« プチリニューアルしました。 | メイン | 携帯デジカメ奇跡の1枚 »

2005年10月12日

ついにバイオなあこがれの一品をゲット!

バイオな人なら一度は自分専用のものを持つことをあこがれる(と思われる)あの一品をついに買っちゃいました。
バイオな世界の人以外には「なんですか、これは?」と言われるかもしれません。


外箱。

水道の水をカルキ抜きする時に、きっとみんな何らかの試薬を入れてますよね?
うちはエーハイムの「4in1」ってのを入れているんですが、これが水20リットルに対して約4 ml(キャップ約1/5)とか書いてあって、かなりアバウトな表記なんです。
実際に水替えをする時は水が10リットル入るバケツ1杯をおこなっているので、本来は2ml(つまりキャップ約1/10)なのですが、キャップ1/10なんてわかるかぃ!ってかんじで微妙な量がまったくわからず「こんなもんかなぁ」程度に今まで入れてました。
まぁそれでもいいのでしょうが、やはり気になってしまうのが職業病的なサガ。

そんなアバウトな状態を打破するためこれを買ってしまいました!


ジャジャ〜ン!

ピペットマンです!!
(正式名称はマイクロピペッター。通称ピペットマン。)
これは何かといいますと、バイオな実験室で最も高頻度に使われるごく微量の液体を測る機械です。
ちなみに購入したこのピペットマンは200マイクロリットルから1000マイクロリットルぐらいを正確に測定できます。
マイクロリットルはmlの1/1000です。
(マイクロはギリシャ文字のミューで書き表しますが、文字化けするかもしれないので代わりにuと書きます)
実験室にあるものは最小量で1ulぐらいが測れるので、その場合、500mlペットボトルの中身をすくい出すのに50万回かかります(笑)。
買ったものは1000ulまで測れるので、つまり1回に最大に取れる量は1mlということになります。
そうそう、もちろん買ったのは自腹ですよ。
みなさんの税金は無駄にしていないのでご安心を(汗)。
(あ、それと下の写真に写ってるチップという液体を測る時に先っぽに付けるチューブは業者さんからサンプル品としてもらったものです)

てなことで早速・・・、

おぉ〜っ!
ついにバケツ1杯の水に対してエーハイム4in1が極めて正確に2ml注ぎ込まれました(笑)。
いやぁ〜、すっきり。

ちなみに、このピペットマンを買わなかったらちょっと安めのCO2システムが買えたという話もありますが、まぁこれは自己満足の世界ですのでよしとします。

しかし、最後にふとしたことに気が付きました。


バケツの水は正確に10リットルだったんだろうか・・・(爆)。

投稿者 38brain : 2005年10月12日 03:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/64

コメント

こんにちは。200マイクロリットル計れるなんてすごいですね。
すごい割にかなりの大きさがあるスポイトみたいですね。(失礼)
うちでもいろいろなものを入れるときキャップ半分とかはかなりアバウトです。
しかしバケツの水を正確に計る方が大変そうですね。

投稿者 もりパパ : 2005年10月12日 21:03

はらほろひれはれ?
自分の頭の悪さにガッカリです!マイクロ?
世の中にはすごい道具があるんですね?
でも!アバウトな使用で無駄な消耗する事を考えると元が取れるかも!でも時間がかかりそう・・・

投稿者 ebita : 2005年10月12日 21:37

すごいですねぇ!!
ほんと研究用の器具って感じですね♪
いやぁバイオですねぇ♪
こういうのは楽しいですよね♪
自分の場合は実験で使う試薬を測り取るのですが、2.0g要する場合には2.01g程度の精度でいいのですが、自分は電子天秤2.0000…って感じで出来る限り細かく正確に測ってたりします笑
時間かかるんですけどね笑

投稿者 yoshi : 2005年10月12日 23:00

>モリパパさん
コメントありがとうございます。
スポイトと比べたら確かに大きいかもしれませんね〜。
バケツの水を正確に計る方法を思いつきました。
1回だけ正確に計量カップで計って10リットルを入れて、そこにテープか何かでマーキングしておけばいけそうですね。
今度やってみようっと。
おかげで思いつきました。

>ebitaさん
アバウトな誤差で元を取るためにはいったい何百回4in1を買わなければいけないんだろう(笑)。
ちなみにバイオな世界では、マイクロのさらに1/1000の「ナノ」、そのまたさらに1/1000の「ピコ」、そのまたさらに1/1000の「フェムト」辺りまで使ったりします。
DNAとかはナノグラム単位で使います。
もちろんそんなものは重さでは計れないのでDNAを入れた液体が光をどれぐらい吸収するかから算出します。ってそんなこと聞いてないって?(苦笑)

>yoshiさん
電子天秤とかで何かを測定する時に、適当に入れた試薬が思い通りの量に一発で正確に合うととても気分がよいですよねぇ〜。
「お、何か今日はいいことあるかも」、みたいな。
思いっきり非科学的ですが(笑)。

投稿者 38brain : 2005年10月13日 05:12