« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月30日

熱帯魚と飼い主の関係を橋渡しするもの

そのメインはやっぱりエサでしょう。
むしろエサのみを欲しがっているように見える時も少なくはないわけですが、いや、それはなついてくれているんだと無理矢理思うようにしましょう。
その方が幸せです(笑)。
エサをあげた時に喜んで食べてくれる姿を見るのはやはりうれしいものです。
そんなわけですから、ついつい色々なエサを見つけると買ってしまうんですよねぇ。
エビ飼いの大御所ホリホリえびろーさんなんてその最たる方ではないでしょうかw。なんだかよくわからないグッズも鬼のようにお持ちのようでしたしww。
まぁ鬼がエビグッズを持っているわけはないのですが。

そんなわけで、私もけっこういろんなエサを買ってしまうわけですが、今回ご紹介するのは新たに追加した2つのエサです。


まず一つめが、あのテトラミンの姉妹品「テトラミン・プロ(TetraMinPRO)」です。
その「PRO」というところになんとなく心惹かれていたわけですが(笑)、やっと最初に買ったテトラミンも残り少なくなってきたので購入してみました。

入れ物の写真からもわかるように、クリスプタイプといって、ノーマルテトラミンよりもだいぶ小さい円形タイプのエサです。
ちなみに、ノーマルテトラミンは粒がでかすぎるので、最初にすり鉢で細かく砕いて、それを「THE SUISOU」の兎夢さんにもらった木のスプーンであげています。(詳しくは前のブログの「こちら」をご参照ください。)

で、あげてみました。
・・・う〜む、ノーマルテトラミンより若干食いつき悪いかも(苦笑)。
慣れてないってのもあるのかもしれませんけどね。
今はテトラミンとテトラミンプロを半々ずつぐらい他のエサとローテーションを組みつつあげています。
ただ、やっぱりいくら小さいとはいえ、このプロのサイズでもテトラオーロとかグリーンネオンにとってはまだ少し大きいようなのでこちらも砕く必要があるかもしれません。
エサの臭いも少しノーマルテトラミンと違うような気がします。

で、次に上の写真の右にある「どじょう養殖研究所」のGROWというエサです。
こちらの商品、けっこういろんな方のブログでも見かけますが、いいです、これは!
すぐに底に沈むので底にいる生体(コリドラスとか、エビとか)に最適です。
それに溶けてデロデロになりにくいのもナイスです。
何より食いつきが違います!猛烈にパクついてます。
いろんなタイプが出ているようですが、このDタイプが一番粒も小さくよさげです。
レッドビーシュリンプもすぐに寄ってきて、1粒つかんで持ち逃げします。
ヤマトヌマエビなんて狂ったように舞い踊ってますw。
臭いはけっこう強いですね〜。まぁ水槽に入れてしまえば臭いはしませんけども。
その香りの強さがまた生体にとってはたまらないのでしょうね。

ということでエサ紹介でした。

やっぱり、生体との絆を深めるために、喜んでもらえるエサって色々欲しいですよね〜。

投稿者 38brain : 04:50 | コメント (19) | トラックバック

2006年06月28日

ゴールデンアップルスネールいりませんか?

まずは、レッドラムズホーンの話から。

こないだレッドラムズを飼っている金魚鉢を見てみたら・・・

な・・・なんでみんな一カ所に集まってんの・・・?(笑)

そこに何かウマイもんでもあったのかな?
下の方には集団第2群が見えます。
このように、うちでも50匹程度に増えてきてます。
ぼちぼちアベニーちゃんにあげよっと。

で、さらにもっとすごいものがあるんですよ。

次の話は私のことではなくて、K.さんという、うちのブログにたまに遊びに来てくれる方の話です。
K.さんのサイトは「こちら」。

このK.さん、私がMacCube水槽を作ったのを見て、それに影響を受けてくれて、なんと自分でもMacCube水槽を作ってしまったんですよ。
私が知る限りでは日本で2台しかないMacCube水槽の持ち主なのです。
いやぁこれは驚くと共にうれしかったですね〜。
Macユーザーは世界中で友人なのでありますw。

で、このMacCube水槽でこれまたゴールデンアップルスネールを飼っていらっしゃるんですが(ゴールデンアップルスネールに関してはK.さんに先を越されて「やられた〜っ」って思いましたw)、そのゴールデンアップルスネールが大変なことになっているんです。

下の写真を見れば一目瞭然・・・。


(この画像はK.さんのサイトからお借りしたものです)

ね、えらいことになってるでしょ(笑)。

今気が付いたんですが、横にMacPowerの雑誌があるw。

さすがのK.さんもこの爆殖ゴールデンアップルスネールに少々手を焼いているようで、この子たちの里親を募集しているそうなんですよ。

そこで、せっかくなのでここで募集をかけさせてもらうことになりました!

