« 初めての共同作業。 | メイン | 今夜 »

2006年05月02日

45cm水槽立ち上げ・その7

先週からやっていたゲームボーイのMOTHER3というゲームを昨日クリアしました。
いやぁほんとおもしろかったぁ。久々にゲームしまくったわ。
(明日辺り詳しくもう1個のブログ(ここ)で書こうかと思います。)
てなことで、ようやく昨日、皆さんのブログをじっくりと拝見させてもらいました。
少々ご無沙汰してしまい失礼しました。

さて、通常バージョンでは最後と思われる45cm水槽立ち上げの記録、第6回です。
次回最終回第7回では今までのまとめをしたいと思っています。

いつものように、まずは水質チェックです。

うんうん、アンモニアはもうないですね。
亜硝酸もほぼ0、硝酸だけまだガンガンに出ていますが硝酸の毒性は低いのでもういいでしょう。

ということで、ここの段階で水替えをしつつ、まずは選別外のエビちゃんを8匹ほど投入してみました。
(選別外から投入するところが、現実的で薄情なところです(笑))

そして本日、17日目・・・

アンモニア、亜硝酸とも0。
硝酸もだいぶ減ってきましたね。水が完成したようです。

ちなみに、他の値はというと・・・

やはり前一度測った時のようにpHがやたら低いです。
pH6.0あるいはもうちょい低いかもぐらいな感じです。
(あ、ちなみにこれテトラ社の試薬ではないです。なのでちょっと濃いめです。)
生体にはきっと最適な値だと思われます。
今まで他の水槽だとpH7.0ぐらいだったので、これはありがたいですね。

でも少し気になったので他の水槽も測定してみると、pH 6.5ぐらいでした。

おや〜?と思って今度は水道水を測定してみるとpH7.0でした。

実はうちの水道、数ヶ月前に測定した時はpH7.5だったんです。
噂には聞いてましたが、季節によって水道のpHってほんとに変わってるみたいですね〜。

まぁそれにしても、今回立ち上げている水槽内のpHが他に比べて低いことには変わりありませんけどね。

で、GHはこれまた最高値の8。
他の水槽はGH4でした。
K-6ソイルと青龍石が効いているみたいです。
まぁ低すぎるよりはいいのかなぁとも思いますが、低くても調子がいい方は調子がいいようですし、GHに関してはハッキリとどの値がいいのかの結論は出てませんね。

そゆことで、水槽の今はこんな感じになってます。
 ↓

石巻貝が壁面じゃなくてやたらとソイルの中に潜り込んでいて、キューバパールが抜けたりして困ってます(苦笑)。
でもだいぶ前にキューバパールを初めて植えた時よりはだいぶみんな浮かずに辛抱してくれているようです。
きっとエビがまだほとんど入っていないおかげでしょう。
キューバが抜かれるのが怖いので、しばらくヤマトヌマエビは入れない予定です。

早く草原になってくれるといいなぁ〜。

投稿者 38brain : 2006年05月02日 03:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/295

コメント

お?だいぶ落着きましたね!
硝酸塩は水草ぼうぼうになると落着きますよ!
ある期を境に一定に保たれるんです、意外と知らない方いるんですが、その時期は足し水だけで維持できます。それも結構長い期間。私はこれで換水ナシ記録約2年いけました。うんちく語ってスイマセンwww

投稿者 ebita : 2006年05月02日 08:26

一気に硝酸濃度も半分以下になりましたね。
これは水換えの効果でしょうか?
うちの水槽は水換えしてもあまり濃度が変わらなかったりして、
気にしないながらも気になってます(笑)
前の水槽のような草原、早くできるといいですね?。

投稿者 おまつ : 2006年05月02日 10:06

GH8はやはり高いっすね、石組なら仕方ないし、こうしてみると
水草にも影響ないし、無理して下げることもないのかなぁと
思いますが、どうですかね?
うちも流木の水槽はGH4位でしたが、今はゼオライトの換水の為、1?2位です。石組は3?4位です、エビも落ちませんが、結局のところ触らなくってもよかったのでしょう!とも思っています。

投稿者 レガ@渋川 : 2006年05月02日 11:36

あぁー・・・。ウチのエビ君が2匹死んでしまいました。
その理由が・・・水を水槽のふちすれすれまで入れていたため
飛び出しによる乾燥死体です(泣)
エビが飛び出すことなんかあるんでしょうか?
ショックです。というかマヌケです(汗)

投稿者 Hossy : 2006年05月02日 11:59

ウチもそうなんですが、なーんで石巻くんって潜るんですかねぇ(笑)
エビ入れて順調にいってくれるといいですねぇ?。

投稿者 ebiblog : 2006年05月02日 16:22

この水質なら問題なさそうですね。
高硬度は…キューバパールには合ってるのかな?
青龍石+キューバの組み合わせ、よく見かけますしね。

もしかして前面の凸凹、全部石巻貝の仕業??
(凸、凹、変な意味じゃないよ。先に言っとくw)

