2006年03月15日

ADA新潟本社NAギャラリー巡礼の旅・その3

bonさんとuchaiさんと3人で行った新潟へのADAのNAギャラリー巡礼旅行日記も今日で最終回です。

今回の旅行には、各自一眼デジカメのキスデジを持っていったのですが、レンズの方はそれぞれみんなバラバラでした。
今回、実は私はマクロレンズしか持っていかなかったのであります。
今までの写真も全てマクロレンズで撮ったものです。
案外マクロレンズとは言っても遠くからの景色も撮れたりするもんですよ。

まぁそういうことで、マクロレンズしか持っていかなかったということもあり、私はマクロ野郎と化して、なめるような写真もいくつか収めてきたわけであります。

やはり被写体がいいと写真も綺麗です。
ほんとADAギャラリーにはキスゴムにもコケ一つありません。

当然のことながら、上のように気泡もたくさん出てました。

さて、既にbonさんのこちらや、uchaiさんのこちらなどで記事にされていたのを読んで知っている方も多いかとは思いますが、今回の旅行では、実はNAギャラリー以外にもう一つ別の目的地もあったのであります。
それは新潟県立植物園です。


こんな建物。


当然このように植物いっぱい。
こんな花の写真を見ると、自分はどうしてもデジカメの機能を紹介するカタログの「参考写真例」を思い浮かべてしまいます(笑)。

で、ここの植物園になぜ行ったかと言いますと、ここには知る人ぞ知る、ADAが管理している水中庭園というのがあるのです。

まぁ、内部の全景を撮った写真はいまいちだったのでbonさんやuchaiさんのところの記事をみてもらうとして、自分はマクロ野郎ということでややマクロ的に攻めたいと思います。

水槽の数こそそんなに多くはないですが、上の写真のような感じにやはりADAならではのハイレベルなイカス水景が10数個置いてあります。

上のものもuchaiさんとbonさんも少し載せていましたが、ADAのおにぎり型メタハラです。
こんな形のものは初めて見ました。
非売品なのか、昔はこんな形のものもあったのか、よくわかりませんが、小さめでこれも素敵でした。

おまけで水景をもう一枚。
この植物園の水中庭園コーナーは周りが暗いので水槽がより際立ってていい感じでした。

では、最後にもう1枚だけ写真を載せて終わりにします。

この写真は、1日目の記事中にも載せたNAギャラリーに入ってすぐの横長水槽の隣にかかっていたシルバープレートです。
天野氏の言葉が刻んであります。

「小さな生命を愛せずして、大自然を語ることはできない。」
(There who truly love small life are deep lovers of Mother Nature.)

NatureAquariumの神髄はまさにここにあると感じました。

(NAギャラリー旅行記・完)

投稿者 38brain : 06:06 | コメント (8) | トラックバック

2006年03月14日

ADA新潟本社NAギャラリー巡礼の旅・その2

ということで、今日はNAギャラリー旅行記事の2日目です。
今日は前回の記事より個々の水槽に寄った写真をいくつか載せてみたいと思います。
もちろん全部の水槽の写真を撮ってきたわけですが、ここではそのうちのごく一部を紹介します。
全部見たい方はぜひNAギャラリーへ!(笑)

そうそう、なんか作ったばっかりの水槽が5個ほどあって、まだアクアジャーナルなどにも載せていないらしいのですが、ここでの掲載を遠慮しようかな、と思ったのですが、もうどれだったかわからなくなってしまったのでもしかしたら本邦(全世界?)初公開の水槽があるかもしれません。
天野さん、すいません。(苦笑)

1枚目の写真と、この2枚目の写真はけっこう大きめの水槽です。
やはり目の前にすると迫力が違います。
上の写真の水景、けっこうお気に入りです。
両側からまるでゾウの鼻のように伸びている流木も何とも言えません。
けっこう手前に白い化粧砂を敷いている水槽が多かったように思いますが、これいいなぁと思いました。
そのうち、うちでも手前に化粧砂敷くかもしれません(笑)。

これも大きそうに見えますが、実際はたぶん60cmぐらいだったと思います。
突き出した流木が素敵ですね。
この写真でもわかりますが、ほとんど全ての水槽がほんと水槽のギリギリまで水が入れられていたのが新鮮でした。
魚飛び出さないのかなぁ?なんて思うのは下拙でしょうか(苦笑)。

上の写真からはミニ水槽です。
と言ってもミニであることを言わないとまったくミニサイズに見えない迫力があるところがやはり一番凄いところです。
青龍石+草原みたいな水景にはやっぱりラスボラ系のオレンジが似合うなぁと思ったのでありました。

いやぁ見てください、このモッサモッサの迫力ある水景を。

別のミニ水槽ですが、横からの状態を写した写真です。
この横から見た水草の山はすごいです。
底砂ではなく、水草でギュウギュウで山になってました。
その立体感にただ感嘆するばかりです。

