« 2件リンク追加しました。 | メイン | 新コケ取り部隊参入 »

2006年02月13日

プロジェクトMacCube水槽 〜その4・底板作製編part1〜

MacCubeを水槽にする計画、第4回です。
前回までのあらすじは「こちら」をご参照ください。

今回はいよいよプロジェクトの最難関と思われる底板を作製することに挑戦しました。
近所のでかいホームセンターにて以下のグッズを土曜日の夜に購入。


上段左から、「アクリル用接着剤」、「アクリル用カッター」、「アロンアルファ」、「プラスチック用ヤスリ」、そして下段が「アクリル板」です。
アクリル用接着剤とかカッターがあるなんて、まったく普段気にもしないコーナーに行って発見したので新鮮でした。
アロンアルファはさらに底板の接着を強固にするための補助として購入。

アクリル板は事前にネットでMacCubeの大きさがおよそ17cm x 17cmであるという情報を得ていたので、18cm x 32cmの板を発見して、
「お、ちょうどいいじゃん!」
てなことでこれを購入。
しかし、これがのちに悪夢となりました・・・。

家に帰ってきて、いざMacCubeにアクリル板を合わせてみたら・・・

「MacCubeがアクリル板の18cmよりもでかい罠!!!!!!!
超orz」

あまりのショックに写真を撮ることも忘れました・・・。
ちゃんと自分で大きさ測っておけばよかった・・・(泣)。
実際は19cm x 19cmぐらいでした。

てなことで土曜日はこれにて糸冬了して、ふて寝。

翌、日曜日。
再びホームセンターへ出向き・・・、

32cm x 55cmのアクリル板を買ってきました。
ついでにさらに補強するためのシリコン系の接着剤も追加購入。
ちなみに、このアクリル板、厚さは置いてあったもののうちで最厚の5mmを買いました。
この5mmのアクリル板、想像よりもめちゃ高いです。
これだけでその辺の安い水槽が簡単に買えます・・・。
しかしMacCubeを水槽にするためなら、えんやこら、ってことで早速作製開始です。


 ↑
まずはこのようにだいたいの大きさの型取り。


 ↑
でもって次に、ペンで型を取った線を定規を当てながらアクリル用カッターで切れ込みを入れます。
青いのがアクリル用カッター。
定規がピカチューな点はスルーしてください(笑)。


 ↑
2mmほど激しく切れ込みを入れた後に、その辺を押さえながらアクリル板を曲げてバキッと折り、このように切り出します。
下にはチャームさんから届いた宅急便の中に入っていた新聞を敷いてます。
なになに、東証反発、フムフム・・・、これはライブドアおよびマネックスショックがあった2日後の新聞ですな。
などと新聞を読みふけること数分・・・。
おっと、と気を取り直し、作業続行です。
(株については話すと長いのでやめときますが、一言だけ。日経平均は暴落しましたが、この時点でライブドアの悪行が明らかになってまだよかったと思ってます。もっと後で発覚した方がより日本経済へのダメージが大きかったでしょうから。マネックスの愚行は想定外でしたが。)


 ↑
続きまして、アクリルの角を、MacCubeに合わせて丸くするためにマーキング。
それから、激しくヤスリで削って・・・


 ↑
このように角を丸くしました。

で、次がとてつもなく大変です。

MacCubeに正確に大きさを合わせて底板を少しずつヤスリで削って微調整します。
削りすぎると取り返しがつかないので、ちょっと削ってはMacCubeに合わせ、またちょっと削っては合わせ、・・・、という作業を繰り返すこと・・・

約4時間!!!

トリノオリンピックを見ながら作業していたとは言え、あまりにもしんどい作業でした。
っていうか、最終的にはまだもう少し削る必要があります。
もう手の感覚がおかしくなってきたので今日はやめました。


 ↑
これがヤスリの削りカス。
いかにとんでもない作業だったか多少は伝わりますでしょうか?

そういうわけで、ちょっとだけはまる状態までは削り終わり、このような感じになっています。
(MacCube筐体についている白い汚れはたぶんアクリルの粉が付いた手で触った私の指紋です(笑))
 ↓

数日以内の時間がある時にまた少しずつ削って、写真に見えるMacCubeケースの横の溝がある部分のところまではまるように製作予定です。
予想はしていましたが、これほどまで大変だとは・・・。
ヤスリがもう少し激しく削れてくれればなぁ。または電動のものがあればよかったんですけどね。

てなわけで、次回(たぶん数日後)は、きっと底板完成・接着編をお送りする予定です。

糸売。

投稿者 38brain : 2006年02月13日 05:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/170