唯一の条件は、直接取りに来てくれる方、だそうです。

場所は、「兵庫県伊丹市」です。

え?厳しい?w
まぁまぁそういわずに、兵庫県近辺の方でも遠くの方でも、ぜひぜひゴールデンアップルスネールの里親になってくれるという方がいらっしゃいましたら、ここのうちの記事のコメント欄に、「ゴールデンアップルスネールもらいに行きま〜す。」というコメントを書いてくださいませ。

ほんと困っているようなのでもらってあげてください。

アベニーちゃんにあげるもよし、普通に可愛がるもよし、ジョブスと名付けて可愛がるもよしでございます。

まぁ、もらえないという方でも、K.さんのサイト、なかなかイラストも素敵ですし、サイト自体もお洒落なので遊びに行ってみることをおすすめしますよ〜。

ということで、スネールまみれな記事でした(笑)。

投稿者 38brain : 02:50 | コメント (34) | トラックバック

2006年06月26日

ファンを付けてみる。

色々な方のブログで既に書かれており、時機を逸してしまった感もある記事ですがご了承ください(笑)。

実は設置したのはけっこう前だったりしますw。

アクアリストになって迎える初めての夏。

あんなことやこんなことが起こってしまうかもしれない、ドキドキの夏。

まぁ、水温上昇のことですがw、そゆことで、設置することにしました。

ブルジョワな方はクーラーを、そしてさらには自作するツワモノもいらっしゃるようですが(tank45さんの「こちら」の記事でクールな自作ファンを作っているのは感動ものでした)、まぁ私は無難かつ貧乏ということで、普通のファンにすることにしました。

購入したのは水作(suisaku)のファンです。
(45cmエビ水槽と60cm水槽はでかいの、MacCube水槽用は小さいのを購入)

まぁ、ぶっちゃけ見た目はいけてないですが(苦笑)、水作製品はとにかく音が静かなので、静音性重視でこれにしました。

というのも、以前、水作製のエアポンプ
 ↓

これを買ったんですが、以前使っていたエアポンプはいったい何なんだと言うぐらい、むちゃくちゃ音が静かで、動いているかどうかわからないぐらいだったんです。
このエアポンプはマジでおすすめですよ!!!
で、まぁその静音性に惚れてファンになってファンもこちらを買ってみたというわけです(ファンがなくても寒すぎw)。

そして、まずはエビ水槽に設置。

う〜ん、他の会社の製品のファンを使ったことがないのでよくわからないけど、さすがに無音ってことはないですね。
でもまぁ耐えられない音ではないですね。
耳障りな音はあまりしないです。きっと他社よりはだいぶ静かなのでしょう。

続いて、60cmと、Mac水槽にも設置。

実はこのファンを選んだもう一つの理由があって、それは形状と水槽への設置のさせ方だったんです。
Mac水槽は上の写真のように、壁面がアクリルで覆われているので、水槽の縁にかけるようなものでは使えないんです(だから普通の外がけフィルターも使えません)。
この水作のファンは、横面のキスゴムと、さらに水槽内部からマグネットをくっつけてダブル固定するものなんです(普通の水槽の場合は壁面でも固定できるのでトリプル固定ですね)。
なので無事Mac水槽にも取り付けられました。
Mac水槽は寝室にあるんですが、まぁ付けっぱなしでも慣れれば寝られなくはないと思いますが、でも寝室にはちょっとうるさいかも、ですね。
寝る時は消して寝るのでまぁいいんですけどね。