上の写真はミニ水槽のずらりと並んだところを激写したもの。

ん?
なんかこれと似たような光景を見たような気がするなぁ・・・
と思ったら・・・

前日の旅館での宴の時に日本酒9種が並んだ写真でした(笑)。

と、オチを付けたところで本日はここまで。
明日はおまけ写真と、他の新潟のある場所での写真をお送りします。

投稿者 38brain : 04:30 | コメント (15) | トラックバック

2006年03月12日

ADA新潟本社NAギャラリー巡礼の旅・その1

bonさんと、uchaiさんと、3人でこの週末に新潟県のADA本社にあるNA(ネイチャーアクアリウム)ギャラリー(詳細はADAのサイトのこちら)というところなど数カ所に1泊2日で行ってきちゃいました。

NAギャラリーは言わば水景をやっている人にとっては聖地なのであります。

そういうことですので、とても1回で終わってしまうのはもったいなさすぎるので、今夜から3夜連続「NAギャラリー巡礼の旅」シリーズをお届けします。

本日は第1回。

新潟へ行く高速はまだ雪が残っている可能性高し、ということだったので、駅までは新幹線で行き、着いてからはレンタカーを借りることにしました。

駅のホームに出るといきなり下のような魚のネットアート(ネットに色違いの紙で作った作品)に出会いました。

最初から魚ネタに出会うとは。
地震で被害が出たことで知られる山古志村の有志の方たちが作製したものとのことでした。

そして外に出てレンタカーの到着を待つと、そこに来た車は・・・

なんと日産の「キューブ」!!
こりゃ日々キューブ水槽に慣れ親しんでいる我々には狙ってこの車になったのではないかと思わせられる演出!
(もしかしてbonさんの演出だったのかもしれませんが。)

その後旅館に着いて、美味い料理とお酒を飲み、温泉などに入っていたら、すっかりいい気分になり枕投げをするのも忘れて就寝。
(旅館の話は後日もう少しだけ出る予定です。)

翌日、けっこう迷ったものの何とかついにNAギャラリーに到着!


上の写真は道路に面した門の入り口。
やはりADAカラーとも言えるシルバーメタリックなプレートがクール。


建物を外から撮った写真。
入口の松がまたいい雰囲気です。


上の写真の入り口近くにあるプレートの拡大写真。
アクリル板ですかね。
シンプルで、こんなところにもADAの美意識を感じます。

さて、いよいよ内部に入ります。

入ってすぐにあるのが上の写真の巨大横長水槽。
横は2mぐらい?もっとあるかもしれません。
いきなり度肝抜かれます。
ADA(天野氏)の創造した水景の代表作と言える石組み水槽にカージナルテトラが数百匹、優雅に群れていました。
はぁ〜これが天野ワールドかぁ、と圧倒的な美しさに興奮と驚嘆、そして放心しました。

内部はとにかく全てがメタハラ、ADA水槽。
整然と並ぶその水槽群だけでもうっとりしてしまいます。

本日は全体的な写真を載せてみましたが、次回は個々の水槽についていくつかクローズアップしてみたいと思います。

投稿者 38brain : 02:35 | コメント (21) | トラックバック

2006年01月30日

リリーパイプとか水草とか石巻貝とかコケとか。

今日はだいぶ時間があったので写真多めです。

先日チャームさんに頼んでいた商品が極めて時間通り届きました。

まずはこれ。

言わずと知れたADAのリリーパイプです。
ついに買っちゃった。
でもとりあえず出水側だけ・・・(苦笑)。

さぞシンプルになってスッキリするだろうなぁというのが当初の思惑だったのですが・・・、

実際はこのようにちっともシンプルにはなっていません。
と言うのも、例の抱卵したCRSのための隔離ネットと、
さらに来たるべきMacCube水槽に付ける予定の外掛けフィルターをとりあえず今ある水槽で回しておいてバクテリアを繁殖させようかな、ということで付けているからです。
まぁその2つがなくなったらだいぶスッキリすることでしょう。

で、上の写真にも載っていますが、新たなコケ対策部隊として石巻貝 x 10匹を入隊させました。
最近このアベニーちゃん&CRSの40cm水槽のコケがまた増えてきて、特にキューバパールグラスは手が付けられなくなりつつあるんですよ〜。
なのでこれから1週間ほど全力でコケ退治をしようと思います。

まずはコケ対策として手始めに、コケが付いていたヘアグラスを抜きまくりました。
上の写真のようにほとんどもう残っていません(苦笑)。

さらに、ライトの点灯時間を8時間から6時間に減らしました。

そして、上記のように石巻貝を投入(チャームさんよりついでに購入)。
これは青龍石のコケ対策です。
アベニーのパフィちゃんに食べられるかと思ってとりあえず3個だけ投入しましたが、1日経っても無事なようなので、きっと石巻貝はデカすぎて食料対象外なのでしょう。

