらいのようですし。
ということで、ヒーターを導入し、ついでにブラインシュリンプを孵化させる時に使ったエアポンプも入れてみました(酸欠の可能性は低いとは思いましたが)。
あ、水替えもやってみました。
もうしばらく経過観察を怠らずにいきたいと思います。
やっぱり生き物を飼うって難しいですね・・・。
こういう時が生き物を飼うとつらいですね。
すいません、ちょっと今日は暗くなってしまいました。
元気に暮らせるよう頑張るぞ〜!

投稿者 38brain : 01:25 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月29日

aquamindという名前

ここの熱帯魚ブログを毎日更新することにもだいぶなれてきたし、いっそのことこのブログだけ独立にドメイン取ってしまおうかと少し思い立ち、aquamind.comが空いているか調べたところ、どっかの外国の会社が既に予約済み・・・
orzっていうかGodDamn(ガッデム)!
使ってないなら開けてくれよ。
aquamind.co.jpも取られてるし・・・むぐぅ。
aquamind.netもない・・・。
aquamindってそんな思いつくような名前かなぁ。
aquamind.infoなら空いてるけど、たいしたインフォメーションもないし、「.org」ってのも空いてるけど、組織でもないし。
一風変わったものでは、「.in」ってのはなかなかいいかも。
インドのドメインらしいけど、誰でも使えるみたい。
「.uk」なんてのはサイトとは全く関係ないけどイギリスっぽくてクールかも(笑)。
aquamindっていう名前にはけっこう愛着があるのでできれば変えたくないなぁという気持ちも結構あります。
まぁ今しばらくはto the nextの下の、http://www.tothenext.com/aquamind/でいくことにします。
下はFLASHが貼れるかどうかのテスト。

投稿者 38brain : 03:16 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月28日

アクアリストな冷凍庫

これうちの冷凍庫内の写真です。
ハーゲンダッツと共に、冷凍赤虫が鎮座しています。
すっかりアクアリストな感じ(笑)。
(ほんとは個人的には食品とともにはやはり入れたくないので冷凍赤虫はごく少量のものを今後買いたいと思いました。そんなのあるかな。)

投稿者 38brain : 03:13 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月27日

うれし恥ずかし、あく抜き初体験。

昨日買った流木とあく抜き剤を使って早速流木のあく抜きをしてみることにしました。
10リットルの水にあく抜き剤をマニュアル通り計量スプーンで10杯入れました。
っていうか、付属の計量スプーン、コンビニなどで付けてもらえるプリン用のスプーンじゃん!(笑)
ところで、このあく抜き剤、いったい中身はなんなのでしょう。
白いサラサラとした粉で、無臭です。
思わず鼻から吸引したくなりますが(嘘です)、アーモンドの臭いもしないし(オイ!)、う〜ん。
そんなことはさておき、早速流木を入れてあく抜きスタートです。
とは言っても放置しておくだけなんですが。
流木を入れたところ、プツプツと気泡が流木から出てきました。
そこで思いついたのが、このあく抜き剤の原料は重曹(炭酸水素ナトリウム)なのではないかと。
この気泡は二酸化炭素なんじゃないかな。
そういえば重曹は汚れを取る作用もあると聞いたことがある気がしますし。
炭酸水素ナトリウムにしては高すぎるけどね(あく抜き剤は400円でしたが、きっとバイオの研究室なら同じ値段で500gぐらい買えるんじゃないかな)。
てなことで、12時間後・・・。
ぬわ〜!マッチャッチャ!!
こりゃこのままあく抜きしないで水槽に入れたらえらいことになってたなぁと背筋が凍る思い(おおげさですが)。
24時間後はさらに写真のように茶色くなってました。
ところで「あく」って何よ? と、バイオな疑問は尽きないのでありました。
まぁまずは、3日ぐらいは入れておこうかと思ってます。
これで水から流木出したら白樺みたいに真っ白になっていたら笑えませんね。

