« デジカメ復帰&お買い物 | メイン | アクアリストな冷凍庫 »

2005年09月27日

うれし恥ずかし、あく抜き初体験。

昨日買った流木とあく抜き剤を使って早速流木のあく抜きをしてみることにしました。
10リットルの水にあく抜き剤をマニュアル通り計量スプーンで10杯入れました。
っていうか、付属の計量スプーン、コンビニなどで付けてもらえるプリン用のスプーンじゃん!(笑)
ところで、このあく抜き剤、いったい中身はなんなのでしょう。
白いサラサラとした粉で、無臭です。
思わず鼻から吸引したくなりますが(嘘です)、アーモンドの臭いもしないし(オイ!)、う〜ん。
そんなことはさておき、早速流木を入れてあく抜きスタートです。
とは言っても放置しておくだけなんですが。
流木を入れたところ、プツプツと気泡が流木から出てきました。
そこで思いついたのが、このあく抜き剤の原料は重曹(炭酸水素ナトリウム)なのではないかと。
この気泡は二酸化炭素なんじゃないかな。
そういえば重曹は汚れを取る作用もあると聞いたことがある気がしますし。
炭酸水素ナトリウムにしては高すぎるけどね(あく抜き剤は400円でしたが、きっとバイオの研究室なら同じ値段で500gぐらい買えるんじゃないかな)。
てなことで、12時間後・・・。
ぬわ〜!マッチャッチャ!!
こりゃこのままあく抜きしないで水槽に入れたらえらいことになってたなぁと背筋が凍る思い(おおげさですが)。
24時間後はさらに写真のように茶色くなってました。
ところで「あく」って何よ? と、バイオな疑問は尽きないのでありました。
まぁまずは、3日ぐらいは入れておこうかと思ってます。
これで水から流木出したら白樺みたいに真っ白になっていたら笑えませんね。

投稿者 38brain : 2005年09月27日 03:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/47

コメント

僕の場合は
プレコが6?7匹はいってる水槽に
3日もいれてたら
あく抜きされてますw

投稿者 お魚さん : 2005年09月27日 23:22

こんばんは、コメント有難うございました。
流木のアク抜き、頑張っておられますね。仰るように、原料は重曹だったと思います。私はアク抜き材をケチったばかりに、延々5時間ほど釜茹でする羽目になりましたが、流石に以来、アクが出ることは無いです。でもカビは出ました・・

投稿者 cube60 : 2005年09月27日 23:36

>お魚さん
プレコってあく抜きもしてくれるんですか???
フィルターのおかげで綺麗になるのかな。

>cube60さん
お越しいただきありがとうございます。コメントまでしてもらってうれしいです。
やっぱり重曹なのですか。
釜ゆで5時間ってすごいですね。料理人もびっくりな手のかけようですね。
カビはさすがに魚たちは食べてくれないのかな。おなか壊しそうですしね。

投稿者 38brain : 2005年09月28日 03:24

プレコがあく抜きっていうか
3日後水槽から出すと
あくもでなくて
流木もつるつるになってるんですよ

投稿者 お魚さん : 2005年09月28日 17:15

こんにちは。
私も今初めてのアク抜きやっているのですが、同じアク抜き材を使ってやったところ、水にもアクが溶け出しましたが、木の表面にもアクが固着してしまいました。爪でこするとある程度のくのでその後は軽くたわしでこすると表面は大体綺麗になり、残った部分は逆にいい雰囲気になっています。しかし狭い隙間に入ったものはどうしようも無く今煮沸するべきかどうか悩んでいるところです(苦笑)

投稿者 アルファ : 2007年03月25日 15:29

>お魚さん
かなり長い間コメント放置してしまっていたようですいません(たぶんもう見ることはないと思いますが、苦笑)。
流木に元々アクが少ないと大丈夫なのかも知れないですね。
それかもしかして既にあく抜きされていた流木だったんじゃないですかね?

>アルファさん
かなり古い記事ですが、コメントいただきありがとうございます。
私の場合は、1回ではアクが抜けきらなかったみたいで、2,3回同じ作業を繰り返しました。
木の表面に付いたものも同じ作業を繰り返すうちに徐々に取れていったのかもしれないですね。
狭い隙間に残ったものも、多少であれば残っていても自然に徐々に抜けていくのではないでしょうか。
アクよりも怖いのは木に水カビが生えることだと思いますので、煮沸してもいいかもしれないですね。
「ある程度のく」っていう部分の「のく」っていうの、たぶん方言ですよね?(笑)私には通じるので、もしかして北の方の方でしょうか?

投稿者 38brain : 2007年03月25日 16:01