2005年12月10日

ドロップチェッカー

何気に普段よりも出張中のほうが更新頻度が高いような気もしたりする38brainです。
本日も小ネタを。
というかストックネタを作りすぎました(苦笑)。

ちょっと前に、珍しく照明の電気が点灯開始するときに家にいたので水槽を見てみました。
すると、ドロップチェッカーの色が、

わぉ、超青い!
という状態になってました。
青色はCO2が少ない時の色です。
うちでは消灯中は、エアレーションをしているのでCO2がなくなっているんですね〜。
そして、照明点灯と同時にCO2の供給が始まり、2時間ぐらいしたらドロップチェッカーの色が、CO2量適量を示す黄緑色になってました。
うちではだいたい平常時は黄緑色です。
2週間ほど前には40cm水槽を立ち上げた際に試しにCO2をガンガンに出したら黄色になっていたし、ドロップチェッカーってちゃんと働いてたんだぁと改めて感心しちゃいました。

投稿者 38brain : 03:46 | コメント (5) | トラックバック

2005年12月07日

バレングラスを綺麗にしましょ

モバイルからの初投稿です。
いきなりこんなにモバイルを使うとは思ってもいませんでした(*^_^*)


さて、CO2を拡散させて放出するためのバレングラス。
これ使ってるとすこぶる汚れます。
このバレングラスの上で魚が脱糞したりよくするんですよねぇ。
そこはトイレじゃないっちゅうに。
しまいにゃオトシン君がハマったりしてたし(笑)。
それに特に最初の頃はコケが発生していたのでその汚れも付いてます。
2ヶ月でこれぐらいになってました。
あまり汚れると、CO2の泡も細かくなくなってきますし、掃除が必要です。
しかし、放出する表面をあまりゴシゴシと洗ってはいけないとのこと。
そこで登場するのがこれです。

ADAのSUPERGE(読み方はスーパージー?)です。
ガラスを洗浄するもので、まぁキッチンハイターみたいなものですね。
ADA製品にしては珍しくお手頃価格で、たしか600円ぐらいだったと思います。

この希釈液につけること30分ほど。

最初、

こんなだったものが、
30分後には・・・、

ワァ〜ッ!(テレビショッピング風に。)
あら、ビックリ!
新品の輝きです。
擦らずとも綺麗になってくれるので楽でよいです。
たまには掃除しないとねっ。

投稿者 38brain : 00:33 | コメント (8) | トラックバック

2005年11月27日

CO2マスター設置してみました。すると、き・気泡が!!

今回のリニューアルした40cm水槽にも、CO2を添加しているのですが、こちらは普通のバレングラスで添加するのではなく、「CO2マスター」というもので添加してみることにしました。


CO2マスターとはこういうものです。

これは何かと言いますと、ボンベからのCO2をエーハイムの外部フィルターの吸水側の途中につなげて水にCO2を強制的に溶解させ、エーハイムの排水部分からCO2が溶けた水を排出させるための器具です。

WEBショップのWaterPlantsWorldさんから購入しました。
ちなみに、Eternal Aquaのレガさんも使用していらっしゃるようで以前ここで紹介されてました。

バレングラスで、

このように添加した方が見た目は綺麗なのですが、水中に溶解されずに水面に逃げていってしまっているCO2があるのは確実です。
そこで、水草の育成のことを考え、やはり明らかにCO2溶解効率のいいこの商品を導入しようということになりました。
特に40cm水槽にはCO2を多めに必要とするパールキューバグラスspとヘアグラスもいることですし。

ということで、このようにマニュアル通り設置しました。

もっと詳しくは上記のショップやレガさんのサイトで書かれていますのでご興味のある方はそちらをご参照ください。

で、ですよ!
今日何気に水槽を見たら・・・

ウハ〜ッ!!!ヘアグラスが気泡出しまくってるぅ!

さらに、

見にくいけど、キューバパールグラスも気泡出しまくってるぅ!
(ちなみに奥の方に見えますようにCRS君はちゃんと元気です。)

やっぱりCO2の量と光がちゃんとあれば気泡出してくれるんですね。
今まで60cmの方でもちょっとしか気泡見たことなかったので大興奮でした。

CO2を添加されている方にはなかなかおすすめの一品だと思います。

投稿者 38brain : 03:12 | コメント (12) | トラックバック

2005年11月14日

第2水槽プロジェクト・早くも頓挫気味orz

実質3日間家を空けていたのでコメントレス等遅れまして失礼しました。
まだフードタイマーを購入していなかったため、ほぼ丸3日間餌がない状態で、外出先でも魚たちのことが非常に不安でしたが、帰ってきてみたらみんなピンピンしていて安心しました。
(餌の食いつきがいつも以上に激しかったことは言うまでもありませんが。)

しかし、唯一ガジョ〜ンな事がありました。
それが40cm水槽のヘアグラス(水草)です。


こちらは60cm水槽のヘアグラス。


そしてこちらが40cm水槽のヘアグラス。
既に絶滅寸前・・・。

60cm水槽の方は電磁弁を使ってタイマーでCO2をちゃんと添加していたのですが、40cmの方は電磁弁&タイマーをまだ買っていなかったため、魚が酸欠になるのを恐れてCO2を出していなかったんです。
やっぱりヘアグラスはCO2が大切なんですねぇ。
たった3日間与えなかっただけでこんなになってしまうとは・・・orz