投稿者 38brain : 03:20 | コメント (6) | トラックバック

2005年09月26日

デジカメ復帰&お買い物

物置を探しまくってようやく引っ越しのドタバタでなくしていたデジカメ用のスマートメディアとそのリーダーを見つけました。
で、早速撮ってみたのが右の写真。
う〜ん・・・、携帯よりは確かに綺麗だけどこの辺が限界みたいです。
ちなみにカメラはFinePix600Z(2枚目の写真参照)という7年前のカメラで、画素数は150万画素です。
これでも当時はけっこういいほうだったんですよぉ(涙)。今では携帯にも負けつつあります。
1枚写真撮ると保存し終わるまで10秒ぐらいは待たされますorz
マクロモードもあるのですが、マクロモードではむしろ携帯の方が綺麗かも・・・。OΓZ
まぁもう少しいじって頑張って綺麗に撮れるかどうか色々試してみようかと思います。
さて、今日も今日とて、また熱帯魚やさんに行ってきてしまいました。
もはや最近の週末の恒例行事となりつつあります。
今日も色々買っちゃいました。こりゃしばらくは我慢しなければ、といいつつ夜にはヤフオクでピクシー600iというライトを落札していたり・・・えへ。
プロジェクト60は着実に進行中であります。
で、今日買ったものは写真の6点。
左上から右に向かって、
ヒーター(来たるべき60cm水槽用)、
あく抜き試薬、
流木(来たるべき・・・ry)、
下段左から、
PowerHouseっていう「ろ材」(エーハイム2213用)、
エーハイムサブストラットプロっていう「ろ材」(同上)、
ろ材を詰める袋 x 2
です。
あ〜あ、マジで来月の給料日までかなり我慢しないと!
あと60cm水槽だけ買ったらねっ。

投稿者 38brain : 00:11 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月25日

ショック・・・

熱帯魚飼い始めて1ヶ月ちょい経ちますが初の☆になってしまった個体が出てしまいました。
ホワイトミッキーマウスを3匹飼っていたんですが、そのうち1匹が☆になっちゃいました。
小さな命ですが、けっこうショックです。
原因はほぼわかっています。
3匹のうち2匹がペアを作っていたんですが、そのオスの方が☆になってしまったもう1匹のオスをいつもイジメていたんですよ(写真のうち1匹が犯人と推定されるオス)。
縄張り争いというか、自分のメスを守るための行動か、そんなところで攻撃をくり返してました。
そのもう1匹のいじめられていたオスを隔離しようかとも思ったりしましたが、1匹だけ隔離するのもなんだったので放置していたんですが、こうなるとかわいそうなことをしてしまったかもしれません。
せめてもう1匹メスを入れてあげればよかったんでしょうか。
ペアになると気性が荒くなるのかもしれませんね。
生き物を飼うとこういう時がつらいですね・・・。
水槽が狭いことも原因かもしれませんので、やはりプロジェクト60(60cm水槽に拡大計画)は早めに進めなければ。
残りの個体には安心できる環境を提供したいものです。

投稿者 38brain : 04:11 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月24日

エーハイム2213買っちゃった!

家から一番近い熱帯魚屋のアクアステージ21さんで、連休中のセール品であったエーハイム2213という外付けフィルターシステムをついつい購入してしまいました!
開店とほぼ同時の午前11時頃に早起きして行っちゃった、えへ。
だって定価12600円のが6980円だったんだもん(「だって」ってことはないですが)。
熱帯魚を飼育している人なら知らない人はいないって感じに有名で実績のある外付けフィルターのようです。
これを買っちゃったってことは、プロジェクト60(60cm水槽購入計画)を発動せざるを得ない状況となってきました。
ウキウキ。

投稿者 38brain : 01:47 | コメント (5) | トラックバック

2005年09月23日

パンダにちょっかいを出すオトシン

ちょっと面白い写真が撮れたのでアップします。
コリドラスパンダにちょっかいを出すオトシンクルスの図です。
上の写真だとわかりづらいので、生体に枠を付けてわかりやすくしたのが下の写真になります。
底の方のグループ(コリドラスとオトシン)はわりと仲がよいようです。
っていうか何も考えてなさそうなところがまたかわいいところです。
さて、明日はもし早起きができたらちょっと買い物に行く予定。
その結果は明日のお楽しみということで。

投稿者 38brain : 04:11 | コメント (3) | トラックバック

2005年09月22日

だいぶにぎやかになってきました

先日また生体を追加したことで、相当水槽内がにぎやかになってきました。
うちの現在の水槽内では、奇跡的にまだ1匹も成体が☆になっていないので、初期に導入したままの
ネオンテトラ10匹、
ホワイトミッキーマウス・プラティ3匹、
その稚魚6匹、
ラスボラ・エスペイ5匹、
コリドラス・パンダ2匹、
オトシンクルス2匹、
コリドラス・ジュリー1匹、
の計29匹がいることになります。
さすがに45cm水槽ではそろそろ限界かもしれませんね〜。

投稿者 38brain : 04:54 | トラックバック

2005年09月21日

いざ、大海原へ旅立たん!