そして、最強のコケ取り軍団、心に大和魂を持つヤマトヌマエビを3匹ほど60cm水槽から移してきました。

が、

なんと縄張り意識があったのか、CRSたちが自分よりも体格のでかいヤマトくんたちに対して攻撃を仕掛けてました。
あっち行け、あっち行け、って。
かわいそうなヤマト君、青龍石の上でふるえていました(汗)。
あ、オトシン君たちもコケ対策としていますよ。

まぁ、10分後ぐらいにはヤマト君もだいぶ落ち着いて、早速働き始めてくれてました。
このように、石巻貝は写真に写りたがり屋のようです(笑)。

さらには青龍石のコケ取りのために投入したのに、上の写真のように底砂の中に潜っていこうとしてたりします。
確かにそこは汚いけどさぁ・・・。

で、チャームさんから他にもいくつか購入していて、その一つが、水草のロタラインディカです。
60cm水槽に植えてみました。

最近、赤い水草に惹かれております。
先ほどの石巻貝の残り7匹はとりあえずこちらの水槽に入っています。

ロタラインディカの拡大写真はこんな感じです。

また石巻貝が(笑)。

投稿者 38brain : 01:21 | コメント (20) | トラックバック

2006年01月14日

割っちゃった・・・orz

けっこうガラスでできてるADA製品を割っちゃったという話を聞くので気を付けてはいたのですが・・・

ドロップチェッカー割っちゃいましたorz

キスゴムとの間に写真でもわかるようにコケが付着していたので、キスゴムから外して洗おうと思ったらなかなか外れなくて、ムキ〜ッ!と引っ張ったら割れた、という次第です。
ショボ━━━━ヽ(´・ω・`)ノ━━━━ン!!

仕方がないのでアロンアルファでつなぎました。
粉々に割れたわけではないのでなんとか大丈夫そうです。
みなさんもガラス製品には気を付けてくださいね。ふぅ。


ついでにお知らせ。

先日のプレゼント企画用のFLASH作ってます。
抽選器FLASHを作る予定が、せっかくFLASH作るんだからということで、ついつい頑張って余計なものまで作ってしまっており、ちょっとしたアクア3兄弟のプロモーションFLASHみたいになってしまいつつあります。


 ↑ FLASHの一場面。

日曜日夜頃にはできるかなぁ微妙だなぁという感じです。現在完成度は50%ぐらいかな。
1秒間に30フレーム動かしている高速FLASHなのでけっこうハイスペックマシンでないと苦しいかも?
抽選を申し込まなかった方にも楽しんでもらえるFLASHにしたいと思ってますが、さて、どうなることか。

投稿者 38brain : 07:55 | コメント (7) | トラックバック

2006年01月06日

ADA

うちのADAグッズもだいぶ増えてきました。

水草用の添加剤は今のところ、微量金属類を供給するための「GREEN BRIGHTY(グリーンブライティ)STEP 2」(写真左側の茶色いボトルの液体)と、特に鉄分の補給を強化した添加剤「ECA(エカ)」(写真左から2番目の小さなボトル)というものを使っています。
このADAの添加剤、さすが魔法の力を込められているだけあって、添加すると明らかに水草が元気になります。

しかし、時には魔法が強すぎてコケまで元気になってしまうのが玉にキズです。
近日、このECAについてはちょっとした実験をおこなってみる予定です。またECAについてはその時に詳しく紹介するということで。

で、ここから話は激しくバイオな方向に脱線します。

ADAと言ったら、アクアな世界でまず思い浮かべるのは、もちろんイカスアクアグッズを多数販売しているAqua Design Amanoなわけですが、バイオな人がまず最初に思い浮かべるのはAdenosine Deaminase(アデノシンデアミナーゼ;略してADA)という遺伝子なのであります。
ちなみにADA遺伝子のDNA配列はこんな感じ。

atggcccagacgcccgccttcgacaagcccaaagtagaactgcatg
tccacctagacggatccatcaagcctgaaaccatcttatactatgg
caggaggagagggatcgccctcccagctaacacagcagaggggctg
ctgaacgtcattggcatggacaagccgctcacccttccagacttcc
tggccaagtttgactactacatgcctgctatcgcgggctgccggga
ggctatcaaaaggatcgcctatgagtttgtagagatgaaggccaaa
gagggcgtggtgtatgtggaggtgcggtacagtccgcacctgctgg
ccaactccaaagtggagccaatcccctggaaccaggctgaagggga
cctcaccccagacgaggtggtggccctagtgggccagggcctgcag
gagggggagcgagacttcggggtcaaggcccggtccatcctgtgct
gcatgcgccaccagcccaactggtcccccaaggtggtggagctgtg
taagaagtaccagcagcagaccgtggtagccattgacctggctgga
gatgagaccatcccaggaagcagcctcttgcctggacatgtccagg
cctaccaggaggctgtgaagagcggcattcaccgtactgtccacgc
cggggaggtgggctcggccgaagtagtaaaagaggctgtggacata
ctcaagacagagcggctgggacacggctaccacaccctggaagacc
aggccctttataacaggctgcggcaggaaaacatgcacttcgagat
ctgcccctggtccagctacctcactggtgcctggaagccggacacg
gagcatgcagtcattcggctcaaaaatgaccaggctaactactcgc
tcaacacagatgacccgctcatcttcaagtccaccctggacactga
ttaccagatgaccaaacgggacatgggctttactgaagaggagttt
aaaaggctgaacatcaatgcggccaaatctagtttcctcccagaag
atgaaaagagggagcttctcgacctgctctataaagcctatgggat
gccaccttcagcctctgcagggcagaacctctga

