« 稚魚のエサ、ブラインシュリンプを作ろう! | メイン | 電源タイマー設置してみました »

2005年09月08日

ブラインシュリンプを作ろう・part2

まずは昨日の続きから。
ブラインシュリンプ製造装置「エビアン1号」に卵を入れてから24時間後。
ぐわぁ〜!!すげぇょ!
写真からはわかりづらいですが、浮遊している茶色いもの、ほぼ全てがうごめいています。
明らかにうちの小さな集団には過剰と思われる量のブラインシュリンプたちが孵化してました。
ライトを当てると寄ってくるという情報も得ていたので早速試してみました。
うひぃ〜寄ってきてるんだけどもう数が多すぎて訳がわかりません。
ただよく見てみると孵化していない卵もけっこうありそうでした。
まずは稚魚に少々あげてみました。
おっ!食ってる食ってる!
パクパクと小さな口を動かしてちゃんと食べてました。
う〜ん、わざわざエビアンの容器を探した甲斐がありました(感慨にふけるポイントが間違ってます)。
しかしさすがにスポイト1回分でも多すぎたようで稚魚飼育水槽の下の方でブラインシュリンプたちが大量にうごめいてました。ま、これは放置ということで。
次に、気をよくしたので成魚くんたちにもあげてみることにしました。
ブラインシュリンプを飼育したのは海水なのでそのまま大量に投入するのは気が引けたため、まずはコーヒーフィルターで濾して、1回水ですすぎ、さらに濃厚にしてから・・・
ドバ〜ッ!!!(ブラインシュリンプ約10000匹投入っ!(推定))
・・・もはやそこは銀世界。(右の写真参照)
粉雪よろしく舞い散るブラインシュリンプたちを我先にとネオン軍団とミッキーたちがパクついてました。
半年ほど早い雪祭りという感じでした。
その中でも一番興奮していたのはコリドラス・パンダ君のようでした。猛烈な勢いで底に落ちてきたブラインシュリンプたちを漁ってました。
と、ここで発見が!
流木の隅っこから顔をのぞかせてブラインシュリンプを食べる稚魚の姿が!
ってことで稚魚が5匹になりました。
しかしまぁよく生きながらえてましたねぇ。
流木に隠れて過ごしていたとは、生存本能のなせる技なのか、案外稚魚もたくましいものだと感心してしまいました。
当然のごとく、まだ半分以上はブラインシュリンプが残っているので少しずつ稚魚たちに与えていこうかと思います。
(エビアン計画これにて一件落着でありました。完。)

投稿者 38brain : 2005年09月08日 02:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/28

コメント

自分もブライン沸かしたことあります
でも1回しかない・・・
コリドラスですが2CM以下なら大丈夫かもです

投稿者 お魚さん : 2005年09月08日 20:49

自分もブライン沸かしたことあります
でも1回しかない・・・
コリドラスですが2CM以下なら大丈夫かもです

投稿者 お魚さん : 2005年09月08日 20:50

名誉加盟員の件承諾して頂いて嬉しいです♪

ブラインをあまり沸かしすぎると、スネールが大喜び♪
気をつけてください♪

投稿者 まるま : 2005年09月08日 22:08

>まるまさん

カキコありがとうございます。
日記拝見しました。熱いですね。台風事件のところ、ちょっと感動しちゃいました。

>名誉加盟員の件承諾して頂いて嬉しいです♪

いえいえ、こちらこそ、ほんとありがとうございました。

>ブラインをあまり沸かしすぎると、スネールが大喜び♪
>気をつけてください♪

まじですか?!
それはやばい。ほどほどにしようかと思います。
また今後ともよろしくお願いします。

投稿者 38brain : 2005年09月09日 00:50