2007年06月07日

うちの水槽でのもっともミステリィなこと。

うちの水槽には2匹のアベニーパファ(淡水フグ)がいます。
言うまでもなく最高にかわいいですw。

体が大きくやや色が濃い方を「ぴくるす」、体がぴくるすより小さく色が黄色っぽい方を「ぱふぃ」と名付けました。
余談ですが、まだ飼う予定はないですが、次にもう1匹飼うとしたら名前を「ぷりん」とすることだけは決まっていたりします(笑)。

さて、そのぱふぃとぴくるす。
ぱふぃの方は水槽に近付くだけでこちらに寄ってきて非常に愛想がよく、アカムシもよく食べます。
ところがもう1匹のぴくるすの方は今流行の(?w)引き籠もりがちで、時々しか出てきません。

なのでぴくるすの方は、実は3日に1回ぐらいしかアカムシをあげる時に見つけられず、アカムシ食べられない日が多かったりします。

ところが、ここがミステリィなのですが、アカムシを食べていないにも関わらず、なぜかいつもぴくるすのお腹はパンパンなのです。
う〜む、いったい何を普段食べているのか、いつも不思議で仕方がありません。
魚もエビも減っているようには見えないし・・・。
もしかして水草でも食べたりしてるのでしょうか?まさかバクテリアを食べてるの?

そんなアベニー、皆さんのところにいたりしますか?

特に今回の記事には結論もオチもありません(苦笑)。

コメントレスまたもや遅れてます。うむむ、今晩こそは!

投稿者 38brain : 07:39 | コメント (17) | トラックバック

2007年05月27日

75cm水槽の紹介・その1

本日は今までまだ書いていなかった75cm水槽の全体的な紹介記事をようやく書くことにしました。
余りにも長くなったので2回に分けます。
1回目は水槽と生体編。

まず水槽、こちらはADA社の75-Pという水槽。
横75cm x 奥行き 45cm x 高さ45cmです。
やはり水槽のクオリティを考えるとADAははずせないかなぁ。
横60cmの水槽から75cmの現行水槽に切り替えた当時は奥行きが30cmから45cmにアップして、その15cmの差がものすごく広く感じたものです。
現在60cm水槽をお持ちの方もぜひこの15cmの差は感じてみてもらいたいものです。水草植えても植えても埋まりません(笑)。

さて、ではここからは生体(お魚)編。

言わずとしれた水槽内のアイドル、アベニーパファ。
世界最小の淡水フグで、キョロキョロとした目とぷよぷよと泳ぐ姿は愛嬌がありまくりでやはり最高にかわいい。
ほとんどアカムシしか食べないのがちょっと大変だけど、でもピンセットで手から直接あげてなついてくれるし、この萌えはやめられないw。
大きさは2〜3cmぐらいかな。
時々他の魚のヒレをかじる子やアカムシ以外も食べる子や、なつきやすい子、引き籠もりな子などなど個体によって個性がけっこう強いのも特徴かもしれませんね。

一緒に映ってるのはグリーンネオンとテトラオーロ。
グリーンネオンはネオンテトラの赤い部分がほとんどなくて青い線が1本入っているという感じですね。
でも大きさは3cm程度と小さめ。
テトラオーロも同じぐらいの小型の魚で尻尾の黒い斑点がチャームポイント。
オス同士が喧嘩してる時にヒレを広げる姿がけっこうかっこよい。


こちらはボララス・ブリジッタエ。
ボララス属はコイ科のラスボラ属の中で特に小さい個体を分けて名付けられた属で、大きさは2cm〜3cm程度。
現在約30匹。いずれこの個体を100匹ぐらい入れてみたいという野望があります。
状態がよい時の赤い色が非常に綺麗で群れをなすと最高(下の写真参照)。

上層にいる時が多いですね。


これはブルーアイ・ラスボラ。
ショップでは3cmぐらいにしかならないって書いてあったのに、今やたぶんうちの水槽内で2番目に大きい。4〜5cmぐらいになってます。
しかもブルーに目が光らなくなってきたし。もう歳なのかなぁ。
かなり最初の頃に飼い始めたからそろそろ2年ぐらい経ちます。
最初10匹いたはずですが、飛び出しなどもあり残り2匹。風前の灯火的ですが、残りの2匹は仲が良さそうです。
うちの魚はこれ以外もだいたい飼い始めて2年になる魚が多いです。


で、うちでいちばん大きいのがこちらのガージナルテトラ。
ネオンテトラの赤い部分が体の下全体に入っている個体です。
大きさは現在Maxで5cm超えてるかも、でかいです・・・(苦笑)。
ネオンテトラ系は色味だけでなく個体の大きさも差があって、
カージナル>ノーマルネオン>グリーンネオンの順ですね。


続いて壁ひっつき系のお掃除屋さん。

オトシンクルスです。
大きさは4cmぐらいかな。細身なのであんまり目立たないですけどね。
昔はけっこう早死にしちゃう個体が多かったけど、今入れてる3匹はかなり長寿かも。
エサの供給バランスがちょうどいいのかな。
水槽面とか水草のコケをハグハグする姿は愛らしいですよね〜。


こちらは石巻貝とサザエ石巻貝。
普段は壁にくっついてますよ。
ノーマルの石巻貝(下の方)は逆さまになると起きあがれずに昇天してしまうというなんともオチャメ(?)なやつ。
少しだけお値段高めのサザエ石巻貝(上の方)は殻にトゲトゲが付いてて転んでも自分で起きあがれる強いやつ。