ちょっと前に稚魚を発見し、稚魚用隔離ネットで6匹飼っていたのですが、だいぶ大きくなってきたので、いよいよ通常水槽内へ旅立たせました。
写真中央が稚魚、そして右は微妙に我が子を気にしてるように見えなくもない親のホワイトミッキーマウス・プラティの図です。
まだミッキーマウスの模様が出てきていませんが、いったいいつ頃はっきり出てくるんでしょうかね〜。
たくましく育って欲しいものです。と、親の気持ちでハンカチ片手に稚魚の旅立ちを見守った中秋の夜でした(一部脚色あり)。

投稿者 38brain : 03:38 | トラックバック

2005年09月20日

熱帯魚ショップ巡り

今日は知り合いのbonさんとuchaiさんと3人で熱帯魚屋さん巡りをしてきました。
余談ですが、今日のブログは微妙にbonさんのブログ(熱帯魚ミニミニ大作戦♪)とパラレルワールドとなるはずですので、bonさんブログと両方読んでいただくと同じ出来事を違う視点で読めて面白いかと思います。
行ってきたのはTropiland相模原店さん(公式サイトはこちら)とペンギンビレッジ本店さん(公式サイトはこちら)です。
詳細はbonさんに任せるとして(笑)、とにかくここの2店や、ティアラ町田店など、大きくてレイアウトや管理が行き届いたショップでは、水草がすごいんですよ。
右上のイメージ写真のように、水草から酸素の気泡がいっぱい出てるんです。これは最初見たときはかなり感動でした。
水槽内にCO2を添加するとよいらしいのですが、個人でここまで綺麗に水草を配置して酸素気泡を出すことができるのでしょうか。
いずれもっと熟練してきたらCO2添加も試してみたいものです。
今日行った2店について一言ずつ書くとしたら、Tropiland相模原店さんは淡水魚が非常に豊富でとても管理が行き届いていて綺麗でした。ペンギンビレッジ本店さんは店内もお洒落な感じで、特に他店に比べてCO2グッズが豊富なように思いました。
どちらの店もパーフェクトな感じでした。もう少しうちから近かったらなぁ〜。
で、ショップをブラブラした後は(2店を回り終わった段階ですでに出発から7時間ほどが経過!)、ラーメンを食べたりして(ここの部分は私のもう一つのブログのblog^38とパラレルだったりします)、その後うちでショボ水槽を見せてみたりした後、お開きとなりました。
充実アクアな1日でした。

投稿者 38brain : 03:58 | トラックバック

2005年09月19日

オトシンクルス&コリドラスジュリーが仲間になった。

昨日のコケ対策第2弾として生体兵器を導入することにしました。
まずはオトシンクルス君です(写真1枚目と2枚目)。
オトシンクルスは壁面のコケを食べてくれるらしいです。
壁面に張り付く姿もなかなかユーモラスでイケてます。
今回2匹導入したのですが、なぜか早くもラブラブな感じ(2枚目の写真参照)。偶然近くにいただけかもしれませんが。
チュッチュしてもいいから壁面のコケを思う存分食べまくって欲しいものです。
そして、ついでにコリドラス・ジュリー君も加入しました。
だいぶ生体が多くなってきたし、コリドラスは既にコリドラス・パンダ君が2匹いるので、ジュリー君は1匹だけで我慢することにしました。
コリドラスは底の食べ残しの餌などを食べてくれるのですが、今回は底掃除のためというよりは、見た目がかわいかったので、単に追加したかっただけという話です。
コリドラスのモゾモゾと底を這う姿はなかなか愛嬌があって好きです。

投稿者 38brain : 02:38 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月18日

コケ対策・その1

どうも最近ちょっとだけ水槽の壁面とか水草の表面に微妙にコケらしき茶色いものが付着しているのを見かけるようになりました。
コケもスネール級にアクアリストたちを悩ませる一品のようですね。
コケ対策.comさんのサイトを見ると、どうやらこれは茶ゴケのようです。
そんなわけで、まずはコケ対策として第1弾、コケ取り掃除用ブラシを購入してみました(右写真のもの)。
早速ゴシゴシ・・・。
お〜取れる取れる、・・・、でもブラシに残らず水中にブラシから放出されてる・・・
一応水槽表面は綺麗になったものの、コケ自体は水中にリリースされてしまったので、コケの胞子は大量に水中に残っていると思われ、またいつ発生してもおかしくはないでしょう。
まずはなるべくこまめに水を換えたりの努力はしようかと思います。
(たぶんつづく・・・)

追記:今日でブログ開始から1ヶ月になります。
さらに、なんと1ヶ月連続毎日更新してしまいました。これは私がホームページを作製し始めてから、おそらく初のことではないかと思います。
ほんと、毎日更新し続けることの大変さを思い知りました。
毎日更新し続けているサイトの方々には頭が下がります。
とりあえず個人的に半分意地で1ヶ月はなんとしても更新し続けようという決意のもと、なんとか達成できたので、今後は適当な更新頻度に変わるかわかりません(笑)。
多少更新が遅れても見捨てずお付き合いさせてもらえたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします m(_ _)m

