2007年05月27日

75cm水槽の紹介・その1

本日は今までまだ書いていなかった75cm水槽の全体的な紹介記事をようやく書くことにしました。
余りにも長くなったので2回に分けます。
1回目は水槽と生体編。

まず水槽、こちらはADA社の75-Pという水槽。
横75cm x 奥行き 45cm x 高さ45cmです。
やはり水槽のクオリティを考えるとADAははずせないかなぁ。
横60cmの水槽から75cmの現行水槽に切り替えた当時は奥行きが30cmから45cmにアップして、その15cmの差がものすごく広く感じたものです。
現在60cm水槽をお持ちの方もぜひこの15cmの差は感じてみてもらいたいものです。水草植えても植えても埋まりません(笑)。

さて、ではここからは生体(お魚)編。

言わずとしれた水槽内のアイドル、アベニーパファ。
世界最小の淡水フグで、キョロキョロとした目とぷよぷよと泳ぐ姿は愛嬌がありまくりでやはり最高にかわいい。
ほとんどアカムシしか食べないのがちょっと大変だけど、でもピンセットで手から直接あげてなついてくれるし、この萌えはやめられないw。
大きさは2〜3cmぐらいかな。
時々他の魚のヒレをかじる子やアカムシ以外も食べる子や、なつきやすい子、引き籠もりな子などなど個体によって個性がけっこう強いのも特徴かもしれませんね。

一緒に映ってるのはグリーンネオンとテトラオーロ。
グリーンネオンはネオンテトラの赤い部分がほとんどなくて青い線が1本入っているという感じですね。
でも大きさは3cm程度と小さめ。
テトラオーロも同じぐらいの小型の魚で尻尾の黒い斑点がチャームポイント。
オス同士が喧嘩してる時にヒレを広げる姿がけっこうかっこよい。


こちらはボララス・ブリジッタエ。
ボララス属はコイ科のラスボラ属の中で特に小さい個体を分けて名付けられた属で、大きさは2cm〜3cm程度。
現在約30匹。いずれこの個体を100匹ぐらい入れてみたいという野望があります。
状態がよい時の赤い色が非常に綺麗で群れをなすと最高(下の写真参照)。

上層にいる時が多いですね。


これはブルーアイ・ラスボラ。
ショップでは3cmぐらいにしかならないって書いてあったのに、今やたぶんうちの水槽内で2番目に大きい。4〜5cmぐらいになってます。
しかもブルーに目が光らなくなってきたし。もう歳なのかなぁ。
かなり最初の頃に飼い始めたからそろそろ2年ぐらい経ちます。
最初10匹いたはずですが、飛び出しなどもあり残り2匹。風前の灯火的ですが、残りの2匹は仲が良さそうです。
うちの魚はこれ以外もだいたい飼い始めて2年になる魚が多いです。


で、うちでいちばん大きいのがこちらのガージナルテトラ。
ネオンテトラの赤い部分が体の下全体に入っている個体です。
大きさは現在Maxで5cm超えてるかも、でかいです・・・(苦笑)。
ネオンテトラ系は色味だけでなく個体の大きさも差があって、
カージナル>ノーマルネオン>グリーンネオンの順ですね。


続いて壁ひっつき系のお掃除屋さん。

オトシンクルスです。
大きさは4cmぐらいかな。細身なのであんまり目立たないですけどね。
昔はけっこう早死にしちゃう個体が多かったけど、今入れてる3匹はかなり長寿かも。
エサの供給バランスがちょうどいいのかな。
水槽面とか水草のコケをハグハグする姿は愛らしいですよね〜。


こちらは石巻貝とサザエ石巻貝。
普段は壁にくっついてますよ。
ノーマルの石巻貝(下の方)は逆さまになると起きあがれずに昇天してしまうというなんともオチャメ(?)なやつ。
少しだけお値段高めのサザエ石巻貝(上の方)は殻にトゲトゲが付いてて転んでも自分で起きあがれる強いやつ。

続いて底もの系。

コリドラス・ジュリー(右)とコリドラス・ステルバイ(左)です。
現在ジュリーが4cm、ステルバイが3cmぐらいかな。
底をハグハグする姿がかわいいですよね。コリドラスを飼うなら白系の化粧砂がおすすめ。
というか、ソイルみたいなゴツゴツした底だとヒゲが溶けちゃったりする時もあるようですし。


先日あげて数がかなり減りましたが、まだ何匹かいるアルジーライムシュリンプ。
髭コケも食べるという最初の噂でしたが、うちではイマイチその効果はよくわかりませんでした。
ミナミヌマエビとほぼ一緒の見た目。小さめで2cm〜3cmといったところでしょうか。