続いて底もの系。

コリドラス・ジュリー(右)とコリドラス・ステルバイ(左)です。
現在ジュリーが4cm、ステルバイが3cmぐらいかな。
底をハグハグする姿がかわいいですよね。コリドラスを飼うなら白系の化粧砂がおすすめ。
というか、ソイルみたいなゴツゴツした底だとヒゲが溶けちゃったりする時もあるようですし。


先日あげて数がかなり減りましたが、まだ何匹かいるアルジーライムシュリンプ。
髭コケも食べるという最初の噂でしたが、うちではイマイチその効果はよくわかりませんでした。
ミナミヌマエビとほぼ一緒の見た目。小さめで2cm〜3cmといったところでしょうか。


やはりコケ取り部隊といったら彼が最強、ヤマトヌマエビです(写真ではコリドラス用のタブレット食べてますが、苦笑)。
まぁ約4cmぐらいと大きめなのがあまり好きじゃない方もいるようですが、コケ取り能力はやはり一番ですから外せないですね。
淡水だと予想外の爆殖が起こりえないのも安心できていいです。

以上、生体のご紹介でした。
現在は、
ボララス・ブリジッタエ 約30匹、
アベニーパファ 2匹、
カージナルテトラ 約5匹、
グリーンネオン 約3匹、
ブルーアイ・ラスボラ 2匹、
テトラ・オーロ 約5匹、
オトシンクルス 3匹、
石巻貝 約5匹、
サザエ石巻貝 1匹、
コリドラス・ジュリー 1匹、
コリドラス・ステルバイ 1匹、
ヤマトヌマエビ 約3匹、
アルジーライムシュリンプ 約10匹、
ぐらいがいます。
密かにロイヤル・ファロウェラっていうオトシンの長くてかっちょよいヒレが付いてる魚を欲しいなぁと思っているんですが、なかなかショップで出会う機会がなくて仲間に入れられていません。
今後はそのファロウェラ1匹とボララス・ブリジッタエ数十匹ぐらいを今のところ追加の予定として考えています。

では、近日、「水草・機器編」を書くと思います。

投稿者 38brain : 06:53 | コメント (25) | トラックバック

2007年04月18日

兎夢さんブログ、テレビに出る! with 眞鍋たんw

皆さん、ニュースです!
なんと、つい先日、ブログ仲間である兎夢さんの「THE SUISOU」ブログがテレビに出たんですよ〜。
BS日テレ(BSデジタル4チャンネル)で放映中の「眞鍋かをりのブログッズ」っていう番組でブログを紹介するコーナーがあってそこで紹介されたんです〜。

初めてこの番組見たんですが、眞鍋さんの他に、ショコたんと山咲トオルさんが出てました。
もちろん自分もハードディスク付きテレビで予約して(実は初回は忘れて再放送を録画したのですがw)、見ちゃいました〜!

もっと詳しくは兎夢さんのブログの「こちら」に記事が書いてありますのでご存じでない方は是非一度ご覧あれ。
兎夢さんの「THE SUISOU」は、うちからリンクを張らせてもらっているブログの中でも最もお気に入りのブログの一つです。
魚たちの日常をコミカルに描きつつ、彼らへの愛が非常に濃く感じられる素敵なブログです。

番組始まってもなかなか紹介コーナーが始まらず、
まだかなぁ〜・・・、まだかなぁ〜・・・、それにしても眞鍋タンの太ももは反則だなぁ・・・、やっぱショコたんよりも眞鍋タンだな・・・、あれ?ショコたんの名字って浜田だったっけ?ん?中川翔子と違うのか?・・・

などと思っていたら
(実際はフェルマーの最終定理を解きながら見てました(オオウソw)・・・


キター!!!!!

アベニーパファのHooちゃん、画面いっぱいに紹介されてました〜!!

しかし、アナウンサー、思いっきり間違えて「アベニーパファ」じゃなくて「アベニーパフェ」って言ってました(苦笑)。

さて、なんとここでその証拠映像をご紹介!
(大丈夫かな?ま、警告来たら消します、(^ ^);
(音が出るので注意!スタート映像が微妙なのもご勘弁w)



ねw。
しかも眞鍋タン、食べようとしてるし(苦笑)。

まぁそれはさておき、いい記念になりましたよね〜。
こりゃ永久保存版です。

えと・・・、
じゃあ、最後に、うちのぱふぃと自分から一言・・・


あはは。

兎夢さん、今後とも楽しいブログ期待してますよ〜!