このADA遺伝子はいったい何かと言いますと、アデノシンデアミナーゼ(ADA)というタンパク質を作ります。
アデノシンというものを分解する酵素なのですが、体の中で非常に重要な働きを持っています。
一番有名なのは、血液の中の白血球という細胞でこのADAが作られなくなると、免疫機能が働かなくなって死に至るという病気、「ADA欠損症」になるということです。
ADA欠損症患者は生まれつきこのADAを体の中で作れず、何も治療しないと乳幼児の時期に亡くなってしまいます。
このADAがなぜ他の病気の中でもなおのこと有名かというと、1990年にアメリカでおこなわれた人類史上初の遺伝子治療がこのADA欠損症を治す治療であったからです。
1995年に北海道大学でおこなわれた日本初の遺伝子治療もこのADA欠損症を治すためでした。
この遺伝子治療は、ADAを作ることができるように遺伝子を体に入れてあげる治療です。
これらの遺伝子治療を受けた患者さんは無事、現在も元気に生活しているようです。

「ADA」というものは、アクア界でも、遺伝子治療界でも、革命を起こした共通するキーワードなのでした。

もっと詳しく知りたい方は「ADA欠損症」で検索するとたくさん出てくると思います。ADA遺伝子について詳しく知りたいという方は英語ですがここから探るのがよいでしょう。


今日のエントリーはオチも笑いもなくてみんな引いちゃったかな?(苦笑)

おまけで、別のものでADAという化学物質もあるようです。
N-(2-Acetamido)iminodiacetic acid(略してADA)、
構造式は

こんなの。
緩衝剤(かんしょうざい;pHを安定させるための試薬。緩衝剤を入れるとちょっとやそっとじゃpHが変わらなくなる。バイオな世界で最もよく使われる緩衝剤はTris(トリス)と呼ばれるものです。)として使われるものらしいです。

また引いちゃった?(^ ^);

投稿者 38brain : 04:20 | コメント (20) | トラックバック

2005年12月10日

ドロップチェッカー

何気に普段よりも出張中のほうが更新頻度が高いような気もしたりする38brainです。
本日も小ネタを。
というかストックネタを作りすぎました(苦笑)。

ちょっと前に、珍しく照明の電気が点灯開始するときに家にいたので水槽を見てみました。
すると、ドロップチェッカーの色が、

わぉ、超青い!
という状態になってました。
青色はCO2が少ない時の色です。
うちでは消灯中は、エアレーションをしているのでCO2がなくなっているんですね〜。
そして、照明点灯と同時にCO2の供給が始まり、2時間ぐらいしたらドロップチェッカーの色が、CO2量適量を示す黄緑色になってました。
うちではだいたい平常時は黄緑色です。
2週間ほど前には40cm水槽を立ち上げた際に試しにCO2をガンガンに出したら黄色になっていたし、ドロップチェッカーってちゃんと働いてたんだぁと改めて感心しちゃいました。

投稿者 38brain : 03:46 | コメント (5) | トラックバック

2005年12月07日

バレングラスを綺麗にしましょ

モバイルからの初投稿です。
いきなりこんなにモバイルを使うとは思ってもいませんでした(*^_^*)


さて、CO2を拡散させて放出するためのバレングラス。
これ使ってるとすこぶる汚れます。
このバレングラスの上で魚が脱糞したりよくするんですよねぇ。
そこはトイレじゃないっちゅうに。
しまいにゃオトシン君がハマったりしてたし(笑)。
それに特に最初の頃はコケが発生していたのでその汚れも付いてます。
2ヶ月でこれぐらいになってました。
あまり汚れると、CO2の泡も細かくなくなってきますし、掃除が必要です。
しかし、放出する表面をあまりゴシゴシと洗ってはいけないとのこと。
そこで登場するのがこれです。

ADAのSUPERGE(読み方はスーパージー?)です。
ガラスを洗浄するもので、まぁキッチンハイターみたいなものですね。
ADA製品にしては珍しくお手頃価格で、たしか600円ぐらいだったと思います。