投稿者 38brain : 02:43 | トラックバック

2005年09月17日

あこがれ

ちょっと今の外掛けフィルターの能力に物足りなさを感じているのと、水槽の見た目をよくしたいため、外付けフィルターがほしいなぁと思っています。
エーハイムっていう会社の2213(右写真)っていうのが欲しいなぁと考えたりしてますが、しかし、けっこう高価なため(8000円ぐらい)今の自分にとってはなかなか高嶺の花だったりします。
ちょっと今月は浪費しすぎたので何とか自制心を働かせて我慢です。
でも欲しい・・・。(*゚∇゚*)イイナ〜
いつか突然「買っちゃいました」という報告をするかもしれません(笑)。

投稿者 38brain : 04:48 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月16日

できちゃった?!

どうも前々からこの二人はあやしいと思っていたんですよ。
いつも一緒にいるし(右の証拠写真参照)。
たまにチュッチュッしてるし(同上)。
てなわけで、どうもうちの水槽内で1カップル誕生してしまったヨカ〜ンです。
気のせいである可能性もありますが、このカップルのうち片方のホワイトミッキーマウスプラティのお腹が大きいような気がします。
またですか・・・?
このままネズミ算でいったら、うちの水槽からミッキーマウスが溢れ出る日もそう遠くないかもしれません・・・。

投稿者 38brain : 02:46 | トラックバック

2005年09月15日

6th sense.

今朝、昨晩の餌抜きの罪滅ぼしにいつもより多めにエサをあげていた時のこと。
モス付き流木(「タイガーモス号」と今、命名)の陰の部分からコソ〜リとのぞく稚魚の姿が!!
1匹目の発見以来9日ぶりの、まさに奇跡の生還ってやつで、6匹目の稚魚を見つけてしまいました。
いやぁよく生きながらえたものです。
っていうか稚魚だけの隔離の必要ないのかな???
まぁ、とりあえず見つけたし、ってことで6匹目の稚魚ネット入り。
でもやっぱりブラインシュリンプをたくさん与えられていた他の稚魚に比べて一回り小さいようです。
ブラインシュリンプさすがです。

投稿者 38brain : 03:19 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月14日

間にあわなんだ・・・

帰宅が自動タイマーの夜の消灯時間に間に合いませんでした。
ショボ━━(´・ω・`)━━ン!!
ってことで草木も眠る丑三つ時な写真です。
魚くんたちよ、すまん、今日の食事は抜きになってしまったね。
明日また孵化させた新鮮なブラインシュリンプをあげるからゆるしておくれ。
ところでちょっと面白いことを見つけました。
と言っても熱帯魚を飼っている方は常識なのかもしれませんが、寝ているときのネオンテトラは体色がだいぶ暗く弱くなっているみたいです。
そういえば熱帯魚屋さんから買ってきてすぐのラスボラエスペイ君も体色のオレンジ色が薄くなっていたような。
体調や時間などによって体色がけっこう変わるものなんですね。
やっぱりできるだけ綺麗な体色を保ってもらえるよう頑張りたいものです。
愛が人を美しくするように、愛が魚をも美しくするのね、などと言ってみたり。

投稿者 38brain : 02:57 | トラックバック

2005年09月13日

稚魚くんスクスク

ホワイトミッキーマウスプラティの子供(まだ推定)の5匹は順調に育っています。
毎日見ているのではっきりとはわかりませんが、確かに徐々に大きくはなっているようです。
写真上の方に見えるのは子を見守る親(推定)です。上から見るとミッキーでもなんでもないごく普通の魚に見えますね(苦笑)。
ちょっと大きくなってきたのと、ブラインシュリンプが品切れになったため、テトラミンを小さく砕いてあげてみたら、ちゃんと数回に分けて食べてました。
そろそろブラインシュリンプは卒業かな?
もうちょい大きくなってきたら稚魚ネットも卒業かもしれませんが、あと1〜2週間ってところでしょうか。
最近やたら元気なコリドラス・パンダ君が食べてしまわない時期を見定めるのが難しいところです。
しかし、仮にこの5匹がホワイトミッキーマウスプラティだったとしたら、今いる親と合わせて8匹になります。ここからミッキーばかり爆殖されたらどうしよう、と今から変な心配をしたりもしています。
まぁうれしい心配ではあるのですが。