投稿者 38brain : 04:57 | コメント (15) | トラックバック

2007年02月14日

いちゃ、いちゃ。

バレンタインデーですね。
1年のうちでクリスマスの次ぐらいにイチャイチャ度が上がる日ではないでしょうか?
あ、チョコ大好きです。w

・・・ん・・んっ、・・・さて、うちでも相当な、いちゃいちゃです。

水槽内がね・・・。


こっちで、いちゃいちゃ・・・。


あっちで、いちゃいちゃ・・・。

・・・・・(苦笑)。

・・・ま、いいことです。


明日(木曜日)は大阪に出張だったりします。
バレンタインどころじゃなく、プレゼン書類作ったりで半泣きです。
それも残念ながら大阪は日帰りです。
あ〜、みなとさんのこんな記事にあるような、自分もアクアなマインドがラボラトリーしちゃうようなイベントが欲しいなぁ〜(笑)。

投稿者 38brain : 04:21 | コメント (28) | トラックバック

2007年01月30日

おしり

え?おわり?w

おまけ

なんかよくわからないけど、昨日はユニークアクセスが644件もあったみたい。
う〜む、いいのだろうか・・・(汗)。
もうちょっとちゃんとした記事書かないとねぇ・・・(苦笑)。

投稿者 38brain : 06:56 | コメント (25) | トラックバック

2007年01月24日

ついにここまで来ました。

今年公開予定の映画『そのときは彼によろしく』というもので、ADAの水槽が登場するというのはここ最近のアクアリストの話の種であります。
主演は長澤まさみさんとのこと。
ここで、「odkのお馬鹿Blog」のodkさんと、「小箱に舞うは宝石か」のmurapyさんと私の3人で猛烈にmixi内で協議し、熟考に熟考を重ねた結果、以下のような推論(妄想)が導き出されました。

映画で綺麗な水景を若い子がたくさん見る
 ↓
私もやってみたいという人が続出
 ↓
ネット上でアクアの情報を得ようと探す
 ↓
女の子はアベニーパファの可愛さにやられる
 ↓
アベニーのブログが大人気
 ↓
ここのブログでアベニーの記事を書きまくる
 ↓
女の子がここのブログに大集合
 ↓
ヽ( ・∀・)ノ ワーイ

ということで、ここのブログ「AM2 - aquamind 2 -」は・・・、

本日からアベニーの萌え写真をとことん追求するブログ、
その名も「AM2 - Abenie Moe 2 -」(アベニー萌え2)となりました!

上のサイトの題名もFLASH作り直したのでぜひ見てね〜。

そんなわけで、「AM2 - Abenie Moe 2 -」を今後ともよろしくお願いいたします〜!!


って、もちろん冗談ですw。
次回更新までの限定です(笑)。

と、まぁこんなアホなことは置いといて、アベニーちゃんの記事を普通(?)に書きます。

うちのアベニーちゃん、「ぱふぃ」と「ぴくるす」と名付けた2匹がいるわけですが、それぞれ個性が違います。

ぱふぃは体色がやや薄い黄色で、非常になついていて水槽に近付くとピュ〜ッと飛んできてくれます。
一方のぴくるすは、体色がけっこう黒っぽい黄色で、それなりになついてくれてはいるものの、ぱふぃよりも体格が一回りデカイくせにけっこう臆病者で、ちょっと物音を立てたりするとすぐに奥の方に逃げていって隠れてしまいます。
普段もぱふぃの後ろをチョコチョコと付いていく姿をよく目にします。

そんな2匹ですが、ぱふぃの方は本当になついてくれて、ついにこんな状態まで来ました。

 ↓

うひゃ〜っ、もう食べてしまいたいぐらい可愛いです!(完全親バカw)

単にお腹が空いてアカムシ欲しさにやっているわけではないと思うんですよ。
お腹いっぱいの時も寄ってきてくれるので、やっぱりなついてくれているものだと信じてますw。
あ、決して普段から手を水槽に突っ込んだりはしてないですよ(苦笑)。
パレングラスのチューブが外れていたので直そうとして手を入れたら寄ってきたんで、急いで写真を撮ってみました。


そしてさらに、またもやこんな萌え写真を撮ってしまいました。


(この写真はクリックすると超拡大されます)

くぅぅぅぅぅぅ〜っっ!!!
ウルトラ激萌え〜!!w

ちなみに左がぱふぃ、右がぴくるすです。
(ぴくるすが何か間抜け顔ww)

そんなこんなで来たるべくブログに女の子が押し寄せる日に向けて、日々アベニーの写真を撮る技を磨いている自分でありました〜。

投稿者 38brain : 04:39 | コメント (33) | トラックバック

2007年01月14日

愛するがゆえに・・・

本日はアベニーに萌えて悶絶死するかもしれません(笑)。
覚悟のほどをw。

CO2の話は次回にして、我慢できないので、こちらを先に書くことにしました。

アベニーパファの「ぱふぃ」を飼っているMac水槽、猛烈に石組みしてましたが、あっさりと石をだいぶ減らしました。
酸処理して猛烈に石組みした記事はこちら。)
現段階ではかなり適当でソイルも散らばってます。
このたった19cmのキューブ水槽に猛烈に青龍石が入っていたものの、最初の頃は酸処理のおかげかGH(総硬度)が5ぐらいしか出ませんでした。
まぁこれならいいかな、と思っていたんですが、週を経るごとに徐々に戻ってきて、先日は再びGH9ぐらいまで戻ってました。
まぁ石をのぞいたのはGHのためではないんですけどね。
やっぱシンプルな方がいいかなって。
この水景は75cmで伸びてきたテネルスを植えて、テネルス+何個かの青龍石にしようと思います。

まぁ、それはさておき、今日はアベニーちゃんの話ですよw。

このMac水槽で飼っているアベニーのぱふぃ。
後からもう1匹のアベニーの「ぴくるす」を加えたのですが、ちょっと喧嘩気味で、ぱふぃちゃんがドヨヨ〜ンとしてしまったので、ぴくるすは75cmに移した、という話はご存じの方も多いかと思います。

