« ADAコンテスト応募のために1日エセカメラマンになるの巻。 | メイン | アベニー写真&45cm水槽立ち上げ・その6 »

2006年04月26日

45cm水槽立ち上げ・その5

45cm水槽立ち上げの記録、第5回です。

1週間目にしてようやくアンモニアが検出限界から測れるぐらいに落ちてきたところまでが前回でした。

今回またもやアンモニアを測定してみると・・・

うん、明らかにさらに前回より下がっている模様。
前回は・・・

こんな感じでした。

9日目の時は亜硝酸と硝酸については試薬をケチって測りませんでした(苦笑)。
ここでまた10リットル水を交換しました。
で、ここの段階でさらに石巻貝2匹追加(コケ対策)、ブルーアイラスボラ1匹を試験投入しました。
ここの段階で石巻貝7匹、オトシン1匹、ブルーアイラスボラ1匹ということになります。

そして、今日11日目はというと・・・

うわぉ、ついにアンモニアが激減!
そして亜硝酸と硝酸がモウレツ〜ぅ!!(笑)
バクテリア働きまくりです。
そろそろもうアンモニアに関しては大丈夫そうですね。
ここでまた水を10リットル変えました。

パイロットフィッシュ(貝)たちは・・・

このように全員(たぶん)元気です。

さて、そろそろエビ投入の準備に取りかかってもいいかなぁ。

亜硝酸が下がった段階でいよいよ投入にかかろうと思います。

実は外掛け濾過のみの前の水槽で今週2匹エビが☆になりました。
早く移さないとヤバイのであります〜(大焦り)。

(糸売)

投稿者 38brain : 2006年04月26日 04:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/291

このリストは、次のエントリーを参照しています: 45cm水槽立ち上げ・その5:

» 変な石組…(;^ω^) from 俺のブログ 〜 I write pleasant BLOG 〜
60cm水槽やねんけど、水景の水草は小型水槽から 移植してきた「Aqua Tailors」さん推薦の水草 「ミリオフィラム・マッドグロッセンス グリーン」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月26日 16:32

コメント

バクテリア君たちが大忙しの働きっぷりですね?。
ベルトコンベアの流れ作業で、上流は一息ついてるけど、下流は大慌てって
感じなんでしょうね?。
むかし、某大手パン工場でバイトしたことがあったもんで...
なんか、そんな光景が浮かんできました。
亜硝酸も数日で落ち着くといいですね。

投稿者 おまつ : 2006年04月26日 09:17

順調に立ち上がってるみたいですね。
コケもなさそうですし。
ニトロソモナスは比較的すぐにって感じなんですが、ニトロバクターは
なかなか増えてくれないですよね。
だらだらといつまでも亜硝酸出て。
気合入れて分裂せんかい!とか言ってみたりして。
この先は嫌気環境で脱窒とかに行ってほしいです。
マッドサイエンティストとして!(笑

投稿者 furodesox : 2006年04月26日 10:15

大体10日でアンモニア無くなるんですねぇ。
早く移さないとエビの被害が広がりますね ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

20Cube水槽を再立ち上げしたときに、バイコム78(?)を使いました。
カルキ抜き水道水100%で、生体入れず水草だけの状態で
2週間ほっておきましたが、アンモニアもなんにも検出されませんでした。

バイコムのおかげでバクテリアがすげー繁殖したか、まったく居ないかのどちらかだと思いますが、
ミナミ稚エビを入れても元気に動いてますので成功なんでしょうかね(笑)

投稿者 ebiblog : 2006年04月26日 18:39

数日でこんなにも水質って変わるんですね!
なによりADAのシールが勲章のように輝いてます(うらやましー)
エビがキューバをひっこ抜いて泥沼の闘争に発展したりしないのでしょうか?(笑)

投稿者 Hossy : 2006年04月26日 20:00

ここまできっちりと水質調べれば、
バクテリア増えてるどぉー!!って実感もてますねw
最強濾過バクテリア「B?4」の30億匹のアルバイトさんたちが
せっせと働いている様子が目に浮かびます。
どんな姿してるか解んないけどw
あと、1週間ぐらいで水質落ち着きそうかな?