やはりコケ取り部隊といったら彼が最強、ヤマトヌマエビです(写真ではコリドラス用のタブレット食べてますが、苦笑)。
まぁ約4cmぐらいと大きめなのがあまり好きじゃない方もいるようですが、コケ取り能力はやはり一番ですから外せないですね。
淡水だと予想外の爆殖が起こりえないのも安心できていいです。

以上、生体のご紹介でした。
現在は、
ボララス・ブリジッタエ 約30匹、
アベニーパファ 2匹、
カージナルテトラ 約5匹、
グリーンネオン 約3匹、
ブルーアイ・ラスボラ 2匹、
テトラ・オーロ 約5匹、
オトシンクルス 3匹、
石巻貝 約5匹、
サザエ石巻貝 1匹、
コリドラス・ジュリー 1匹、
コリドラス・ステルバイ 1匹、
ヤマトヌマエビ 約3匹、
アルジーライムシュリンプ 約10匹、
ぐらいがいます。
密かにロイヤル・ファロウェラっていうオトシンの長くてかっちょよいヒレが付いてる魚を欲しいなぁと思っているんですが、なかなかショップで出会う機会がなくて仲間に入れられていません。
今後はそのファロウェラ1匹とボララス・ブリジッタエ数十匹ぐらいを今のところ追加の予定として考えています。

では、近日、「水草・機器編」を書くと思います。

投稿者 38brain : 06:53 | コメント (25) | トラックバック

2007年05月24日

いろいろいっぱい

いっぱい・その1。
上の写真のボララス・ブリジッタエです。
現在数は30ちょいぐらいかな。
小さい魚が群れているのは涼しげでこれからの季節、なおのこと見ていて気持ちがよいものです。
まだ増やしたいと思ってます。

いっぱい・その2。
アクア用品交換掲示板の方で、banzai-aquaさんから交換して譲っていただくことになったろ過用機器エーハイム2217が到着しました。
今まではこの75cm水槽で2215メイン+2215サブフィルターの組み合わせでしたが、これが2217メイン+2215サブの組み合わせにパワーアップします。
フィルターの大きさも来るとこまで来たって感じですw。
もうだいぶ慣れたので2215に比べてそんなに巨大な印象ではないですが、ろ過槽の容量は2215が4リットルであるのに対し、2217は6リットルということで、メインタンク容量が1.5倍に増えます。(ちなみに、最も皆さんに使われているであろうエーハイム2213は3リットルです。)
ろ過槽の大きさはいっぱいであればあるほど水も安定しやすいしいいことだと思ってます。
2217メインが6リットル、2215サブが4リットルですので、これでろ過槽は計10リットルとなります。
過剰濾過万歳ですw。

ホースの径が内径12/外径16から、16/20に変わるので、このホースをさっき、いつものネットショップ「チャーム」さんに注文しました。
ですので、まだ設置はしてません。週末設置予定です。
ついでに最初の写真の魚、ボララスブリジッタエも20匹ぐらい追加注文しようかなぁと思ったら欠品中・・・。残念。
チャームさん、もうちょっと欠品商品数が少ないといいんですけどねぇ(苦笑)。大概3品以上程度何かを頼もうとするとどれかが欠品ってこと多いんですよねぇ。
で、入ったと思ったら今度は別のものが欠品になったり(苦笑)。
なかなか注文時期を見定めるのがムズイですw。まぁ商品数が多いから在庫を大量に確保するのは難しいのかもしれませんけどね。


いっぱい・その3。
先日、ブログ仲間のトロンさんに増えまくったアルジーライムシュリンプ(上の写真のエビ)の稚エビ+親エビを大量に(たぶん50匹は軽く超えていたはずw)里子で差しあげました。
1時間ほどかけて自分的には見えるところのエビはすくいまくってほぼいなくなったかなぁと思っていたんですが、やっぱり甘かったです。
今日見たらまだ確実に10匹以上はいそうです。
コリドラスジュリーもまだちょっと邪魔そうにしてます(苦笑)。
まぁ残りのいる分は他のMac水槽とかここの75cm水槽などでしばらく可愛がっておくことにします。
また爆殖してしまったら誰かもらってくださいませ(笑)。

最後に現在の75cm水槽の水景を斜めから。
この角度が普段いちばんよく目に付きますし、写真的にもこの角度は気に入っています。
手前側の奥の水草(ボルビディス)の森がえらいことになっていますw。