まぁ別々で暮らして、それはそれで平和だったのですが・・・、
やっぱりね〜、75cmで悠々と泳いでいるぴくるすを見てると、ぱふぃも広いところで泳げた方が幸せなんじゃないかなぁとか思っちゃったわけですよ。

いつも寝室で一緒に暮らしてきたぱふぃ。
ふと横を見るとそこにはいつも愛くるしい姿がありました。
楽しい時も、つらい時も、そのプニプニと泳ぐ姿で元気づけてくれた、ぱふぃ。
でもね、愛するがゆえに別れなければならない時もあるよね・・・。

と、ちょっと引かれるぐらい猛烈に大げさに書いてみたわけですが(笑)、そんなわけで75cm水槽のぴくるすと一緒に混泳させてみることにしました。

5時間ほど水合わせした後に(超慎重w)、いよいよ導入!!

すると・・・

早速ぴくるすに近付くぱふぃ。
なんて礼儀正しいんだ!w

最初はほぼ同じ大きさで若干ぴくるすの方が大きい程度だったのですが、ぴくるすの方が広いところで悠々と過ごしていたからなのか、それとも単に食いしん坊で赤虫を食いまくり肥えただけなのかw、ぴくるすの方がひとまわり以上り大きくなってます。

そして、見つめ合う2匹・・・。
喧嘩しないか、こっちもドキドキの親心で見つめます。

そして数分後・・・


なんと寄り添うように一緒にプニプニと泳ぎ始めたではないですか!
うはぁ〜、萌えるぅぅぅ!!!ww

この2匹、ほんとにまったく喧嘩しませんでした。
そして、かなり寄り添ってます。こっちが嫉妬するぐらいw。

ね。



あはは〜、まてよ、こいつぅ〜、という声が聞こえてきそうです(笑)。

う〜ん、たぶんどっちもメスなんよね・・・。
これでオスメスだったら子供にも期待しちゃうんですけどねぇ〜。


そんなわけで、一緒にしてから5日ほど経ちますが、未だに一緒にいることが多いです。
ずっと見ててもかじるようなことは一切ないみたいです。
どちらも前よりも赤虫をよく食べるようになった気がします。
75cm混泳作戦、大成功みたいです。


何よりも、ぱふぃのこの幸せそうな顔を見れたことが一番うれしかったかもしれません。

投稿者 38brain : 08:40 | コメント (31) | トラックバック

2007年01月07日

アベニーパファトラックバックセンター

本日は一つお薦めのページをご紹介します。

うちからもリンクを張らせてもらっている「Ariela Networks」ブログの悠希さんが作製された「アベニーパファトラックバックセンター(Avenie Paffer tbc.)」です。

ここは、アベニーパファに関する記事を書いた時に、「http://avenie.ariela.jp/trackback」というアドレスにトラックバックを打つと、自動的に上記のセンターサイトに自分の記事へのリンクが追加されるという素敵なものです。


(君たちは色が綺麗だね〜)

ここからアベニー仲間の交流が広がってくれればいいですね〜。
全国のアベニー萌えな方々、ぜひ自分のアベニーちゃんの可愛さをアピールするなり、自分のサイトを紹介するなりの手段として使われてみてはいかがでしょうか?


(そこに何かあるの?)

AveniePaffer tbc.うちのリンクコーナーにも追加させてもらいました。
悠希さんのブログはとてもデザインも凝っていて素敵ですので、おすすめです。
もちろんアベニーちゃんも飼ってま〜す。


今年はうちからのリンク仲間で誰かアベニーの繁殖に成功する人が出れば楽しいのになぁと期待してます。
でむちんさんか、ホリホリえびろーさん辺りがやってくれそうな予感がします(プレッシャーw)。

うちのアベニーちゃんも2年目に突入。
今年も1年、アベニー萌えは変わらず、むしろより過激に、大胆に、濃密に、妖艶に(?)いきたいと思いますので、生暖かい目で見守ってください(笑)。

投稿者 38brain : 10:13 | コメント (19) | トラックバック

2007年01月01日

HAPPY NEW YEAR 2007 !!

あけましておめでとうございます〜!!

昨年は本当にお世話になりました。
アクアの話では、ブログの楽しさの神髄を味わった1年間だったように思います。
リアルな世界でも何名かにお会いしましたしね〜。楽しかったです。
今年も機会があれば、お近くの方は飲みにでも行きましょう!

あとはやっぱりまさかのショップを始めてしまったことですね。
1年前には想像もできない世界でした。
何でも物事を始めた最初の頃は激動するものですが、本当に激動の1年でした。
これもひとえに皆さんことブログ仲間のおかげです〜。
いつも楽しさをくれるbonさん、uchaiさん、そしてご近所のblacklayoutさん、もちろん他にもたくさんの方々、本当に感謝してます。
ネット上であっても、人との出会いは最も大きな刺激になりますよね。

さて、今年1年はどんなことが起こるのでしょうか(もちろんアクア限定)。
1年前は60cm水槽を初めて間もなくでドキドキしていた頃かな。
75cm水槽、どうなっていくのでしょうね。
今年の抱負としたら、とりあえず欲しい器具関連はほぼ買ってしまったような気がするので、内容の充実でしょうか。
なんか去年もそんなこと言ってなかったっけなぁ(苦笑)。
コンテストもねぇ。微妙ですが、もし機会があれば・・・ね。
とりあえず、すべての生体に、わんぱくでもいい、たくましく育ってほしいというところでしょうか。
アベニーちゃんも2年目に突入ですが、兎夢さんのHooのように長生きしてほしいものです。
ボララス100匹とか導入してみたいんですけどね。もうちょい先かな。


ちなみに現在、実家です。
昨日は日の出とか見に行っちゃったw。
写真も撮ったのでそれはまた近日にでも。
今年は本当に雪が全然なくて少々拍子抜けですw。

ではでは、今年もよろしくお願いしま〜す!!