このリストは、次のエントリーを参照しています: プロジェクトMacCube水槽 〜その4・底板作製編part1〜:

» 蘇れ! Macintosh?hello again2?(6) 「アクリルとの戦い」 from 熱帯魚ミニミニ大作戦♪
さて、Macintosh水槽ですが、当初は激落ち!掃除編を書く予定だったのです... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月14日 02:43

コメント

いや〜またまた笑わせて頂きましたよ〜
アクリル板って高いっすね!!!!
Macと名のつく物はみんな高くなるのは宿命!?
しかし削る事4時間はすげぇ〜&それだけの時間没頭できてうらやましい(うちなんか小一時間メンテしただけど嫁がご立腹ですわ)
わたしとしてはmac cubeのデザインを継承して空中に浮いているようにして頂きたい!って強度的にむつかしいかー。

投稿者 blacklayout : 2006年02月13日 12:28

お疲れ様でした。
確かにこういう作業は「R」がくせ者っぽいですね。
しっかし、4時間はスゴイですね?。
手とか痺れませんでしたか。
38brainさんの執念と情熱に感服いたしますです。
きっと、いいものができそうですね。

投稿者 パーシー : 2006年02月13日 16:58

ほぇ??っ!
素晴らしい根気だぁ?^^
えびろーにはとてもできましぇぇ??ん^^;
しかしここまできたら完成が待ち遠しいなぁ?
次のアップ楽しみです(^▽^)/
がんばってねぇ?(^_^)v

投稿者 ホリホリえびろー : 2006年02月13日 17:55

すんごい削りましたね!
MacCube水槽にかける熱意が伝わってきますよ^^
ほんとRは難しそうです。
ちょっとでも削り過ぎたら強度に関わりそうですし。。。頑張ってくださいね!
かなり期待してます♪

投稿者 yoshi : 2006年02月13日 18:51

いや? すごいですね
その行動力はほんと見習わなければ!と思いました
それにしてもアクリル板5mmって相当厚いですよね削る苦労とてもよく分かります
それだけに完成した時は最高でしょうね。
続編楽しみにしています

投稿者 mach540 : 2006年02月13日 21:11

職人の技と根性が要求されるレベルになってきましたね(笑)
定規がぴかちゅーって。。。 ヌルーできませんでしたm(_ _)m

投稿者 uchai : 2006年02月13日 21:52

>blacklayoutさん
アクリル板高いですよねぇ。
たしかに一緒に相手がいる時に長時間趣味に没頭すると気まずい雰囲気になりますよね(笑)。まぁ自分もされたら怒るかも(笑)。
おっ、さすがマカーわかってますね、おっしゃるとおり浮いているように作る予定です。
そのためにこんな苦労してるんですよぉ。
下をふさぐだけならけっこう簡単なんですけどね。

>パーシーさん
手、しびれましたよ〜。
何度か自分の手をヤスリで削ってしまいましたし(苦笑)。
もはや根性の世界に入ってきました。

>ホリホリえびろーさん
もうこうなったらなんとしても完成させなければという使命感で動いております。
次回、果たしてできているのか、自分でも心配であります。
あまり期待せずにお待ちいただければ幸いです。

>yoshiさん
削りましたよ、ひたすら。
そうなんですよ、削りすぎると、「はい、また最初から」ってことになるのでそれだけは避けなければということで慎重にしないといけないのが大変なところでした。
数十マイクロメートル単位の削り作業です。
今日も帰ったら少し削るかな・・・(苦笑)

>mach540さん
そうなんですよ、5mmっていうとそれほど厚くないような気もしますが、これが思った以上にヤスリで削るとなると厚い!
一生分のヤスリ削りをやった感じです(笑)。

>uchaiさん
技1%、根性99%な世界です。
ウワァァァン、ピカチューはヌルーしてって言ったのに(涙・笑)。
なんかの試験の時にどうしても定規が必要になって、近くのコンビニで買ったような記憶があります。
数年ぶりに筆入れを開けたら出てきました(照れ)。
今はボールペンと万年筆かキーボードしか使わないからなぁ。

投稿者 38brain : 2006年02月13日 22:06

そっか、底を塞ぐって前に書いてありましたもんね。
凄い大変そうだけど、この完成水槽が見たい!
日本が金を取るのを望むけど、金を取ると手が止まって削られるものが
削られず、作成時間が削られるからなぁ。

投稿者 レガ : 2006年02月13日 23:01

ずいぶんと手間かけましたね!
これだけやってると愛着ばっちり?