早くも40cm第2水槽プロジェクトに暗雲が立ちこめ始めております。

なんか昨日の記事で一部の方を期待させてしまうような事を書いてしまいましたが、今回の40cm水槽改造計画では、
「見た目はエセADA風に、そして水槽周辺はできるだけ金をかけず」
という方針で進めさせてもらう予定ですので期待しないでください。
これは全て私の現在の財布のせいでございます(爆)。
オールADAなんてムリムリムリムリ。

ってことで、まずは無理矢理40cm水槽のCO2環境について書きます。

今回購入したシステムはADAではなく、マーフィードの「CO2フルセットEZ」というものです。


↑これ。

なんと言っても安い!
前買ったADAの約半額です。
でも一応ディフューザー(拡散器)部分が最近ガラス製にパワーアアップしたらしいので見た目はそれほど悪くないです。

こんな感じです。
実は今日の写真のうちこれだけ一眼デジタルカメラで撮った写真なので、一見実物以上に素敵に見えます。

まぁ本体の値段よりも今回気にしたのはCO2ボンベの値段です。
ADAの純正のものは74gでだいたい1000円はするのですが、他の安いボンベは60gちょい入って300円ぐらいでオークションとかで買えるんですよ。
ADAのものはADAのボンベしかつなげないので(一部変換コネクタも売ってますが)、コスト的にも今後の事を考えるとだいぶ違うので、第2水槽は妥協して上のものにしてみました。
コストを考えればミドボンと呼ばれる緑色のボンベに入った業務用のでっかいものが一番安いのでしょうがさすがにそれを室内に置くスペースはないので。

しかしまぁ、上のセット商品、さすが安いだけあってボンベを支える台も入ってません(´・ω・`)

なので・・・、

こんな感じでついこの間までマグカップでおさえてました(笑)。

で、つい先日ショップに行って台を買って、下のようになりました。

結局ADAの台をついつい買ってしまったADA教のアホ信者な自分でした(笑)。

投稿者 38brain : 04:52 | コメント (8) | トラックバック

2005年10月25日

ADA CO2 ADVANCED SYSTEM買っちゃった〜!!!

ついにADAのCO2添加システム「ADAアドバンスドシステム」を買ってしまいました〜!


ADA キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

このシステムはネットで新品を買ったのですが、ついでにこのシステムにつなげられてCO2の添加をタイマーでオンオフをコントロールできる電磁弁(ADA EL-VALVE)ってのもヤフオクでゲットしました。

さ〜て、早速ワクワクしながら組み立て開始です。

が、ここで思わぬ問題発生!

電磁弁ってどうやって使うの???


上の写真の左側が買ったシステムに付いてきたボンベとつなぐ部品で、右側がヤフオクで買った電磁弁ってやつなんですが、つなぎ方がわからない・・・。
電磁弁の方はヤフオクで中古を買ったせいで説明書がないんです。
初めてなのでわからないんです・・・。これは困った。

とりあえず、え〜い、

と、適当につなげてみました。

が、ここでさらなる問題発生!
適当につなげたまではいいのですが、今度は外せなくなっちゃいました。
プチパニックですよ!
ウキッ? ウキキッ???
と猿になりながら、なんとか緑の部分を押さえながら引っ張ることで取り外せました。
いやぁ焦った。

でもまぁたぶんここしかつなげる場所が見あたらないのでこれでよしだろう、ということで次のステップへ。
次はチューブをつなげてみようとしました。
が・・・

OH, NO〜!!!
やっぱり電磁弁のつなげ方は、こうじゃないのか?!

うむむ、あなどりがたし、電磁弁。(っていうかマニュアル欲しい)

ん?そうか、これか!
ということでメインの箱の方に入っていたものを取り出して・・・、

という状況になりました。
なんかヤケに長くなってしまったけどこれでいいのかいな。

で、このあと試しにCO2を出してみたらちゃんと出たのでたぶんこれでいいのでしょう。
いやぁボンベが爆発でもしたらどうしよう、と、ちょっとドキドキでした。
たぶんボンベにつなげてる時にうしろで「バンッ!」とか言われたら心臓止まってました。
ヤフオクの出品者にメールで聞こうかとも思ったけど
「あの〜すいませんが電磁弁ってどうやってつなげるんですかぁ? ウキッ?」
ってのもちょっとアホみたいなのでやめときました。
もしつなぎ方がおかしかったら教えてください。

で、設置した状態が下の写真です。

おお〜っ、やべ〜よ、かっちょええよ!
見栄えがいいので水槽の前の方にあえて見えるように設置してみました。
そしてコケに襲われたナナちゃんの隣でもあります。

気泡はこんな感じで出ております。

さて、これで水草が元気になってコケ撃退につながるのでしょうか。
乞うご期待です。


では最後に、昨日コケ撃退部隊として導入しましたトロピカルシュリンプ戦士団の今日の様子を報告します。

・・・完全に戦いに来たことを忘れております・・・。

投稿者 38brain : 01:39 | コメント (9) | トラックバック