投稿者 38brain : 21:07 | コメント (29) | トラックバック

2006年12月17日

青龍石の酸処理〜Mac水槽ver.2へ

え〜と、みなさんお久しぶりです。
なんとか忙しい地獄のピークを無事乗り越えました。
今日からはまた通常通りのブログとなると思いますw。

さて、だいぶ間が開いてしまいましたが、前回の続きの青龍石を酸処理したお話と、MacCube水槽をリセットしたお話を書こうかと思います。

ちょっとだけ前に書きましたが、レガさんが青龍石を酸処理したら綺麗になったという記事を書いていたのを見て、自分もやってみることにしました。
レガさんは酢を使ってましたが、私は濃塩酸でやってみました。
ご存じ、WaterPlantsWorldさんのPremiumReportsの方にも詳しく書いてありましたので、WaterPlantsWorldさんのユーザーIDをお持ちの方は見てみると面白いと思いますよ。

そんなわけで上の写真のように、バケツに青龍石を入れ、水を入れ、塩酸をジョボジョボと入れてみました。
モウモウと立ち上がる白煙と異臭・・・。
そして、ブクブクと立ち上る泡・・・。
すごい絵でした(笑)。

前にも書きましたが、塩酸は劇物という物に指定されていますので、普通ではなかなか手に入れられませんが、薬局でハンコを持っていくと買える場合もあると思います。
濃塩酸の濃度は純度が高いもので36%ぐらいです。
そのままの原液を使うのは極めて危険ですので、水で薄めて使いましょう。
水に溶かす場合は、必ず最初に水を入れて、ここに少しずつ濃塩酸を足していきます。
逆に濃塩酸に水を入れると激しく化学反応を起こし危険ですので、特に注意が必要です。
おまけ情報として、塩酸は10%より下になると劇物指定ではなくなり、普通物となります。
10%以下の物を売ってくれる場合もありますので、その場合は劇物ではないので少し買いやすくなるかもしれません。
でも10%のものでも値段はほぼ一緒か、逆に高かったりしますけどねw。
さらに、化学なプチ情報を書くと、毒劇法というものでは、危険な物から順番に、特定毒物、毒物、劇物、普通物、という4段階に分かれています。
劇物というと相当危険なイメージがあるかもしれませんが、毒物という指定を受けているものの方が危険なんですよ。
特定毒物はマジで即死的な危険な物です(苦笑)。まぁそれに比べたら塩酸もかわいいものでしょうか?!w

そういうわけで、上の写真のようにブシュブシュと音を立てる青龍石。
本気で全部溶けてなくなってしまうんじゃないかと思いました(笑)。
だいたい3リットルぐらいの水に300mlぐらい塩酸を入れましたので、最終塩酸濃度は3.5%ぐらいですかね。

そして、約30分後・・・。
あり得ない色ですw。
ほぼこの段階で泡は出なくなってました。
そして、青龍石の姿はまったく見えなくなりましたw。
ピンセットでツンツクツンしたらちゃんと石は残っていたようで一安心。

その後激しく水洗いしました。
カルキ抜き用の塩素中和剤を入れた水の中にもしばらく付けておきました。

塩酸が入った真っ黒な廃液の方は、大量の水と共に流しに捨てます。
あんまり濃いものを流すと流しとか排水パイプがやられるので、酸処理をやる方は、大量の水と共に捨ててくださいね。

で、石の変化ですが、このあと写真を撮る前にMac水槽に入れてしまったので、照明が茶色っぽいのですが、下のように・・・

ものすごく白いラインがハッキリ出てました。
汚れがなくなってスッキリして、まるで購入時、いや、購入時よりも輝いてます。
白いラインが目立ちすぎるぐらいです。
う〜ん、酸処理、すごい効果!

さて、ここからはMacCubeのリセットの話です。
久々のまともな記事なので引っ張らずにドンドン書きます(笑)。


(これはリセット前の写真です)

まず、なんでMacCubeをリセットすることにしたかと言いいますと、この水槽の下にシート状のヒーターを貼り付けてあるんですが、それを抑えていたアクリル板がちょっと剥がれかけていたんです。
なので、冬にちゃんと温められないと危険かも、と思ったんです。
MacCube水槽の底面をいじるには逆さまにしなければならず、すなわちリセットは避けられなかったわけです。
ついでにエビ水槽で使っていた青龍石が余っていたのでこれ使っちゃおうということになりました。