さて、次回はちょっと個人的にうれしいビックニュースがあります。
今日の記事、なんかちょっといつもよりフィルターの話とか魚の名前とか水草の名前とかを丁寧に書いてるような気がしませんでした?(笑)
普段あんまり気にしなくなりつつありますが、けっこうアクアのブログって玄人になればなるほど、それを完全な初心者の方が見た場合に呪文のように意味不明な時って多いと思うんですよねぇ。
自分もきっとそうなってしまっている場合が多いんじゃないかと思い、初心に戻り、なるべく初めての人でも読めるように心がけたいと思います。
で、なんでそう思ったかというと、もしかしたら近日初心者というかアクアをまったく知らない方たちがここに遊びに来てくれるかもしれないからです。
それはなぜかというと、次回のニュースをお楽しみに(笑)。


あ、あと最近コメントを入力してもらった時に、送信時にエラーがでる場合が多いようですが、エラーが出ても大概ちゃんと送られているようです。
もしエラーが出たら念のためページを戻ってコメントをコピー(control+Cキー)してからリロードして確認してみていただければ幸いです。
なんでかなぁ、ブログのボリュームが大きくなりすぎてきたからかなぁ、まだ1年経ってないのに・・・。
お手数おかけしますがよろしくお願いします。

投稿者 38brain : 07:43 | コメント (26) | トラックバック

2007年04月04日

新年度ですね

でも新年度とはまったく完全に関係ない記事です(笑)。

あ、見てはいけないところを見てしまったかもw。


4月1日に新プロジェクトを立ち上げるっていう話をちょっと前に書きましたが、それは諸事情によりちょっとだけ延期になりました。
たぶんそのうち書くと思いま〜す。


導入は計画的に。(苦笑)

いったいどれだけの数のアルジーライムシュリンプがいるのか・・・、気が遠くなりそうです。
しかも抱卵個体もチラホラ。
3ヶ月前に10匹入れただけなんですけどねぇ、たぶん今は10倍はいるかと・・・。
むむぅ〜・・・。
この調子だと数年後には地球がアルジーライムシュリンプでいっぱいになってしまいそうです(笑)。


昨日ようやくこれが来ました。

冷蔵庫です。

この1週間、冷蔵庫がない生活は大変でした〜。
(知らない方のために補足を書くと1週間前に冷蔵庫が壊れたんです。)
自分の食料品は全然問題なかったんですが、アベニーちゃんのためのアカムシがねぇ。
後半はドライアイスを使ってアカムシを保存してました(笑)。
いやぁ冷蔵庫が届いて、これでアベニーちゃんも安心です。

さて、次回は・・・・・記念日ですw。なんのでしょうか?

投稿者 38brain : 08:41 | コメント (18) | トラックバック

2007年03月09日

ボルビ・アルジーライム・おまけ

ボルビティス。
なかなか伸びなかったり、
すぐ黒くなっちゃったり、
弱まったところはコケが付きやすかったり、
色々大変な水草でもありますが、気泡の付きやすさはかなり上位に位置するんじゃないでしょうか。
気泡が付いている綺麗な姿を見るだけでけっこう満足です。
ちなみに右側の赤い草はクリプトコリネ・ミオヤです。
ここ最近恐ろしい速さで伸びてきており、あと3週間ぐらいで水面に達しそうです(苦笑)。

さて、先日アルジーライムシュリンプの稚エビを見つけたというお話をしましたが、私はなめてました。
5,6匹かと思ったらまったくそんなレベルではありませんでした・・・。

下の写真をご覧ください

 ↓

ちょっとピントが甘いですが、水槽前面にウジャウジャいました。
10匹,20匹の世界ではないかもしれません。
30匹以上いる可能性があります・・・。
う〜む、これはどうしたものか(苦笑)。
まぁ、きっと欲しい方はけっこういるような気もしますので、気長に様子を見ることにします。
いつもビーシュリンプを飼っている方のサイトを見て思うのですが、増えすぎたらどうしよう、という不安はないんですかね?
私は以前飼っている時けっこう心配でした(まぁただの憂慮に終わったわけですが、苦笑)。
ショップに譲ったり、オークションに出したりとか、そういう手はあるとは思いますが、それでもちょいと心配でした。
まぁ、増えることはとても嬉しいんですけどね〜。
稚魚とか稚エビはかわいいしね〜。


さて、最後におまけを。
今日はなんの日?(ってもう日が変わっちゃいましたがw)。
3月8日、そう38の日です(笑、アホです)。
ま、そんなわけで、今日から新しく個人的なブログを立ち上げちゃいました。
ブログ名は「root38」(ルート38)、
アドレスはhttp://root38.comです。
面白くないブログだとは思いますが、ご興味のある方は是非どうぞ。