この希釈液につけること30分ほど。

最初、

こんなだったものが、
30分後には・・・、

ワァ〜ッ!(テレビショッピング風に。)
あら、ビックリ!
新品の輝きです。
擦らずとも綺麗になってくれるので楽でよいです。
たまには掃除しないとねっ。

投稿者 38brain : 00:33 | コメント (8) | トラックバック

2005年12月03日

青龍石とCRSのその後

「せいりゅうせき」と入力すると一発で「青龍石」と変換されるようになった我が家のiMac。
だんだんATOKの変換システムもアクア仕様になりつつあります(笑)。

さて、先日リニューアルして初の青龍石石組みを組んでみた40cm水槽ですが、先日は

このようになんかまるで立体感が微塵も感じられないイケテナイものが出来上がってしまって(´・ω・`)ショボーンとしていたわけですが、あれから石組みをゴソゴソと場所を入れ替えたりなんかして、現在は下のようになりました。

多少は最初よりは良くなったのではないかと自分では思っているのですが、どうでしょうか。
でもまだなんかイマイチ度がかなり高いんですよねぇ。
う〜む、いったいどうしたらいいんだろう・・・。
激しくヒーターが邪魔なのでまずはこれをどうにかしないと。
それに、早くキューバパールグラスが底面を覆ってくれると少しはマシになるような気もするのですが、なかなか増えてくれません。
金に物言わせて(そこまで言うほどのものでもないですが)追加で購入して一気に草原にするか?!
とイヤラシイことも思いましたが、最近金使いすぎで財布の中も(´・ω・`)ショボーンなので、ここはグッと我慢して、もうちょい様子を見てみようと思います。

で、先日の100日連続更新記念にbonさんとuchaiさんにもらった3匹のCRSですが、ちゃんと3匹とも元気です。

そして先日はこんなものを見つけました。

激しくピンボケですが、CRS君が脱皮してました。
ちゃんと育ってくれてるのね・゚゚・(ノд`)・゚゚・お兄さんはうれしいYO!

おまけですが、左のメニューにある水槽の紹介ページをブログ開始して3ヶ月半してようやく作製しました。
今日は休日ということで激しく書きまくっちゃいました。
ご興味のある方は左のメニュー部分をご覧いただけましたらうれしいです。

投稿者 38brain : 06:23 | コメント (22) | トラックバック

2005年12月01日

赤い水草

赤い水草(名前は忘れましたヽ(´A`)ノ )を60cm水槽に入れてみました。
久々紹介(そうでもないかな?)の60cm水槽の全景は下のようになりました。

ショップでは水草の前にたぶん30分ぐらいはいました。
以前、トロピランドというお店で流木を1時間ぐらいあさっていたこともあり、その時は一緒に行ったuchaiさんがあきれてました(笑)。
どうもハマると何事にも時間を忘れてしまいがちになります(汗)。

今回の水草はティアラ町田店で購入したんですが、水草の前であっちへうろうろ、こっちへうろうろしている私が気になったのか、ショップのおじさまが話しかけてきました。
なにやら色々と話してくれましたが、半分ぐらいは忘れました(  ̄ー ̄)。
水草のところにずっといたから、私を水草マニアかと思ったのかもしれません。
どうやらこの赤い草はなんとかという水草(やはり名前忘れました)の変種らしいです。

で、赤い水草といったら気になるのはやはり色抜けです。
以前も実は少しだけ赤みがかった水草を入れたことがあったのですが、今となってはすっかり普通の緑色の草になってしまいました。
どうやら赤い水草には鉄分が重要らしいですね。
この辺の話はバイオなコーナーでいずれ話すとして・・・
このショップのおじさまと話す前に実は既に左手にはADAの、

この「GREEN BRIGHTY STEP 2」を握りしめてました。
この商品には鉄分をはじめとした水草に必要とされるミネラル成分が配合されているらしいです。
そこで、ショップのおじさまに聞いてみました。
「このADAのSTEP2だけで鉄分足りるでしょうか?」
と。
そしたら、ある程度予想はしていたものの、
「ADAだったらECA(エカ)の方が効くよ」
とのこと。
しかし、さらに、水草添加品コーナーに連れていってくれて、
「でもこれが一番効くよ」
と言って、E15という商品を紹介してくれました。
このE15というものはタブレット状のもので、やはり鉄分が豊富に含まれているものらしいです。
おじさま曰く、
「水草マニアはこれを使っている人が沢山いるし、私の水草の師匠もこれ使ってるよ、やっぱりこれが一番すごいよ」
とのことでした。
へ〜、という感じで、水草を愛していることは間違いないおじさまに感謝し、一回手に取ったものの、その値段(たしか2500円ぐらい。ECAとほぼ同じ。)にちょっとビビったので、店内を1周してE15を棚に戻し、その日はADAのSTEP2だけ購入して帰ってきました。

そして数日後の今日。

やはりADA信者の自分は、ネットでADAのECAの購入ボタンをポチッとしてしまったのでありました・・・。

ごめんね、ティアラのおじさま。

投稿者 38brain : 04:00 | コメント (8) | トラックバック

2005年11月15日

青龍石 登場 !!

