« 稚魚 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! | メイン | ブラインシュリンプを作ろう・part2 »

2005年09月07日

稚魚のエサ、ブラインシュリンプを作ろう!

昨日稚魚を3匹発見したネタを書きましたが、あれからさらに1匹発見して計4匹となりました。
しかし稚魚は小さすぎていつものエサであるテトラミンを食べることができないようです。
ネットで調べたら稚魚には「ブライン・シュリンプ」を与えるのがよいらしいということを知りました。
前から他の魚にも生きたエサを与えてみたいなぁという思いもあったので、ブラインシュリンプを孵化させてみることにしました。
市販の孵化機もあるようですが、せっかくなので自作してみることにしました。
用意するものは右の6点。空気を出すエアマシン、空気を放出する部分に付けるアレ(名前不明)、チューブ、塩、ブラインシュリンプの卵、そしてブラインシュリンプ(シュリンプ=エビ)ということで「エビアン」の容器です。
(実は「エビだけにエビアン」と言いたいがためだけに自作することにしたという話もあり。エビアンを探すためにコンビニとスーパーを3軒回ったことを追記しておこう。)
まぁ作るも何もほとんどただ繋げるだけなんですけどね。
まずエビアンの容器(何でもいいんですが)に水を500ml弱入れて、塩を10g(大さじ2杯ぐらい)入れます。
最終塩濃度は2%ってことですね。
ちなみに、ブラインシュリンプは英語で「brine shrimp(海水のエビ)」ってことで、海水で生息しているんですね。
さらにおまけとして、学名はArtemia salinaといい、節足動物門甲殻綱鰓脚亜綱ホウネンエビモドキ科無甲目アルテミア科に属するようです。「モドキ」ってことはエビじゃないのかよ、というつっこみはなしで。
別名「シーモンキー」ってのはなんか聞いたことありますよね。でもどう見てもモンキーじゃないだろ・・・。
で、装置の続きですが、その作った海水にエアポンプをつなぎ、卵を入れ、あとは18〜24時間待つだけです。
完成したのが右の写真。
稚魚&ブラインシュリンプ飼育棚ができてしまいました。
ちなみに最初の状態はブラインシュリンプの卵が写真のように上にほとんど浮いている状態でした。
それになんか塩も溶けてないし。純粋な塩(すなわち塩化ナトリウム)であれば25度の室温下で100gの水に35g前後は溶ける溶解度を持っているはずなのに(500gの水なら175g程度は溶けうるはずなのに)。
瀬戸のほんじお(焼き塩)がノーマルの塩でなかったためかもしれません。
たまたまうちにあった塩がこれしかなかったもので。
こんなんでいいんだろうか、と心配しつつ・・・、明日へ続くのでありました。

投稿者 38brain : 2005年09月07日 01:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/27

このリストは、次のエントリーを参照しています: 稚魚のエサ、ブラインシュリンプを作ろう!:

» どっちかの料理ショー ? イトミミズ VS ブラインシュリンプ (1)? from 熱帯魚ミニミニ大作戦♪
今日は「どっちかの料理ショー」をやってみたいと思います。これは、イトミミズとブラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月04日 01:43

コメント

>38brainさん
ネタのために3店まわるあたりかなり意気込みを感じちゃいますね(笑)

孵化成功記事、楽しみにしてまするー(^^)

投稿者 bon : 2005年09月07日 02:23

>bonさん
最初に行ったいつものホームセンターでは1.5リットルのエビアンしかなかったんですよ。
迷いましたがそれにしなくてよかったと思いましたよ。
実はこの写真を撮ったのは昨日で、既に結果は出ているんです、ネタを引っ張ってみちゃいました、エヘッ。
どうなったのかは明日のお楽しみということで〜。

投稿者 38brain : 2005年09月07日 02:43

反スネール同盟より

貴殿は「スネール」撲滅に貢献し、水槽の平和を望む姿に感動した。
「反スネール同盟」は貴殿の活躍を評価し、「反スネール同盟『名誉加盟員』」の登録をおこなうこととする。
なお、登録とは、貴殿のブログサイトのURLを記載することで「反スネール同盟」の情報網を確立しようという目的でおこなう。

これを機に今後とも、頑張って頂きたい。
      「反スネール同盟」盟主
      「反スネール同盟」事務局
       

投稿者 まるま : 2005年09月07日 21:31

>まるまさん
(なんだかよくわからないけど)わ〜い!!!
まだスネールはキャッチアンドリリースしかしてないんですが、名誉加盟員なんて名誉な称号をいただき感極まっております。
次回より発見次第、ただちにキャッチアンド太平洋にリリースでいきたいと思います。
ありがとうございました。
今後とも活動報告を怠らず監視を続けたいと思います。

投稿者 38brain : 2005年09月08日 03:58