投稿者 38brain : 01:14 | トラックバック

2005年09月12日

念願のラスボラ・エスペイ君 & ウィローモスが加入、など

当初から希望だったのですが、近所の熱帯魚屋さんで品切れだったため断念しておりましたが、ティアラ町田店まで探しに行き、やっと念願のラスボラ・エスペイ君をゲットしました。
まずは5匹加入させてみました。
いやぁやっぱり綺麗ですね。
オレンジ色好きの私にはこの美しい体色がたまりません(写真上参照)。
ついでに、これまた念願のモスとしてウィローモスを購入(写真2番目の中央部の流木の上部)。
ウィローモスは初心者にも飼育しやすいモスらしいのでちょうどいいかと思われます。
これまたついでに水草のミクロソリウムも追加したもんですから(同じ写真の左手前部分)、もううちの水槽の水草を植えるスペースは早くも限界に達しつつあります(一番下の写真参照)。
とりあえずは、始めた当初の希望していた生体と水草はそろえることができたのでけっこうもう満足してたりもします。
しばらくは現状を維持しつつ、他の生体で気になったものを見つけたらちょっとずつ追加させていこうかと思っています。
なんて言って、きっとすぐに他の生体が欲しくなる予感(^ ^);

投稿者 38brain : 04:12 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月11日

発見!撃退!!そして伝説へ・・・。

「反スネール同盟」事務局(詳しくは9月5日のブログ参照)よりブラインシュリンプはスネールの餌ともなりうるという情報をいただいたのでブラインシュリンプを与えるときにジ〜ッと水槽を眺めていました。
すると!流木の陰でブラインシュリンプを食べようとしているスネールの姿が!!
ついに再び捕獲に成功しました!
(右の写真は捕獲後バケツに載せられて身を縮めているまな板の上のスネール。)
「エビでタイを釣る」ならぬ「ブラインシュリンプでスネールを釣る」です。
ってことで、今回は「キャッチ&水槽にリリース」ではなく、「キャッチ&太平洋にリリース」しました。
さらばスネール。
私の記憶によると以前捕まえたスネールと同一個体と思われるので、今現在こやつ以外発見していないため、おそらくこの1個体のみしかいなかったものと(希望的)推測されます。
ただし当然油断はできないので再び監視を続行します。
まずは今のところは勝利の美酒に酔いしれておくことにします。

投稿者 38brain : 01:35 | トラックバック

2005年09月10日

稚魚飼育用隔離ネット設置

数日前のブログに書きました通り、見つけた謎の稚魚5匹は金魚用の小さな別水槽に隔離していました。
しかし、ここにはフィルター濾過システムもなければ水の循環もない、ってことで水がおそらくすぐに悪化してしまうと予想されるため、隔離後は毎日1/5量ずつぐらいメイン水槽と水を交換していました。
ただそれだとえらい面倒なんでなんとかならないかなぁ、ということで探したのがこれ。
産卵飼育ネットです。
早速水槽の壁際にセットし、稚魚をここに移しました。
現在5匹おりますが、まだ5匹ともちゃんと元気なようです。日に日に大きくなっているようですが、いったい成体になるのはいつ頃なんですかねぇ。
とりあえず、まずはこれで水替えの必要性はなくなり、手間が省けます。
ちなみにこのネット、当然稚魚は通しませんが、ネットの網が微妙に隙間があるため、ブラインシュリンプをあげると食べきれなかった分はネットを通過して下に落ちていきます。
なので稚魚にブラインシュリンプをあげる時は、その通過して落ちてきたブラインシュリンプを目当てに、網の下でホワイトミッキーマウス・プラティがスタンバっています(写真2枚目)。
一番下の写真はおまけで、めずらしく携帯電話のデジカメでけっこう綺麗にミッキーマウスの模様が撮れたので載せてみました。

投稿者 38brain : 03:56 | トラックバック

2005年09月09日

電源タイマー設置してみました

やはり生体にとっても植物にとっても(植物も生体には変わりないのですがこの熱帯魚の世界では魚たちのことを生体と呼ぶようです)、昼と夜は12時間周期がベストに違いありません。
しかし、私の普段の生活はまったく規則正しくなく、家を空ける時間が12時間以上だったりもするので、魚たちに照明を当てる時間もマチマチでした。
さすがにこれではよくないだろう、ということで、コンセントの部分に付ける照明用のプログラムタイマーを買ってみました。
(ちなみにヤフオクにて1,600円で新品を落札。)
右の写真のものなのですが、いかんせん、でかすぎて普通のコンセントに直接差すとどちらか一方の穴が全く使えなくなります。だめだこりゃ〜。もっとちっちゃく作ってくれよなぁ。それぐらい考えて欲しいものです。
てなことで、対応策として、延長タップの横側に付けることでこの問題を解決しました(写真一番下参照)。
これでうちの照明サイクルも無事12時間周期になりました。
しか〜し、私がそのサイクルに合わせられないので、エサをあげる時間に真っ暗ってことが容易に考えられます。
ちなみに、今までは1日2回、朝と夜にエサをあげていました。
そこで、致し方ないので、照明のサイクルをかなりずらして夜中に電源が落ちて、昼頃につく、というサイクルにすることにしました。
そして、エサは1日1回夜にあげるということにしようかと思います。
なんか1日1回でも充分らしいし、たまに2日に1回とかいう人もいるようなので大丈夫でしょう。
魚たちも私と同じて夜型人間ならぬ夜型魚になってしまいそうです。