(追記)
(今日の午後10時半頃まで本日の記事の画像が見られなくなっていました。
これはカラーをRBGというのでいつも保存しているのですが、今日のだけCMYKというものになっていたためでした。
なぜかMacだと見えるのにWinだと見えなかったので気が付きませんでした。
失礼しました。
ebitaさん、Winで見えないことを指摘していただきありがとうございました。)


ついに買ってしまいましたよ〜!!

今回の40cm第2水槽改造計画、別名 「目指せエセADA計画」 のメインとなるブツです。
ネットショップにて、9個3000円(たしか?)の破格値でゲット。
(今だから破格値なんて言えますが、数ヶ月前までは石に数千円も出すなんて考えられませんでしたね。)

もうこれさえあれば、オトナも、コドモも、オネーサンも、みんな気分はADA!!

とりあえず青龍石を配置すればエセADAになれるんじゃないかと、今回の計画はまさにこれに尽きます(笑)。

今週末辺り、40cm水槽の水景を改造しまくり、なんとかエセADAに挑戦してみようかと思ってます。
今からワクワクで、今ハヤリのドキがムネムネです。

もう待ちきれないので、フォトショップとイラストレーターを駆使し(とは言ってもちょっと前のイラストに引き続き完全手抜きの絵ですが)、上の石の写真をトレースして切り取り、バーチャル水槽を作って、あ〜でもない、こ〜でもない、と夜な夜なパソコン上の仮想石を回転させたりしながらいじってみたりしてました。
完全にあやしい人です(笑)。


 ↑こんな感じ。う〜ん、ADAっ!!

日曜日頃までADAカタログなどで復習しておかないと。

学生時代もこれぐらい勤勉だったらなぁ、という思いがよぎる、2005年の秋でした。

投稿者 38brain : 04:44 | コメント (6) | トラックバック

2005年11月14日

第2水槽プロジェクト・早くも頓挫気味orz

実質3日間家を空けていたのでコメントレス等遅れまして失礼しました。
まだフードタイマーを購入していなかったため、ほぼ丸3日間餌がない状態で、外出先でも魚たちのことが非常に不安でしたが、帰ってきてみたらみんなピンピンしていて安心しました。
(餌の食いつきがいつも以上に激しかったことは言うまでもありませんが。)

しかし、唯一ガジョ〜ンな事がありました。
それが40cm水槽のヘアグラス(水草)です。


こちらは60cm水槽のヘアグラス。


そしてこちらが40cm水槽のヘアグラス。
既に絶滅寸前・・・。

60cm水槽の方は電磁弁を使ってタイマーでCO2をちゃんと添加していたのですが、40cmの方は電磁弁&タイマーをまだ買っていなかったため、魚が酸欠になるのを恐れてCO2を出していなかったんです。
やっぱりヘアグラスはCO2が大切なんですねぇ。
たった3日間与えなかっただけでこんなになってしまうとは・・・orz

早くも40cm第2水槽プロジェクトに暗雲が立ちこめ始めております。

なんか昨日の記事で一部の方を期待させてしまうような事を書いてしまいましたが、今回の40cm水槽改造計画では、
「見た目はエセADA風に、そして水槽周辺はできるだけ金をかけず」
という方針で進めさせてもらう予定ですので期待しないでください。
これは全て私の現在の財布のせいでございます(爆)。
オールADAなんてムリムリムリムリ。

ってことで、まずは無理矢理40cm水槽のCO2環境について書きます。

今回購入したシステムはADAではなく、マーフィードの「CO2フルセットEZ」というものです。


↑これ。

なんと言っても安い!
前買ったADAの約半額です。
でも一応ディフューザー(拡散器)部分が最近ガラス製にパワーアアップしたらしいので見た目はそれほど悪くないです。

こんな感じです。
実は今日の写真のうちこれだけ一眼デジタルカメラで撮った写真なので、一見実物以上に素敵に見えます。

まぁ本体の値段よりも今回気にしたのはCO2ボンベの値段です。
ADAの純正のものは74gでだいたい1000円はするのですが、他の安いボンベは60gちょい入って300円ぐらいでオークションとかで買えるんですよ。
ADAのものはADAのボンベしかつなげないので(一部変換コネクタも売ってますが)、コスト的にも今後の事を考えるとだいぶ違うので、第2水槽は妥協して上のものにしてみました。
コストを考えればミドボンと呼ばれる緑色のボンベに入った業務用のでっかいものが一番安いのでしょうがさすがにそれを室内に置くスペースはないので。

しかしまぁ、上のセット商品、さすが安いだけあってボンベを支える台も入ってません(´・ω・`)

なので・・・、

こんな感じでついこの間までマグカップでおさえてました(笑)。

で、つい先日ショップに行って台を買って、下のようになりました。

結局ADAの台をついつい買ってしまったADA教のアホ信者な自分でした(笑)。

投稿者 38brain : 04:52 | コメント (8) | トラックバック

2005年11月10日

どうする、おれ?! そしてADAカテゴリー追加。

え〜まずはネタから。
先日、コケ対策用の木酢を買いに行ったときに、カーナビに従ったばっかりに左折禁止で捕まって罰金7000円の切符を切られた話を書きましたが、まだ振り込みしてなくて、今日、そういえば!!!と思い出して切符を見てみました。

しまった〜!!!
払い込みの期限切れてる〜!!!
それもご丁寧に「納付期限後に納付することはできません。」って書いてあるし〜!!!