投稿者 hidakap : 2006年04月26日 22:07

こんばんは!
お?ぅ、しっかり測定されていますね。
本当はこうやって管理して飼育するのが魚にとっては良いんでしょうね。
アメリカやヨーロッパなんかはどうなんでしょうかね?
日本人よりも科学的な思想があるから、結構シビアに管理しているような気もします。

投稿者 laddario : 2006年04月26日 23:03

こんばんは、はじめまして、sugiyamatarouともうします。お邪魔いたします。
見事な実験データですね、こういう地道な測定ってやろうやろうと思いつつ、いつも「まあいいか…」と投げてしまうので、こちらの記事を拝見させてもらってとてもためになります(^^)アンモニア→亜硝酸の流れなんてほんとに見事なほど「よくわかる」実験レポートだと思います、いやはや…
僕もこの度新規に水槽を立ち上げるので、こちらの記事に興味しんしんです(^^;よろしければまたお邪魔させて下さいm(__)m

投稿者 sugiyamatarou : 2006年04月27日 00:09

日に日に変化していく水質面白いですねw
こうやって、水ができていくんだなぁ?としみじみ。
早くエビ入れたいですね^^

投稿者 golbi : 2006年04月27日 04:37

>おまつさん
ほぉパン工場でバイトですか。そりゃいい香りな環境でよさそうですね(笑)。
けっこうみんないろんなバイトしてますよねぇ。
私も、コンビニをはじめ、アミューズメントパーク、祭りのかき氷売り、魚屋、家庭教師、交通量調査、水質調査、脳波測定、など色々やりました。今となっては全ていい思い出です。

>furodesoxさん
ニトロバクターは順番があるからニトロソモナスが頑張ってくれないとどうしようもないですもんね〜。
バクターくん的には「おい、ソモナス、もっとちゃんと働けよ!」っていう気持ちかもしれませんね(笑)。
嫌気性細菌は好気性に比べると弱いので、実際のエーハイムフィルターの中ではどうなっているんでしょうね。誰か調べた人いるのかな。

>ebiblogさん
今回の環境では、という条件ですが、10日でようやく投入してもいいかなぁという段階に来ました。
底砂がソイルだとどうしても最初アンモニアが出ますね〜。
Mac水槽の時はソイルじゃなかったので、まったくアンモニアが最初からずっと0で、いざ生体を入れはじめたら急激にアンモニアが出てきました。
なんにせよここまでの短い経験から見ると、バクテリア環境ができるまでは2週間ぐらいは慎重に様子を見た方がいいってことみたいですね。
バイコムも人気商品みたいですね。友人のbonさんはバイコム好きみたいです。

>Hossyさん
実は最もおそれていることが、まさにHossyさんが書いた「エビがキューバ抜きまくり」なんです。
なので、キューバができるだけ根付いてから投入したいのですが、かといって前の水槽はだんだん濾過不足から危険になりつつあるし・・・という葛藤状態です。
ADAシール、一発でわかるのはいいですが、ちょっと目立ちすぎですよねぇ。
エビだけだと下の方だけなのでいいですけど、魚飼い始めると邪魔になりそうかなぁ。

>hidakapさん
きっと30億のバクテリアくんたちは、
「オルァ、アンモニア持ってこいや〜」
というドカタ職人的な勇ましさかと思われます。
今週末にはエビ投入と相成りそうですね。

>laddarioさん
やっぱりせめて最初ぐらいは水質測ってあげないと、急死させたらかわいそうですからね〜。
海外の人がもっと細かくやっているとは思えないのですが・・・(苦笑)。
日本人が一番細かいことにこだわっているんじゃないですかねぇ。
ヨーロッパはわかりませんが、少なくともアメリカは超大雑把ででかい魚ばっかり、アクア用品の品揃えも悪し、と在住のアクアリストが嘆いておりました。