そんなこんなで、果たしてこれだけで夏を乗り切ることができるのか。

初めての夏、キンチョウの夏。


______________________

今日ぐらいからようやく皆さんのブログを少しはゆっくり見られそうです。
例の件はほんと応援ありがとうございました。心より大感謝です。

投稿者 38brain : 05:29 | コメント (21) | トラックバック

(久々?) リンク追加情報

今回は・・・

ちょっと事情により休んでいたけど、無事復活されたお魚さんの「暇な一日ディスカスと。」

けっこう自作ファンとか作ったり何かと挑戦する記事が魅力のtank45さんの「ぼちぼちアクアリウム」

今度新潟に引っ越すようで、NAギャラリーが近くてうらやましいぞ〜!wの猫丸さん「アクアクアクアなミニキューブ水槽」

先日ティアラで猛烈に水草を購入したwニコチンさんの「丸出し初心者で行くのです」

ついに白砂水槽を立ち上げてこれまたうらやますぃ〜のmiwanetさんの「miwanet.org」

の方々のブログをリンクに追加させていただきました。

ちょっと最近多忙だった為に遅れましてすいませんでした〜。

もしリンクし忘れちゃってる方とか、うちにも是非リンク張ってよ〜とかいう方がいらっしゃいましたらお気軽にコメントで書いてくださいね。
もれなく、私が2日に1回ぐらいは訪問させていただきます(笑)。

投稿者 38brain : 04:55 | コメント (5) | トラックバック

2006年06月24日

アヒ〜ッ・2

もう16時間しかない・・・、

いや、まだ16時間もあるさ。

逃亡の準備も万端w。

現在、午前8時現在の完成度、約75%ぐらいかな。

(本日は時々進行状況を1行程度ずつ書くかもです。)

______________

12時現在、公開可能レベルまでの完成度80%。
カゴシステム完成。

______________

18時現在、公開可能レベルまでの完成度85%。
実は終わりが見えてきたので余裕こいて2時間ほど昼寝し、30分お風呂に入っちゃいましたw。
この余裕が吉と出るか、凶と出るか。
まぁ大概は凶と出るわけですが・・・(笑)。

______________

20時現在、公開可能レベルまでの完成度87.5%。
アヒ〜ッ、こりゃ相当ギリギリの戦いになってキター!
「オラ、わくわくするぞ。」と孫悟空並のMっぷり状態です(笑)。
今からやること・・・、
・商品詳細ページの追加
・ユーザーの声コーナーの追加
・メニュー部分だけFLASH化 & JavaScript化
・サイトマップの作製
・各ブラウザおよびOSでの動作チェック
ぬおおおおぉぉぉ・・・。

___________________

22時40分現在、公開可能レベルまでの完成度92%。
・トップページ完成
・ユーザーの声追加完了
・サイトマップ作製完了
これからメニューのFLASHを30分で完成させねば。(あり得ない〜!)

___________________

23時20分、公開可能レベルまでの完成度95%。
FLASH&JavaScript完成。
なせばなるもんだ(笑)。

__________________

キャッシュが残っていて見えない方もいるかもしれませんので、取り急ぎ報告を。

99%は完成したものの、バグ一つ発見。
全HTMLファイルを1行ずつ修正作業突入orz。
完全なる余裕を持って午前1時オープンとします。
ほんと待ってくれた方には、マジでマジで、申し訳ないm(_ _)m

__________________

Mac上でのバグはなくなったけど、今見たらWinのIEがかなり表示崩れてる・・・orz
WinでもFireFoxだと完璧みたい。
たぶん試してないけど、Operaでも大丈夫なんじゃないかなぁ。
やっぱりIE6はスタイルシートへの対応がいけてないという悪しき噂は本当だったのね。
う〜ん、とりあえず1時にはアップしますが、表示を直すのは明日以降になりそうです・・・。
まじかよIE・・・。
IE 7ならもしかして大丈夫かもです。

_______________________

スタートしました!!!