投稿者 38brain : 00:00 | トラックバック

2005年09月08日

ブラインシュリンプを作ろう・part2

まずは昨日の続きから。
ブラインシュリンプ製造装置「エビアン1号」に卵を入れてから24時間後。
ぐわぁ〜!!すげぇょ!
写真からはわかりづらいですが、浮遊している茶色いもの、ほぼ全てがうごめいています。
明らかにうちの小さな集団には過剰と思われる量のブラインシュリンプたちが孵化してました。
ライトを当てると寄ってくるという情報も得ていたので早速試してみました。
うひぃ〜寄ってきてるんだけどもう数が多すぎて訳がわかりません。
ただよく見てみると孵化していない卵もけっこうありそうでした。
まずは稚魚に少々あげてみました。
おっ!食ってる食ってる!
パクパクと小さな口を動かしてちゃんと食べてました。
う〜ん、わざわざエビアンの容器を探した甲斐がありました(感慨にふけるポイントが間違ってます)。
しかしさすがにスポイト1回分でも多すぎたようで稚魚飼育水槽の下の方でブラインシュリンプたちが大量にうごめいてました。ま、これは放置ということで。
次に、気をよくしたので成魚くんたちにもあげてみることにしました。
ブラインシュリンプを飼育したのは海水なのでそのまま大量に投入するのは気が引けたため、まずはコーヒーフィルターで濾して、1回水ですすぎ、さらに濃厚にしてから・・・
ドバ〜ッ!!!(ブラインシュリンプ約10000匹投入っ!(推定))
・・・もはやそこは銀世界。(右の写真参照)
粉雪よろしく舞い散るブラインシュリンプたちを我先にとネオン軍団とミッキーたちがパクついてました。
半年ほど早い雪祭りという感じでした。
その中でも一番興奮していたのはコリドラス・パンダ君のようでした。猛烈な勢いで底に落ちてきたブラインシュリンプたちを漁ってました。
と、ここで発見が!
流木の隅っこから顔をのぞかせてブラインシュリンプを食べる稚魚の姿が!
ってことで稚魚が5匹になりました。
しかしまぁよく生きながらえてましたねぇ。
流木に隠れて過ごしていたとは、生存本能のなせる技なのか、案外稚魚もたくましいものだと感心してしまいました。
当然のごとく、まだ半分以上はブラインシュリンプが残っているので少しずつ稚魚たちに与えていこうかと思います。
(エビアン計画これにて一件落着でありました。完。)

投稿者 38brain : 02:45 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月07日

稚魚のエサ、ブラインシュリンプを作ろう!

昨日稚魚を3匹発見したネタを書きましたが、あれからさらに1匹発見して計4匹となりました。
しかし稚魚は小さすぎていつものエサであるテトラミンを食べることができないようです。
ネットで調べたら稚魚には「ブライン・シュリンプ」を与えるのがよいらしいということを知りました。
前から他の魚にも生きたエサを与えてみたいなぁという思いもあったので、ブラインシュリンプを孵化させてみることにしました。
市販の孵化機もあるようですが、せっかくなので自作してみることにしました。
用意するものは右の6点。空気を出すエアマシン、空気を放出する部分に付けるアレ(名前不明)、チューブ、塩、ブラインシュリンプの卵、そしてブラインシュリンプ(シュリンプ=エビ)ということで「エビアン」の容器です。
(実は「エビだけにエビアン」と言いたいがためだけに自作することにしたという話もあり。エビアンを探すためにコンビニとスーパーを3軒回ったことを追記しておこう。)
まぁ作るも何もほとんどただ繋げるだけなんですけどね。
まずエビアンの容器(何でもいいんですが)に水を500ml弱入れて、塩を10g(大さじ2杯ぐらい)入れます。
最終塩濃度は2%ってことですね。
ちなみに、ブラインシュリンプは英語で「brine shrimp(海水のエビ)」ってことで、海水で生息しているんですね。
さらにおまけとして、学名はArtemia salinaといい、節足動物門甲殻綱鰓脚亜綱ホウネンエビモドキ科無甲目アルテミア科に属するようです。「モドキ」ってことはエビじゃないのかよ、というつっこみはなしで。
別名「シーモンキー」ってのはなんか聞いたことありますよね。でもどう見てもモンキーじゃないだろ・・・。
で、装置の続きですが、その作った海水にエアポンプをつなぎ、卵を入れ、あとは18〜24時間待つだけです。
完成したのが右の写真。
稚魚&ブラインシュリンプ飼育棚ができてしまいました。
ちなみに最初の状態はブラインシュリンプの卵が写真のように上にほとんど浮いている状態でした。
それになんか塩も溶けてないし。純粋な塩(すなわち塩化ナトリウム)であれば25度の室温下で100gの水に35g前後は溶ける溶解度を持っているはずなのに(500gの水なら175g程度は溶けうるはずなのに)。
瀬戸のほんじお(焼き塩)がノーマルの塩でなかったためかもしれません。
たまたまうちにあった塩がこれしかなかったもので。
こんなんでいいんだろうか、と心配しつつ・・・、明日へ続くのでありました。