どうする、おれ!?

いや、マジで。

どうするよ、おれ!
やっぱ海外逃亡か?!
父さん、母さん、先立つこの親不孝者をお許しください・・・。

と思いましたが、ネットで調べたところ、期限が切れた場合はまた振り込み用紙が送られてくるらしいので、審判の赤紙を黙って待つことにします。
マジで焦りました・・・。
あやうく木酢のせいでブタ箱入りかと思いました(それは冗談ですが)。


さて、ここからはちゃんとアクアな話題です。

またもやADAグッズを手に入れてしまいました。
これです。

2004年版のADAのカタログです。
前回に引き続きヤフオクにてゲット!
もはや完全にADAに洗脳され、コレクターの域に近づきつつあります。

中身はと言うと...

いきなり開いてすぐに予想だにしなかった水槽の奥にいる我らが師の姿が目に飛び込んできたのであやうく噴飯しそうになりましたが(ウソです、すいません)、思いとどまりなんとか崇め奉りました。

もしかしたら2005年版とほとんど同じなんじゃないかと危惧していましたが、そんなこともなく、一部は同じのもあったような気もしますがほとんどが見たことないもので、改めて感動しました。

ちなみについに、ここのブログのカテゴリーに「ADA関連」というものを追加してしまいました(笑)。

もうちょっとだけ中身を紹介しますと、

おおっ、これはあこがれのADA本社にあるNAギャラリーではないのですか?!
行ったことがある方、見覚えありますか?
いいなぁ、やっぱり素敵だなぁ。

あ〜やっぱり青龍石だよなぁ、などと何が「やっぱり」だかよくわからないことを思ってみたり。

さすがADA、またどっぷりとはまってしまいました。

投稿者 38brain : 05:05 | コメント (5) | トラックバック

2005年11月09日

Mac復活祭&ADAカタログ

今日からはまた一眼デジカメを買うまではショボイ携帯デジカメ画像でご勘弁ください。

修理のドナドナ旅行に行っていたiMacが無事に帰ってきました。

例の彼らもお祝いに駆けつけてくれました。


↑上の写真の拡大図。

交換部品はロジックボードとパワーサプライとのこと。
・・・それってほぼ全部じゃん!
相当ハードに使ってたからなぁ。
せめてあと2年ぐらいは頑張って欲しいものです。
ということで、再びMacでの更新再開しました。

さて、samuraicowboyさんのGLASS CUBE AQUAでも紹介されてましたが(ネタを書こうと思ったら先を越されてしまいましたが、気にせず同じネタで書かせてもらいます(笑))、先日熱帯魚ショップに行った時にたまたまこんなものを見つけました。

ADAのミニパンフレットです。
もしかして最近配り始めたのかなぁ?
運が良かったのかもしれません。

例の1年に1回出るらしいADAの無料の分厚いカタログに比べたらだいぶ薄いですが、それでも他の会社のカタログにはない充実した内容となっておりました。

こんな感じにレイアウトの基本とか、勉強になることがたくさん載ってました。
今週末はみなさんもお近くのADA商品を売っているショップへ足を運んでみてはいかがでしょうか?
お前はADAの回し者かい!ってツッコミが聞こえてきそうですが、

違います。

ただの信者です(笑)。

投稿者 38brain : 04:37 | コメント (9) | トラックバック

2005年11月02日

ドロップチェッカー

今日はちょっとした小物を紹介します。

ADA社のドロップチェッカーというものを取り付けてみました。
さすがADA社の物のデザインは素敵ですよね。
ほぼデザインだけに惹かれて買ってしまいました。
水中のCO2濃度を色で検出できるものだそうですが、これに使う色のついた試薬はpH試験試薬と同一のようです。
どういうことかというと、きっと・・・

こういう風に水中のCO2が蒸発して試薬に達すると再び試薬にCO2が溶け込んで試薬のpHを変化させるため色が変わるのでしょう。
CO2以外の影響は受けない、と説明書に書いてありました(絶対ではないとは思いますが)。
まぁ気休めのような気もしないでもないですが、よしとしましょう。
ガンガンにCO2を出して色が変わるかどうかをみてみたいのですが、魚たちに被害が及びそうなのでやめときます。


ここで終わると少し短いので、おまけを。



例の7000円の罰金切符の写真です・・・orz


そうそう、大変なことを忘れてました!