_______________________

いきなり大量の注文ありがとうございます。
そしてお待ちいただいた方も、本当にありがとうございました。
メールの定型文をまだ作ってませんので、今晩中には完成させて確認メールを送らせていただきますね。
今後とも頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

ちなみに、7月1日から発送という理由は、pH assay kitとGH assay kitの箱の横に中身を認識できるシールを貼ろうと新たに考えまして(ScarletGemさんのコメントからそのように思い立ちました)、そのシールが完成するのが来週なのと、日本郵政公社との送料割引契約が7月1日からという2つの要因のためです。
もう少々お待ちいただきますようお願いいたします。
もしかしたら7月1日までに商品を追加できるかもしれないので、今回ご注文いただいた方の追加やキャンセルなどを受け付けますのでよろしくお願いします。

とりあえず、今日だけはここで書かせていただきましたが、今後は向こうのサイトで全て告知させていただきます。
ここのブログは明後日からは通常ブログに戻ります。

ではでは、ほんと多数の応援、ありがとうございました。
心よりブログ・アクア仲間の皆さんに感謝いたします。

________________________

メシ買いにいってきます(笑)。
今日中には返事しますので、もう少々お待ちくださいませ。

________________________

ただいま午前6時、まだ起きてますよ〜。
いやぁIEのバグにはまいりました。
なんとかほぼ普通に表示できてるようになったと思いますが、もしおかしな点があったら気軽に教えてくれればうれしいです。
ちょっとWinのIEだと黒バックに白文字で小さい字が読みにくいですかねぇ。
少し余裕ができたらもっといじろうと思います。
ではでは、これからご注文いただいた方へのメール作製に入りますね〜。
今回のコメントへのレスはできるかどうか微妙だと思いますのでご了承くださいませ。
でもたぶんちゃんと書かせていただきます。

投稿者 38brain : 08:14 | コメント (66) | トラックバック

2006年06月22日

アヒ〜ッ

すいません、寝かしてください(苦笑)。

投稿者 38brain : 08:39 | コメント (23) | トラックバック

2006年06月20日

じょぶすのドタバタ劇

MacCube水槽にちょっと前に仲間入りした、ゴールデンアップルスネールの「じょぶす」(名前)。

けっこうあっち行ったりこっち行ったり、動きが速くドタバタしてます。


 ↑
なぜか底面フィルターの排水口に果敢に突撃するじょぶすw。
まぁ、ちょっとコケっぽいからなぁ。
いったいどうなってしまうのか、見守っていたところ・・・

結局、ボテッと下に落ちてました(笑)。

まぁ、常にこんな平和な感じのドタバタならいいのですが・・・

ついにやってきた大ピンチ!
あまり最初の頃は気にしていなかったアベニーちゃんでしたが・・・。

そんなに世の中甘くありませんでした。

この後、アベニーちゃんにガブッといかれてました(苦笑)。

まぁ、やっぱりアベニーちゃんはお腹が空いてる時は貝系に噛みつくのね。

そういうわけで、このままMac水槽にじょぶすを入れておくのはかわいそうなので・・・、

結局エビ水槽に移ることになりました。

まるで、十数年前にアップルを追われたのスティーブ・ジョブスのように...(苦笑)。

_________________
追記
これから数日間はあまり皆さんのところに遊びに行けなそうです(涙)。
行ってもコメントは残せないかもしれませんので、ご了承ください。
コメントへのレスはちゃんと頑張って書かせていただきます。
相当ギリギリの戦いになってきましたw。
あ、あと、ついでに書いておきますが、もしかしたら激しいFLASHを期待している方もいるかもしれませんが、aquamind laboratoryのサイトはFLASH極めて0にする予定です。あえて。
本当はFLASHの方が慣れてるので作るのは早かったりするんですけどね。
まぁ、いろんな事情とかショップ独自の考えなどもありますし・・・。
ということで、また数日後・・・。

投稿者 38brain : 04:01 | コメント (19) | トラックバック

2006年06月18日

モニター第3弾募集のお知らせ

オープン前の最後になる第3弾のモニター募集をさせていただきます。

今回の商品は、前のpHとGHとは一風変わったものです。

こちらです。↓

え?怪しい粉?
まぁ、確かに怪しいですが・・・(笑)。

「Potassium Carbonate」、すなわち「炭酸カリウム粉末」です。
水草の栄養剤用のものになります。

植物の三大栄養素は「リン・窒素・カリウム」と言われています。
水草飼育環境下では、特にカリウムの不足が起こりがちです。
(他の2種は大概の場合、既に充分量含まれている場合が多いです。)
カリウムが不足すると生長に問題が出たり、白く色が抜けたりします。
これらが起きなくなるように添加するのがこのカリウムになります。