投稿者 38brain : 00:18 | コメント (32) | トラックバック

2007年02月28日

みっけちゃった

この間水槽を見ていた時に見つけちゃいました。

うちにはヤマトヌマエビとアルジーライムシュリンプしかいないので、この稚エビは間違いなくアルジー君です。
やっぱ増えてたのねぇ。
よくよく探したらあと数匹見かけました。
そんなに爆殖することはないと思うけど、頑張って増えて、いい仕事をして欲しいですねw。

おまけ
今週末に久々にモニターを募集させてもらおうかと思ってます。
はい、例の次のキットです。

投稿者 38brain : 15:05 | コメント (19) | トラックバック

2007年02月12日

おやすみなさ〜い

3連休ですね。
皆さんいかがお過ごしですか?
私は、と言いますと・・・

こんなものを買ってしまいました。
はい、デジタル液晶テレビです。(ちなみにサイズは37。)
また虚栄心を満たしてしまった罪な人です・・・。
いや、今回はねぇ、しょうがなかったのよ、だってテレビがぶっ壊れてまったく映らなくなったんだもん(と言い訳w)。
しっかしまぁ、こんなにデジタルなテレビの映像が綺麗だとは思ってませんでした。
時代は進んだなぁ〜(ジジくさw)。
そんなわけで、ずっとやり残していて懸念事項だったWiiのゼルダを10時間ほどほぼぶっ通してやり、先ほどクリアしました。
あ〜これで寝れる。
ってことで、おやすみなさい(笑)。

と、アクアネタ無しで終わるのもあれなので、小ネタを一つだけ。

最近何かと話題のアルジーライムシュリンプ。
これって下の写真のように・・・

なんか異常に体色が黒い個体がたまにいませんか?(飼ってる方、どうですか?)
ほぼ透明のやつもいるんですけどねぇ。なんなんでしょう。
ちなみに、namazuさんの「こちらの記事」だとさらに超美麗マクロ画像でお楽しみいただけますw。
黒い子の方が抱卵してる割合が高いような気がするのは単なる気のせいかな。
抱卵個体はけっこう見ましたが、未だに稚エビは見当たりません・・・。
そういえば、最近アベニーちゃんのうちの1匹(ぴくるす君)があんまり前より食欲が旺盛ではなくなったのと何か関連性が?・・・気のせいですよね、きっとw。

投稿者 38brain : 09:25 | コメント (22) | トラックバック

2007年01月19日

およげアルジーくん

コケ取り能力 未だ不明。

髭コケないから わかりません。

ブログ仲間の 噂も微妙。

それでもアルジー 泳ぎは得意。

今日も水中 駆け回る。

そして抱卵 ああ天晴れ。

やることだけは やっている。

今度は逆さ 楽しそう。

そんなアルジー 今日もゆく。

いつか主役に なるその日まで。

投稿者 38brain : 08:04 | コメント (28) | トラックバック

2006年12月26日

コケイヤン隊、最終生物兵器登場?!

先日、rainさんのこちらのブログの記事で、アルジーライムシュリンプなるエビが黒髭コケを食べるという噂をゲット。
現在うちの水槽では幸いなことにまだ黒髭は確認していませんが、何事も予防策こそが大事なもの。
ということで・・・、

はい、ご購入〜w。
いつものようにチャームさんでポチッとな、しました。(あ、生体をポチッとな、するのはめずらしい方かも)
近所のblacklayoutさんにも分けてあげようかと思ったら、同じくrainさんの記事を読んでもう購入してたしw

姿はまんまミナミヌマエビのような気もしないでもないんですが・・・大きさもね。
blacklayoutさんは若干ライム色してるかも、と言うようなことを言ってましたが、私はむしろミナミよりも透明に近いような気がしました。
よく見ると目の辺りが少しライム色かなぁ。

さて、どんなもんなんですかね〜。
フライングフォックス君に変わるアンチ黒髭の救世主になれるのでしょうか。
乞うご期待です。

では、最後に今日のワンコ風に「今日のデカルト君」のコーナーです。
今日はなかなか撮る機会のないお尻を激写しましたのでこちらをどうぞ。


今年も残すところあと1週間ですね。
ここの更新はあと今年2回だと思います。
次回は、例のアレが完成した報告ができるかな〜w。

投稿者 38brain : 06:59 | コメント (18) | トラックバック