リセットの途中経過の写真はないです(苦笑)。
たぶん写真を撮っている余裕がなかったのでしょうw。

そんなわけで、バージョン2のMacCube水槽は下のようになりました。

青龍石、入れすぎ?(苦笑)
まぁたまにはこんなのもいいでしょうw。

横から見るとわかりやすいですが、上の写真のように、前の方はブライトサンド、後ろの方はアマゾニアソイルを敷いています。

住人は、今回ももちろん主役はアベニーパファのぱふぃちゃんですw。

他には、ピグミーコリドラス2匹、
オトシンクルス1匹、
石巻貝1匹、
という構成です。

上で書き忘れましたが、水草は少量のヘアグラスのみです。
とにかくMacCube水槽ではトリミングが極めて難しいのでまず有茎草はナシ。
で、あんまり手間のかからないもので、背が高くなくて、余っているものと言ったら、これになりましたw。
実は私、あんまりヘアグラス得意じゃないんですよねぇ。
どうも最初にまずコケっちゃうイメージがあります。
今後どうなっていくか、水草はあっさり変わってしまう可能性もありますw。

そんなわけでMacCube水槽ver.2もよろしくお願いいたします。


以前の記事を含めたレスの方は今日の夜ぐらいにまとめて書かせていただきますねっ。

投稿者 38brain : 08:28 | コメント (19) | トラックバック

2006年12月07日

100,000 hits 本当にありがと〜!!!!!!!

おかげさまをもちまして、「aquamind 2 - AM2 -」を4月6日にオープンさせて以来、ちょうど8ヶ月で10万ヒットを超えることができました〜。

これもひとえに、当たり前ではありますが、訪問してくれる皆さんのおかげです。

最近は1日のユニークカウントが500ぐらいとなっており、うちのようなヘッポコブログがこんなにきていただいていいのだろうかと不安になる時もあります(汗)。

でも、できる限り更新を続け、アクアリウムへの情熱を熱く滾らせ(「たぎらせ」って漢字こう書くんだぁw)、そしてアベニーちゃんに萌えつつ(笑)、なんとかここまで来ることができました。

今後とも最低でも3日に1回ぐらいは更新し続けるよう頑張りますので、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

アクアリウムを始めて1年と3ヶ月ぐらい経ちますが、ブログをやっていなかったらきっとここまでハマルこともなかったんだろうなぁとつくづく思います。

ブログを通してみなさんから教えられたこと、
助けられたこと、
励まされたこと、
笑いあえたこと、
これは大切な思い出です。

・・・なんか最終回みたいになってきた(苦笑)。

そんなたくさんの熱いコメントへ、今後ともブログを続けていくことでお返しできればいいなぁと思っています。

そんなわけで、100000hitsは、utaawaseさんがゲットされました。
おめでとうございます&ありがとうございました!!

また今日から、20万ヒット、いやいや、100万ヒットを目指し、頑張りたいと思います。

もちろんヒット数なんておまけみたいなものです。

一番大事なのは、みんなと一緒に、アクアリウムを楽しむことですよね!!


ではでは、今後ともアクアリウムを続ける限り、末永くよろしくお願いいたします。

2006.12.7  aquamind 2 - AM2 -  管理人 38brain

投稿者 38brain : 05:19 | コメント (30) | トラックバック

2006年11月29日

水草交換掲示板あっさり仕様変更 & アクア用品掲示板も追加しました。

 

あっさりと水草交換掲示板の仕様を以下のように変更しました。
・3つに分けていた水草掲示板を1つに統合しました。
・さらに、アクア用品用の掲示板も追加しました。
・商品を有料で提供することもオッケーとしました。
 (でもなるべく無償で、お・ね・が・いw)
・送料や商品代金を銀行口座等へ振り込むこともオッケーにしました。
つまり、生体を扱うことを禁止している以外はナンデモアリとしましたw。
マナーを守って楽しく交流していただければ嬉しく思います。

アベニーパファのぴくるす君。
なにげにコリドラスジュリーと一緒にいる時が多いような気がします。
それにしてもジュリー君、激しく回転してるなぁw。

ね。
もしかして仲良し?

ピントがアベニーちゃんにばっかり合わさっていて、かわいそうなのでもう1枚w。

クッキリ。
(ソ・・・ソイルが・・・涙w)

最近もう一匹のアベニーのぱふぃちゃんが登場していないので心配されている方ももしかしたらいるかもしれませんね。
大丈夫、けっして☆にはなってませんよ(苦笑)。
もうちょい先に登場予定です。密かに・・・Mac水槽に何かが!
(ちょっと先に続く)

投稿者 38brain : 04:13 | コメント (27) | トラックバック

2006年11月23日

etc

2日ほど前に90,000を超え、100,000hitsが近付いてきました。
ほんと感謝感謝です。
カウンターを左のメニューの一番上に持ってきてみました。
何か日ごろの感謝を込めてキリ番を踏んでくれた方にはプレゼントをあげたいと思ってますが、何にしようかな〜。
現在のペースで行けば、12月中旬頃ですかねぇ。

 ↑
先日、blacklayoutさんが来た時に、「あんまりかわいくないなぁ」と言われた、かわいそうな「ぴくるす君」(アベニーパファ)。
寝起きだったからだよ!
普段はこんなに可愛いんだから!
も〜っ、プンプン!(もちろんさとう珠緒・激似風でw、ジェスチャー付き)


60cm水槽から引っこ抜いたコブラグラス。
記録は・・・38連鎖ですw。


もう少し照明を下げたいという誘惑に駆られる・・・。
我慢、我慢。


君もそんなにADAが好きなのかい?
僕たちは似ているね。(なぜかポエム風の締めw)