投稿者 hidakap : 2006年05月02日 21:15

石巻貝、やたらソイルの中へ行きますよね?。
そしてそのまま動かなくなり・・・おやっと思って引っ張り出すと腐っていたり・・・それがまた、いや?ん、臭?いって感じで(^^;←酔っ払ってます(笑)
ウチでは貝類は短命です。ズボラアクアリストでソイルで水草やってる人間が水質を中性?アルカリ性で保つのは無理!!(苦笑)

投稿者 謎謎 : 2006年05月02日 23:02

まさに「詰め将棋」!
お見事な立ち上げでしたね(^^)
僕も見習いたいです…

投稿者 sugiyamatarou : 2006年05月02日 23:19

石巻さん埋まっていますね(><;
ソイルの中のほうが落ち着くのでしょうか・・・(笑
だいぶ前になるのですが、もぐりかけている石巻さんを移動させようとしてガラスからはずそうとしたら、本体から貝がはずれてしまい・・・(キュポって・・・
こ・・・こわかったです!!!

投稿者 ぴぐれ : 2006年05月03日 02:15

MOTHER3、おもしろかったですか?
糸井さんのやつですよねー。
MOTHER1はファミコン時代にやったのですが(古ッ!)
敵も含めて、「誰も死なない」ってコンセプトが、
糸井さんらしいなぁ...と思った記憶があります。

あれー??、
アクアと全然関係ないコメントになってしまった(^^;

投稿者 パーシー : 2006年05月03日 02:44

>ebitaさん
基本的に硝酸塩は最終産物ですからね。
それを少しずつ水草が消費してくれつつ、バクテリアとのバランスが保たれると足し水だけで維持できるのでしょうね。
その微妙なバランスを保てる人ってなかなかいないんじゃないですかねぇ。
結局自分は無難に水替えをしてしまうのでありました(笑)。

>おまつさん
硝酸塩はある程度はずっと出続けるのが正常な状態だと思いますよ。
なので心配ないでしょう。たぶん・・・(苦笑)。
草原、また半年ぐらいかかるのかなぁ〜。

>レガさん
GH8はたぶんアマゾニアだけではそこまでいきそうにないので、今回使用しているソイルのためらしいです。
なんだかエビ雑誌でもGHは低い方がいいとか高い方がいいとか色々言われているようなので、ま、崩壊さえせずに元気なら何でもいいのかと思っちゃいますね(笑)。
渋川って地名でしょうか?はて?もしかして携帯から?

>Hossyさん
うそ〜!!!!?そりゃショックですね・・・。
私も水面ギリギリまで入れて魚を数匹ダイブさせたことはありましたが、エビもダイブしちゃうんですね。
う〜ん、悲しいです。
この期にグレードアップして再スタートを切るというのはどうでしょう(苦笑)。

>ebiblogさん
どうもソイルと水面の境界ギリギリの辺りにコケのような石巻貝のエサとなるものが豊富にあるからのような気がします。
ソイルは黒いからわかりにくいですが、白系の砂だと境界ラインになんかたまっているのがみえたりしますので。
あんまり潜らないで壁のコケだけで我慢してよ〜って思いますよね〜。

>hidakapさん
水草もあんまり硬度高いとよろしくないものもあると聞きますので少々心配ではあります。
そうです、hidakapさんの大好きな前面の凹凸は全て石巻貝の仕業と思われます(笑)。

>謎謎さん
引っ張り出したら腐ってたって、いや〜ん(笑)。
水草の場合も大概が弱酸性がよいらしいですよ。
弱酸性の方がコケも出にくいようですし。
とはいえ、なかなか人工的にpHをコントロールするのって難しいですよね。
その点、ソイルは手軽にpHを維持できてよいのかもしれませんね。

>sugiyamatarouさん
詰め将棋って言うか、成り行きを見守りつつ、ビビリながら生体を徐々に投入していっただけですけどね(苦笑)。
ただまぁできるだけ生体を☆にさせないように、とはいつも思ってます。

>ぴぐれさん
シュポってとれちゃったんですか!(ガクガクブルブル)
う〜ん、それはこわいかもぉ。夢に見るかもぉ。
本人は、「いや〜ん、見ないで〜ん」程度かもしれませんけどね。

>パーシーさん
いやいや、アクアと全然関係ない話も大歓迎です。
MOTHER3最高でした。
ストーリーがいいですよねぇ。町の人一人一人にちゃんと個性があるし。
MOTHER2も最高ですよ。ゲームボーイで復刻版が出てるのでおすすめです。