投稿者 38brain : 01:42 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月06日

稚魚 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

いつものようにエサをあげていた、その時でした(昨日と同じ文)。
ん?葉っぱの上に何かあるぞ・・・。
んんっ?スネール?いや、・・・こっ、これは!
稚魚だ〜っ!!!
うっそ〜ん?!
っていうか、どうしよう!
てな具合で朝からパニクリました。
すくい上げるにも入れるものもないし、第一すくうための網もないし。
そういうわけで、まずは職場に行く途中にいつものホームセンターに寄り、金魚用激安水槽(158円)と激安網(84円)を購入。
そのまま職場に向かって帰ってきたら救おうかと思いましたが、コリドラス・パンダ君のエサになる確率が有意に高いと思われたので家に逆戻りし、すくい上げてみました。
必死で探してみたところ、3匹の稚魚を発見!
(ちなみに☆になったと思われる謎の物体が2体ほど見つかりました。アーメン。)
いったいいつからいたんでしょう。まったく気が付きませんでした。
ところで、誰の子?
ネオンテトラ君はまだ幼いので子供は作らなそうだし。
形からいってたぶんホワイトミッキーマウス・プラティの子かと思われます(まさかコリドラスじゃないよなぁ)。
うちに来てからまだ3日目なのに。出会い系もびっくりの早さです。
まぁ、うちに来る前に子持ちだったってことでしょうけど。
しかしまぁ驚きました。
果たして大きくなることができるのでしょうか。
せめて親が誰だったのかわかるぐらいまで1匹でもいいから元気に育って欲しいものです。
(明日へ続く。)

投稿者 38brain : 02:48 | コメント (10) | トラックバック

2005年09月05日

スネール キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

いつものようにエサをあげていた、その時でした。
・・・ついにこの日が・・・。
水槽を立ち上げて約2週間、早すぎた出会いでした。(早すぎたかどうかはわからないけど)。
水槽内のゴキブリと言われるほどアクアな人たちに忌み嫌われる存在、スネールがうちの水槽にもついに現れたのです。
スネールって何?って方は「反スネール同盟」のページを見ていただければわかりますが、とりあえずちっちゃいカタツムリです。
「1匹見つけたら5匹いると思え!」という格言が「反スネール同盟報告書」に存在するようです(反スネール同盟のページかなり面白いのでおすすめです)。
まぁ実際まだその恐ろしさを全く体感していないのでよくわからないんですが、とにかく増え始めたら無限に増え続けるらしいです。
ただコケを食べてくれるというプラス面もあるようなのでしばし放置しておくことにしてみました(っていうか反スネール同盟さんのページを見るまでそんなにやばいものだとは知らなかったので面白そうだと思いリリースしちゃいました)。
この行動が命取りになるのか(大げさですが)、今回の出現が戦いの幕開けの合図なのか、要観察ってところです。
そういえば水草を全く洗っていませんでしたorz

投稿者 38brain : 00:27 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月04日

ホワイトミッキー&パンダ&ピグミーが仲間になった。

何気に賑やかになってきたうちの水槽です。
一番手前にピグミー・サジタリアというポヨポヨとちっちゃい水草を植えてみました。
前景草としてはメジャーらしいので、とりあえず最前列に。
ちなみにネットで一株50円で購入。
生体をネットで買うのは怖いけど、水草ぐらいならいいかなぁと思い初ネット購入してみました。