投稿者 38brain : 11:21 | コメント (21) | トラックバック

2006年10月19日

それもウソなわけだが。

60cm水槽でも元気にしてます。(ほんと)


赤い草にあこがれて・・・。(ほんと)
光量の問題じゃないのね・・・。
ロタラインディカではなく、ロタラグリーンなんじゃないかと思う今日この頃。


先日再投入されたサイアミーズ・フライング・フォックス。
最初はこんなに小さくて痩せているのにね。
変わらないのは思い出だけか。

投稿者 38brain : 03:53 | コメント (18) | トラックバック

2006年08月07日

「ぴくるす」が新たに仲間に加わった。

先週末のこと・・・。

某ショップをふらついていた自分は、とある子と目が合ってしまったのです。

な・・・なんと丸々としてかわいいのだろうか。

いわゆる「ポッチャリ系」で、つぶらな瞳もたまらん・・・。

ということで、我慢できずにお連れしてしまいました!

アベニーちゃん、2匹目、「ぴくるす」です。

昨日の予告編にも姿がちょっぴり映っていたんですが、誰か気がついた方いたでしょうか?

名前は、1匹目が「ぱふぃ」なので、順番的に「ぴ」にしてみましたw。

どうですか、この丸々としたボディ!
パフィはスマート系なので、いかにもフグというようなこの体型に魅了されました。

パフィはずっと1匹でさみしかったし、まぁ2匹にしてみるのもいいかな、ということでお連れしてみました。

体系的には、後輩ながらむしろ若干ぱふぃよりも大きいぐらいです。

特徴は、丸々としたボディと、薄くて少なめの斑点ですね。
区別し易いってのもぴくるすのいい点ですw。

ぱふぃ: スマート・斑点多めで濃いめ
ぴくるす: ポッチャリ・斑点少なめで薄め
という具合。

やはり愛想のよさはぱふぃには負けますねw。

喧嘩するかなぁと思ったけど、思ったよりは大丈夫みたい(今のところ)。
ただやっぱり時々はつついているみたいですけどね〜(お互いに)。
あんまりひどいようだと少し考えないといけないかもしれませんが、それは今後の様子次第ということで。

あ、言われちゃったw(汗)。

案外、仲良くフワフワしてます。

ただ、それでも喧嘩が若干不安事項として残るので・・・、

ボ〜ボ〜に増えた60cm水槽のミクロソリウムをMac水槽にちょっとだけ移して隠れ場所を作ってみました。

最初の数週間が大丈夫そうならもう大丈夫だと思うんですけどね。
どうなることか。

ということで、ぱふぃ、ぴくるす、共々今後ともよろしくです〜。

投稿者 38brain : 09:21 | コメント (28) | トラックバック

2006年08月06日

手抜き

ちょっと飲んだり遊んだり色々してて時間がないというか、まず寝ますのでとりあえずの手抜き更新です。

今晩更新かな?

投稿者 38brain : 06:29 | コメント (11) | トラックバック

2006年06月20日

じょぶすのドタバタ劇

MacCube水槽にちょっと前に仲間入りした、ゴールデンアップルスネールの「じょぶす」(名前)。

けっこうあっち行ったりこっち行ったり、動きが速くドタバタしてます。


 ↑
なぜか底面フィルターの排水口に果敢に突撃するじょぶすw。
まぁ、ちょっとコケっぽいからなぁ。
いったいどうなってしまうのか、見守っていたところ・・・

結局、ボテッと下に落ちてました(笑)。

まぁ、常にこんな平和な感じのドタバタならいいのですが・・・

ついにやってきた大ピンチ!
あまり最初の頃は気にしていなかったアベニーちゃんでしたが・・・。

そんなに世の中甘くありませんでした。

この後、アベニーちゃんにガブッといかれてました(苦笑)。

まぁ、やっぱりアベニーちゃんはお腹が空いてる時は貝系に噛みつくのね。

そういうわけで、このままMac水槽にじょぶすを入れておくのはかわいそうなので・・・、

結局エビ水槽に移ることになりました。

まるで、十数年前にアップルを追われたのスティーブ・ジョブスのように...(苦笑)。

_________________
追記
これから数日間はあまり皆さんのところに遊びに行けなそうです(涙)。
行ってもコメントは残せないかもしれませんので、ご了承ください。
コメントへのレスはちゃんと頑張って書かせていただきます。
相当ギリギリの戦いになってきましたw。
あ、あと、ついでに書いておきますが、もしかしたら激しいFLASHを期待している方もいるかもしれませんが、aquamind laboratoryのサイトはFLASH極めて0にする予定です。あえて。
本当はFLASHの方が慣れてるので作るのは早かったりするんですけどね。
まぁ、いろんな事情とかショップ独自の考えなどもありますし・・・。
ということで、また数日後・・・。

投稿者 38brain : 04:01 | コメント (19) | トラックバック

2006年04月28日

アベニー写真&45cm水槽立ち上げ・その6

まずは連載のこちらのネタから。
45cm水槽立ち上げ開始からの水質チェックもいよいよ大詰めです。

前回11日目の結果は・・・

こうでした。

そして本日、13日目はというと・・・

おっと〜!!きました!
ついにアンモニアはほぼ0へ。
亜硝酸も前回から一気に激減。ほぼ毒性はないと見ていいでしょう。
そしてやはり硝酸のみが激しく検出されてます。
まさにほぼ最終段階。
生体は投入しても大丈夫そうですね〜(っていうかエビ以外はけっこうもう入れてますけどね)。