>定規がピカチューな点はスルーしてください
何故にピカチュウ・・・

投稿者 ebita : 2006年02月14日 00:25

一応突っ込んどきますね。
なぜ定規がピカチュウなんですか?(゚Д゚)??

この企画楽しみにしてたんですよ?。
これからの展開にとても期待してま?す。
順調に進むように応援してますね。

投稿者 ケイツケ : 2006年02月14日 01:13

4時間におよぶ戦い、お疲れさまでした。
(ピカチュウも乙!←一応自分も触れてみますたw)

自分もこれからアクリル板との戦いになりそうなヨカーンだったのですが、この記事を読んでショップに依頼することを決心しました(^^;

いよいよ大詰めに近づいてきた感じですね!
完成が楽しみでアリマス!!

投稿者 bon : 2006年02月14日 02:47

(笑)いっぱい笑ってすみません!!
ガク((;゜Д゜))ガク
アッ!アクリル板の5?ならワタシのウチに幾らでも
ありますんで失敗したら言って下さい♪
(*´艸`*)
でも精度を考えるとやはり
手作業が一番ですよネッ♪
.゜+.p(o´∀`o)q゜+.゜
この計画、目がはなせない(笑)
((((O´艸`)フフフ

投稿者 AQUARIST : 2006年02月14日 02:48

>uchaiさん、ebitaさん、ケイツケさん、bonさん
ヽ(`Д´)ノ ウワァァン、ピカチュウはスルーしてって言ったのに(涙)。
どうせ持ってるなら地味〜な定規よりもかわいいものの方がいいじゃない。
隣の娘とも「あれ?この定規?」なんて話題にもなりそうだし(笑)。

てなわけでここからは普通のレス。

>レガさん
日本はなかなか苦戦しているみたいですね。
その分、削りに身が入るってもんです(笑)。
って、なんかこんなこと前も書いたような?
デジャビュ?って前も書いたような?デジャビュビュ?
マトリックスの世界に入ってしまったかも(笑)。

>ebitaさん
水槽にMacをチョイスした時点で愛着は既に満点です。
後は水漏れしないようにうまく接着できればいいんですけどね。

>ケイツケさん
ここにきて順調だった(のか?)Macプロジェクトに遅れが出てきました。
他のグッズはもうほぼ揃っているので必死で内職続けます。

>bonさん
アクリル、アナドリガタシですよ。
ショップの中の人、接着までやってくれるんですか?
むぅぅぅぅ、職人キボンヌですが、時既に遅しです。

>AQUARISTさん
アクリルいくらでもあるってどゆこと?
家がアクリル製造業者なわけないし。
普段から何か作ったりしてるのでしょうか。
アクリル、思ったより大変ですね〜。
バキッて折る時もドキドキでした。

投稿者 38brain : 2006年02月14日 05:23

遅ればせながら、、ピカちゅーかよっ(さま?ず風にw

底板製作ですかぁ。地味な作業を長時間されてたんですねー(^ー^)
この底板の上に直接水をいれていくんですよね???
だったら一番比重がかかる部分だろうし
一番大事な部分ですもんね?
接着は接着剤とシリコンかな??
次回のエントリー楽しみにしてますよ?(^ー^)

投稿者 mitsu : 2006年02月14日 10:40

Macファンとして期待しています!がんばってください。

投稿者 tk2000 : 2006年02月14日 15:13

初書きこです、よろしくお願いします^^
アクリルを削るとは…匠技ですね!
まさかふて寝からここまで来るとは…(苦笑)
陰ながら応援しております^^

とりあえず私も…
>定規がピカチューな点はスルーしてください
って、いいじゃないですか、ピカチュウ(爆)

投稿者 tama : 2006年02月14日 22:44

>mitsuさん
mitsuさんもピカチューツッコミかよっ!(笑)
底板、おっしゃるようにもっとも耐圧にしないといけない場所なので慎重に進めています。
詳しくはまた接着編にて書くことと思います。

>tk2000さん
マカーの愛と意地を見せたるで〜!!(笑)

>tamaさん
ここでははじめまして。
何だかいつの間にかだいぶ期待されているようなのでなんとか完成までこぎ着けたいと思います。
いいですよね、ピカチュウ!!(笑)尻尾が折れてますが(苦笑)。
今後ともよろしくお願いします。

投稿者 38brain : 2006年02月14日 22:54

こんばんわ^?^
削ったカスを撮りたくなる気持ちがわかります(笑)
途方も無い作業ですね?
その集中力がすごいです!

皆の期待が高まってますね(笑)
ボチボチ頑張ってください^_^;
ピカチュウの定規片手に・・(ぼそっ)

投稿者 namazu430 : 2006年02月15日 00:38