また、カリウムは他の添加栄養剤に比べ、コケが出にくいとも言われています。
他の肥料でコケが出やすい要因は、カリウム以外の充分にある成分を過剰に加えているところにもあるのではないかと思います。

いわゆる一般的に売られている液体のカリウム添加栄養剤は約10%程度の濃度のものが多いようです。
このaquamind laboratoryの炭酸カリウムの粉は1本に250g入っています。
単純に10%のものを作るとしたら、これだけで2.5リットルの液体栄養剤が出来ます。
60cm水槽に1日2ミリリットルずつ添加するとして、3年分以上あることになりますw。

ちょっとだけ作り方を紹介しますね。

今回はあえて粉末状での販売をおこなうことにしました。
その方が安価で提供できますし、液体栄養剤を自分で作る楽しさや、入れる容器を選ぶ楽しさも感じてもらえるのではないかと期待しています。

上の容器は無印良品さんで購入したものです。例としてこれに入れることにします。
たしか200円ぐらいだったように思います。
100円ショップでも色々な容器が売っているでしょうし、自分の好きなプッシュ機能付きの容器を用意してみてください。
ただし、洗剤やシャンプーの空き容器は、生物にとって毒性がある液体が残っている場合があるので、よほど綺麗に洗わない限り使わない方がよいでしょう。

で、次に上のように粉を測ります。
今回は10%の液体を300ml作ることにしますので、粉の重さは30g分必要ということになります。
この辺の重さは、だいたいで全然問題ありません。
家の測りの精度で充分です。

そして、容器に入れて溶かします。
水は、コンタクトレンズ用などの市販の精製水を使うのがベストですが、水道水をカルキ抜きしたものでも問題ありません。

正確には、ここで最終的に300mlの液体を作るので、粉を溶かす水は250mlぐらいにしておき、溶かしたあとに最後に計量カップに入れて、水を足してちょうど300mlに合わせます。

この販売する試薬のウリは、極めて純度の高い炭酸カリウムであるということです。
純度は99.5%以上で、最高級グレードです。
純度が高い上に粉末も細かいので、一瞬にして簡単に水に溶けます。
100mlの水に100g以上溶かすことが可能です。

で、まぁ最後にお遊びとして・・・

こんなラベルを付けてみたり(笑)。
完成であります。

1プッシュがどれぐらいの量が、計量カップなどで100mlにするのに何回かかったか、などで測っておくといいでしょう。
重さを量ってもいいですね。1mlの水は1gです。

液体栄養剤としての添加量の目安もマニュアルに載せておきました。


いよいよオープンまであと1週間となりましたが、実は相当焦ってます。
WEBページを作ることの大変さを甘く見てました(苦笑)。

ここだけの話、私、不治の病にかかっているんですよ・・・。

「せっぱ詰まらないとやらない病」です・・・w。

「独りよがりなアクア日記」のおまつさんもこの病気の感染者だそうですw。)

いやぁ、1週間もあれば余裕だろうと思って余裕ぶっこいてたんですが(いや、他に色々やってましたけど)、ここに来て、かなり微妙な段階になってきました。

CSSがよぉ・・・、カートがよぉ・・・、デザインがよぉ・・・ww。

う〜ん、なんとか間に合うかなぁ・・・というところです(大汗)。

ま、まぁ何とかします。たぶん。

2,3日記事のアップデートがなくなったら逃げたと思ってください(笑)。

ま、冗談はさておき、ではでは、続きを読む以降にモニター応募用件について書かせていただきます。
よろしくお願いしま〜す。

では、応募条件について書かせていただきます。

今回は前よりちょっとだけゆるめです。そうでもない?
これらの条件に合致し、同意してくれる方、先着3名に商品代金無料・送料無料で送らせていただきます。
発送について、今回も定形外での発送のみとなりますので、ご了承ください。

以下が応募条件になります。

1. 当サイト「AM2 -aquamind2-」に一度でもコメントを書いてくれたことのある方。

2.水草が水槽内に1本でもあること。(っていうか、ないと意味ないですw)

3.過去に液体肥料を使ったことがあるかないかは問いません。

4. 水草に元気に育って欲しい方w。

5. 使用後の感想を少なくとも200文字以上程度で伝えてくれる方。(メールでも、使用者のブログ内の記事上でも構いません。)