>sugiyamatarouさん
はじめまして。おこしいただきありがとうございます。
文章を読む限りでは既にけっこうな経験者っぽいですね。
私なんかよりも全然きっと上級者ですよ〜。
新規水槽立ち上げ見たいですね。
もしブログをお持ちでしたらぜひ今度教えてくださいね。
今後ともよろしくお願いします。

>golbiさん
想像以上に綺麗に変化していく水質はバクテリアの働きを改めて実感させてくれましたね。
エビ入れたいけど、キューバが抜かれる・・・、という葛藤をどこで妥協して投入するかが今回の一番の悩みどころです。
でもまぁ、そろそろ水ができてきたっぽいので、今週末から段階的に投入予定です。
ちとこのネタにも飽きてきたので(苦笑)、違う話も書きたいし〜。

投稿者 38brain : 2006年04月27日 07:14

アンモニア下がりましたね?^^
アマゾニアって肥料多いからけっこうアンモニアがだらだらなのに
今回はK-6と混合ってのと、B-4のおかげかなぁ
あとは、亜硝酸ガクーンを待つばかりですね!

しかし硝酸塩の試薬の色ってグロいなぁ。。
これも、黄色になったらOKとかですかぁ?σ(^_^;)

投稿者 mitsu : 2006年04月27日 07:41

こんにちは、またまたお邪魔いたします^^
上級者でないことはたしかですが…アクア狂いです(笑)
いきなりですが…
http://aquapeople.exblog.jp/
一応エキサイトブログでアクアネタをやっております。テーマは「水草レイアウトとドワーフフィッシュ」ということで…
よろしければお時間があるときなどお越しいただけると嬉しいです(^^)
更新楽しみにしております、またお邪魔させてください。

投稿者 sugiyamatarou : 2006年04月27日 13:05

お邪魔しますー
劇的な変化って本当にあるんですね!
私はちゃんと試薬で測ったりしないズボラ管理なので感動しました(笑)
石組み本当にバランス良いですね! すごいです!!
早くADAギャラリーの美麗水槽みたいになると良いですね^^

投稿者 masaki : 2006年04月27日 21:08

亜硝酸さえ下がればOKですよ!
K-6どうですか?
この組み合わせエビ飼育してる方
結構いらっしゃるので安心ですよ!
きっと良い結果がでますよ?

投稿者 ebita : 2006年04月27日 22:29

>mitsuさん
どうなんですかねぇ、普通の時よりやっぱり少し早めに立ち上がってくれたんですかね?
亜硝酸ガクーンも無事今日来ましたよ〜!!
確かに試薬の色、グロイですよね。いかにも毒。
これがおいしそうな色だったら、大丈夫かも、とか思って魚入れてしまうかもしれないのでこの色でいいのかも(笑)。

>sugiyamatarouさん
コメントありがとうございます。
早速先ほど遊びに行かせてもらいました。
立ち上げ、超楽しみにしてます。
やっぱり凹型が今熱いんですかねぇ。
ではでは、今後ともよろしくお願いします。

>masakiさん
一番この初期の1〜2週間の変化がでかいでしょうね。
後は、アンモニアも亜硝酸も検出されなくなって試薬の色的には面白くなくなります(笑)。
いやいや、石組みは他の方に比べたら全然まだまだですよ〜。比べることすら失礼な感じです。
キューバパールが草原になれば少しはまともになるかなぁって期待してま〜す。

>ebitaさん
いよいよエビ投入前夜というところです。
そのうちまた記事に書くと思いますが、やっぱりK-6硬度高いですね。
前との差はおそらく硬度とpHだと思うので、その辺がどうエビに影響してくるのか、楽しみです。
今後も継続的にエビレポお送りしますね。

投稿者 38brain : 2006年04月28日 18:09