今朝起きたら大事件が起こってたんですよ!!!

うちのMacが先日修理に出て行ってしまったという話を書きましたが、

その本体亡き状態のキーボードとマウスが今朝起きたら大変なことになってたんですよ。

以下そのときの状態を激写したものです。

これです!!!

  ↓


(何気にクリックすると拡大されます)

投稿者 38brain : 04:00 | コメント (8) | トラックバック

2005年10月25日

ADA CO2 ADVANCED SYSTEM買っちゃった〜!!!

ついにADAのCO2添加システム「ADAアドバンスドシステム」を買ってしまいました〜!


ADA キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

このシステムはネットで新品を買ったのですが、ついでにこのシステムにつなげられてCO2の添加をタイマーでオンオフをコントロールできる電磁弁(ADA EL-VALVE)ってのもヤフオクでゲットしました。

さ〜て、早速ワクワクしながら組み立て開始です。

が、ここで思わぬ問題発生!

電磁弁ってどうやって使うの???


上の写真の左側が買ったシステムに付いてきたボンベとつなぐ部品で、右側がヤフオクで買った電磁弁ってやつなんですが、つなぎ方がわからない・・・。
電磁弁の方はヤフオクで中古を買ったせいで説明書がないんです。
初めてなのでわからないんです・・・。これは困った。

とりあえず、え〜い、

と、適当につなげてみました。

が、ここでさらなる問題発生!
適当につなげたまではいいのですが、今度は外せなくなっちゃいました。
プチパニックですよ!
ウキッ? ウキキッ???
と猿になりながら、なんとか緑の部分を押さえながら引っ張ることで取り外せました。
いやぁ焦った。

でもまぁたぶんここしかつなげる場所が見あたらないのでこれでよしだろう、ということで次のステップへ。
次はチューブをつなげてみようとしました。
が・・・

OH, NO〜!!!
やっぱり電磁弁のつなげ方は、こうじゃないのか?!

うむむ、あなどりがたし、電磁弁。(っていうかマニュアル欲しい)

ん?そうか、これか!
ということでメインの箱の方に入っていたものを取り出して・・・、

という状況になりました。
なんかヤケに長くなってしまったけどこれでいいのかいな。

で、このあと試しにCO2を出してみたらちゃんと出たのでたぶんこれでいいのでしょう。
いやぁボンベが爆発でもしたらどうしよう、と、ちょっとドキドキでした。
たぶんボンベにつなげてる時にうしろで「バンッ!」とか言われたら心臓止まってました。
ヤフオクの出品者にメールで聞こうかとも思ったけど
「あの〜すいませんが電磁弁ってどうやってつなげるんですかぁ? ウキッ?」
ってのもちょっとアホみたいなのでやめときました。
もしつなぎ方がおかしかったら教えてください。

で、設置した状態が下の写真です。

おお〜っ、やべ〜よ、かっちょええよ!
見栄えがいいので水槽の前の方にあえて見えるように設置してみました。
そしてコケに襲われたナナちゃんの隣でもあります。

気泡はこんな感じで出ております。

さて、これで水草が元気になってコケ撃退につながるのでしょうか。
乞うご期待です。


では最後に、昨日コケ撃退部隊として導入しましたトロピカルシュリンプ戦士団の今日の様子を報告します。

・・・完全に戦いに来たことを忘れております・・・。

投稿者 38brain : 01:39 | コメント (9) | トラックバック

2005年10月20日

目指せイカス水草水景の巻 〜その弐〜

微妙に昨日の続きです。
昨晩、待ちに待っていたものが到着しました。


ADAのカタログキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ショップに行っても人気があってすぐなくなってしまうからなのか、全然置いていないので仕方なくヤフオクでゲットしました。

これはやばいです、マジで!
未だかつてこんな美しい会社のカタログがあっただろうか。
ボリュームもすごい。
全144ページです。こんなの本当に無料でもらっていいんでしょうか。


こんなのとか、


こんなのとか、目から鱗だけでなく眼球自体も取れてしまいそうな美しすぎる水景写真が目白押しです。
もはやこれは写真集です。


当然商品の紹介ページもあるのですが、これまた美しいレイアウトで商品が芸術作品のようにすら見えます。


さらに驚いたのが、ただ単に商品を紹介するだけでなく、こういったおまけ的な(おまけのレベルを脱していますが)勉強になるアクアリウムを構築する上でのテクニックとか知恵などの紹介ページも豊富です。

やばい、完全にADAに洗脳された・・・。
こりゃ今週末にも(以下略)

新潟にあるADA本社に、神がかり的なネイチャーアクアリウムを構築する天野氏の生作品が見られる「NAギャラリー」というものがあるらしいです。
先日cube60さんが実際に行かれた記事を見て猛烈に羨ましかったです。
あ〜、紅葉の中、新潟までドライブってのもいいなぁ・・・。

投稿者 38brain : 03:47 | コメント (5) | トラックバック