そしてそして、いよいよ生体も追加しちゃいました。って今日の題名で既にばれてますけど。
初心者はあまり最初の頃に生体を増やすべからず、って言われてるみたいですが、この初めてすぐの頃の熱い欲望をおさえろって言うのが無理ってもんです(^ ^);
ラスボラ・エスペイ君を購入する気満々でショップに行ったのですが、そういうときに限って在庫切れでした。ショック。
ということで、まずはネオンテトラ君が目もくれなくなってしまう底に落ちたエサをバクバクと食べてくれる強い味方として、コリドラス・パンダ君を購入してみました。
コリドラスは底砂をダメにする可能性があるというご指摘をコメントでいただきましたが、きっとパンダ君なら体長もでかくないし、穏やかそうだし、それに今回は2匹だけの追加なので大丈夫かなぁということで買っちゃいました。
まぁ底砂をグチャグチャにされたら、それはそれでいい経験ということで(笑)。
なによりショップで見たときに、90cm水槽で200匹ぐらいがあっち行ったりこっち行ったりしている姿にやられました。愛嬌ある顔してますよね〜。
でも底砂と色が似ているので水槽に投入したとたん、どこにいるのか見失いました(゚∇゚;)
そしてもう一種「ホワイトミッキーマウス・プラティ」を3匹購入してみました。
レッドも捨てがたかったんですが、いずれラスボラ・エスペイ君を投入することを考え、色が近くない白い方がいいかな、と思ってホワイトにしてみました。
ミッキーがキュートですね〜o(´∇`)o

投稿者 38brain : 23:17 | トラックバック

2005年09月03日

次期購入候補なウオたち

たぶん今日、何かしらの新参者を追加すべくショップに行ってきます。
その前に今の購入候補を挙げておくことにしてみます。
やはり第一候補は「ラスボラ・エスペイ」かなぁというところ。
でも「ラスボラ・ヘンゲリィ」の微妙にトランスルーセントなところも捨てがたい。
他には、「ミッキーマウス・プラティ」も、尾のミッキーマウスがナウなヤングにバカウケしそうでグ〜な感じですので、一度はうちの水槽に参加させてみたいですね。赤みの色が強いので水槽の雰囲気変わるかもね。
次の候補は「コリドラス」。底に落ちたエサを回収部隊として、エビかコリドラスを。と考えてましたが、まずはコリドラス君を飼ってみたいかなぁと思ってます。
どうせエビを買うなら「レッドビーシュリンプ」が希望ですが、高嶺の花ですし、まだ超初心者なのでいきなり☆になったら泣けるのでしばらく先かな。いつかは飼ってみたい。
「トランスルーセント・グラスキャット」みたいな、トランスルーセント感抜群のウオも数匹は入れてみたいですね。
っていうか、既にもっとでかい水槽が欲しくなってます(^ . ^);
さて、何が加わるか、乞うご期待というところで。

投稿者 38brain : 12:48 | コメント (3) | トラックバック

2005年09月02日

スマートメディアや〜い

うちのブログの写真は実は全部携帯電話のデジカメで撮っています。
一応100万画素以上はあるものの、さすがにアップとなるとピントは合わないし、動きが早いものは全く駄目です。
ということで生体写真にはまるで向きません。
前も書いたかもしれませんが、デジカメのみを別で持っているものの、写真を記録するスマートメディアとスマートメディアの情報をパソコンで読み込むためのメディアリーダーが引っ越しのドタバタでどっかに雲隠れしてしまったのであります。
今週末辺り、ちょっくら本腰入れて探してみようかとは思いますが、それでも画素数的に携帯と大差なく、かなり古くて大きなデジカメなので、やっぱり新しいカメラが欲しいなぁと思ったりする今日この頃。
持ち歩くのに苦にならないような薄っぺらくて、にもかかわらず高性能、みたいなデジカメないもんですかねぇ〜。

もうすぐ週末ですね。
次の生体購入計画は既に考えてあったりします。
続きはまた明日。

投稿者 38brain : 04:28 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月01日

テトラミン

うちの水槽にはまだネオンテトラしかいませんが、とりあえずスタンダードなエサとして「テトラミン」をあげています。
しかしですね、うちのネオンテトラ君はサイズがSの一番ちっちゃいのを購入したので、通常のテトラミン(写真上)だと1個の粒がでかすぎて一口では食べられないんですよ。
そこで、写真のようにサランラップにまず置いて、それをラップ上から潰して、写真下のように細かくしてからあげています。
それでも一口で食べられないものが多いので、いったん口でつついて細かくしてから食べたりしているようです。
その姿もまたキュートだったりします。
どうやら体格のちっちゃかった個体も元気になったようですし、植物もスクリューバリスネリア以外は元気そうで新芽も出てきたりしてて安堵してます。
水草が水面まで伸びてきているものもあるんですが、これもっと伸びたらいったいどうしたらいいんでしょう。
植え替えとかするのかなぁ。しばらくは様子を見てみようと思います。

投稿者 38brain : 04:07 | コメント (3) | トラックバック