そういうわけで、今週末、エビ投入してみようと思います。
エビを投入後の最後にまとめを書きたいと思います。

さすがに毎回水質検査ネタだと飽きてしまっている方もいるかもしれませんので、お詫びにアベニーちゃんの写真でも載せてみます(いずれにせよ自己満足の世界だったりしますが、笑)。

水温チェックを欠かさないアベニーこと、うちの「パフィ」。
 ↓

次の下の写真は若干のピンぼけを除けば自分的に大ヒットかも。
思わず自分のセリフが写真に入ってしまっています。
 ↓

こりゃみんな親バカにもなりますよねぇ〜。

投稿者 38brain : 04:44 | コメント (10) | トラックバック

2006年04月24日

ADAコンテスト応募のために1日エセカメラマンになるの巻。

既に参加された方たちが記事にされていますが、本日は「ク・ログ」のblacklayoutさんがADAコンテストに応募する為という名目上、1日カメラマンとしてblacklayoutさんのお宅に訪問してきちゃいました。
実はものすごく近所に住んでいるんです。

参加者は私とblacklayout氏と、これまた近所に住んでいる「風林火山~疾きこと風の如し~」のwareoosatoくん(中学2年生)、そして最後の頃に「熱帯魚ミニミニ大作戦♪」のbon氏、が加わりました。

上記のリンク先の方たちの記事を見ていただくと、もはや私はほとんど書くことはないのですが(苦笑)、普段ブログで見ている水槽を間近で見るのも乙ですね。
やはりblacklayoutさんの水景は綺麗でした。

しかしまぁ、そこはエセカメラマンということで、EOS Kiss Digital一眼カメラの使い方もまともに分からずいつも適当に撮っているわけなので絞りとかの設定がいまいちよく分からず、最後はオートで撮ったりしてました(苦笑)。
う〜ん、マニュアルぐらい持っていけばよかったと後悔。
(さらに貸す予定だったFF XIIも持っていくのを忘れる始末ですorzゴメンネ。)

そして、最後にblacklayout氏のアベニー(フグキチ君)激写大会となりました。
この時が一番盛り上がったことは言うまでもありません(笑)。
私とbon氏で我を忘れて激しく激写しまくっている時、きっと中学生のwareoosato君はこんな大人にはなりたくないな、と思っていたに違いありません(笑)。

ADAコンテストはどうなるか分かりませんが(オイオイ)、アベニーの可愛い写真を撮ることに関しては負けませんぜ!

ってな具合で下のようになりました。

そんなこんなで楽しい週末を過ごしたのでありました。

blacklayoutさん、おじゃましました〜。

やっぱり実際会ったりするのも楽しいものですね。
関東近辺の方、週末に飲み会ってのもいいですよね〜。

投稿者 38brain : 03:35 | コメント (21) | トラックバック

2006年04月13日

MacCube水槽の紹介

60cm水槽、40cm水槽の紹介に続いて、MacCube水槽のご紹介です。

ご存じの方も多いとは思いますが、このMacCube水槽は、MacCubeというパソコンの筐体を水槽に改造したものです。
Mac好きが高じてこんなものを作ってしまった次第です。

改造の模様は「こちら」の記事に以前連載して詳しく書いてありますのでご興味のある方はご参照ください。

水槽部分の大きさは、約19cmの立方体です。
足の部分も入れると高さは24cmです。

フィルターはニッソーのバイオフィルターというちっちゃい底面フィルターを、
ヒーターはマルチパネルヒーターという底面設置用の温度可変式ヒーターを浮かせた底面に貼り付けています。
底砂は一番下にろ過用ろ材ボール(たしかエーハイメック、またはパワーハウスのろ材)、次に白い小さな球上の化粧砂(?)、一番上に白砂という3段構造、
CO2添加はなし、
水草はコブラグラスというもの1種のみ、
照明は写真に写っているインテリアショップで買った小型のライトを1日8時間タイマーで点けています。

では、住人をご紹介します。


まずはピグミーコリドラスです。
いつも4匹でまとまっていることが多いですね。
コリドラス類の中でも最も小さい部類の個体の一種。
案外泳ぎ回っていることが多いです。


選別外クリスタルレッドビーシュリンプ。
エビ水槽からの選別落ち個体が現在3匹ほど仲間に加わってます。
どこか背中に哀愁を感じます。


石巻貝。
壁面のコケ取り部隊です。
最近、個人的にコケ取り部隊の貝がお気に入りだったりします。


そして、今更多くを語る必要もない、我が家のアイドル、アベニーパファのパフィちゃんです。
とにかく人なつっこさと愛嬌のよさ、キュートな振る舞い、キョロキョロと動くお目めがもう最高。
いつも癒されてます。

ひとまずこのMacCube水槽はもうこれでほぼ完成型だと考えています。
照明をメタハラに変えようかという考えも少しありましたが、実行するかどうかは微妙なところです。
このままでも十分かな、と最近は思ってます(資金難だからという話は抜きで(苦笑))。

以上、我が家の3水槽の紹介でした。

投稿者 38brain : 08:14 | コメント (18) | トラックバック