投稿者 38brain : 2006年05月03日 07:09

ども。初カキコです^^
リンクありがとうございます。
私も遅くなりましたがリンク貼らしていただきました。
ちょっと難しい?かったですけど、これでレベルアップできました^^
今後とも宜しくですm(._.)m

さて、新規立ち上げ記録、次回が最終回という事ですが、
もう完璧ですね!私もこのくらいまめじゃなきゃな・・・^^;;
キューバパールの草原、私も好きです。が根が張らないとすぐに
浮いてしまう植栽直後ってある意味苦痛ですよね・・・。
うちはCO2添加しなかった為に根が張る前にエビに見事に全て抜かれて
しましました・・・。

投稿者 NA-HAMMER : 2006年05月04日 02:33

突然ですみません。
アクアリスト歴1年ちょっとの伴侶を持つ妻です。
6月24日に主人が念願のオーバーフロー水槽を購入しました。(1700×600×700)もちろんローンで 笑。
シルバーアロワナや、パロットファイヤー、エンドリケリー、スポテッドガーなどが同居しておりますが、最近ダトニオやパロットファイヤーが相次いで他界し、加えてアロワナが餌を食べなくなってしまいました。pHは当初の7、0から7、95まで上がっています。設備はオゾナイザー・殺菌灯をつけています。
38brainさんのページを見て、この人だ!と思いました。
対処法が見つからず、落ちこんでいる主人になにかアドバイスをして頂けませんでしょうか。

投稿者 ぱろっと : 2006年07月20日 08:47

>ぱろっとさん
どうも、はじめまして。よくこんな辺境の地にたどり着きましたねw。
おこしいただきうれしく思います。
巨大水槽、すごいですね〜、ローンとはいえ、それが置けるスペースがあるだけでもうらやましいです。
で、書いていただいた問題についてですが、、私ではまるで役不足だと思います。
何しろ、私はまだ熱帯魚初めて1年も経っていないですし、自分の水槽でもアップアップな状況ですから(苦笑)。
詳しい状況がわからないので、とりあえず書いていただいたことだけからできる限り推測するとすると、6月24日にまっさらの状況で立ち上げたのでしょうか。
そうしますと、まだ1ヶ月も経っていないわけで、濾過システムが完全にできあがっていない可能性があるのではないでしょうか。
唯一ここに書かれていることでわかっている問題点としてpHが上昇しているということですが、アンモニア濃度などは測定してみましたでしょうか。
アンモニアはご存じの通り毒性が高い物質であり、濾過ができていればバクテリアによってすぐに無毒化されるのですが、立ち上げて間もない水槽だと残ってしまいます。
アンモニアはやや毒性が低いアンモニウムイオンと毒性の高いアンモニアの状態の両方が均衡した状態になっているのですが、pHが高い状態だとより毒性の強いアンモニアの状態に偏ります。
ですので、アンモニアが残っている状態でpHが高いというのは生体にとって危険な状況であると言えます。
アクア界には「水替えに勝る良薬なし」という格言のようなものがあるらしいですし、まずは水替えを頻繁におこなってみると、アンモニアも下がり、pHも7付近になると思われます。
もちろん他にも、伝染する病気が発生している可能性もあると思います。
他界してしまった魚たちになにか見た目で変わった様子などはなかったでしょうか。
病気の可能性が考えられるようでしたら、食塩を0.5%の濃度になるようにゆっくり加えたり、薬を投与する必要があるかもしれません。
また、今の季節ですと水温の上昇による影響も考えられますが、その辺りは大丈夫でしょうか。
私が言えることといったらこの程度です。
お役に立てず申し訳ありませんが、何かしらの示唆となりましたら幸いです。
ショップの方とか、もっと上級者のアクアリストの方などにご相談いただくのがよいかと思います。
せめて残った魚たちが元気になってくれるとよいですね。

投稿者 38brain : 2006年07月21日 05:52

お返事ありがとうございました。とても長いコメントに感激いたしました!!
38brainさんのおっしゃる通り、今回の事件(?)の原因は水がまだ出来あがっていないのに魚たちを引越しさせてしまったことにあるようです。
他界してしまった魚たちには本当に申し訳ないことをしてしまいました。
主人は念願の巨大水槽に早く魚たちを移したくて、少し早まってしまったようですね。
濾材もまっさらだったし、タンクも大きいのでもう少し待つべきでした。
アンモニア濃度を測定してみて、濾過バクテリアを投入したり、水換えをしたりして様子を見ます。
それにしても、「今日返事があるはずだ」という予想を裏切らない38brainさんには頭が下がります。
ありがとうございました。

投稿者 ぱろっと : 2006年07月21日 21:40