6. aquamind laboratoryに設置予定の「ご使用ユーザーの声」コーナーに、上記の感想の一部を載せることに同意していただける方。(使用者についての表示は名字のみ、あるいは匿名、ハンドルネーム等でも構いません。また、もしブログで感想を書いていただけた場合は希望があればリンクを張らせていただきます。)

7. 発送時に必要なので本名・住所を私に教えてもいい方。(もちろんこれは公表しません。)

以上です。

あ、そうそう、以前のモニターに参加してくれた方は今回は申し訳ないですがご遠慮くださいね。

締め切りは、条件に合致する3名がコメント欄に応募の意向を書いた時点で締め切り、
発送は、来週中旬ぐらいを予定しております。

応募していただける方は、コメント欄にその希望の意向を書いていただき、忘れずにメールアドレス記入欄にメールアドレスを記入してください。(メールアドレスは公開されません)
追って、モニターとしてご協力をお願いすることが決定した方にはこちらからメールでご連絡させていただきます。

それでは、よろしくお願いいたします。

投稿者 38brain : 00:45 | コメント (24) | トラックバック

2006年06月16日

そして今日もまた平和な1日が過ぎてゆく。

よっ、いいバランス感覚だねっ!

「マッタリいこうよ、マッタリ。」

そんな言葉が聞こえてきそう。

急ぎすぎちゃだめだよね。

仲良くお食事。

そんなにコリタブは美味いかね?

そして今日もまた平和な1日が過ぎてゆくのでした。


・・・あっ!
カレンダー5月のままだ。(笑)


___________________

次回第3弾、発射します。

投稿者 38brain : 04:08 | コメント (14) | トラックバック

2006年06月14日

でかいスポンジフィルターとの直接対決!

前々回の記事で書いた、でかすぎたテトラのスポンジフィルター・・・
(忌まわしき過去の写真w ↓)

さすがに、このまま使うわけにもいかないので週末改造しました。

用意したのはこれら↓

・チャームさんでポチッとした1mのアクリルパイプ、

・ブラインシュリンプ用に買ったけど大して出番のない塩、

・夜中のコンビニで店員に「あんたこれから何する気?」と言わんばかりにチラ見されながらも単品買いした軍手、

この3品です。

勘のいい方はもうお気付きでしょう。
そうです、エーハイムの切りすぎたU字型パイプの変わりにこのアクリルパイプをつなげようという魂胆です。

この次のステップはとても写真を撮っている余裕はなかったので画像はないのですが、パイプに塩を詰め、軍手をしてガスコンロの上でパイプを少しあぶっては曲げ、少しあぶっては曲げ、を繰り返し・・・

このように曲げました。
初めてにしてはまぁまぁのできではないかと、自己満足しました。
あ、一応言っておきますが、塩をパイプに入れるのはパイプが完全に折れ曲がってしまわないようにするためです。
これが砂糖ならカラメルが出来てしまいベトベトになるので、融点の高い塩を使うのであります。

そして、いざ、設置!

やりました!大勝利です!!
アッハッハ〜まいったかぁ巨大スポンジめ〜!!(笑)

で、まぁついでに、ってことで、これまたチャームさんでパイプと一緒にポチッと透明なADAのホースも購入しておいたので・・・

これを使って、全てのエーハイムの緑のホースを透明なものに変えることにしました。

実はここでもう一悶着(ひともんちゃく)ありました。

アクリルパイプとホースの直径が合わず、そのままではつながらなかったのです。
が、そこは冷静に、あぶり技を覚えた自分は、アクリルパイプをまたあぶって直径を細くしたのでありました。

そしてこのようになりました。↓

ね、つながったでしょ。

リリーパイプの部分も緑から透明に変えるとなかなかいい感じになりました。

U字型パイプを作るのは案外しんどいのでおすすめはしませんが、透明ホースに変えるのはそんなに大変でもないので、カスタマイズの一つとして皆さんもいかがでしょうか?

以上、でかいスポンジフィルターとの戦いでした。

エビもスポンジフィルターのおかげか、最近ようやく調子がよくなってきたようで、ここんところ☆が出なくなりましたよん。

投稿者 38brain : 03:45 | コメント (27) | トラックバック

2006年06月12日

GH assay kit(総硬度測定キット)モニター募集のお知らせ

aquamind laboratoryモニター第2弾、「GH assay kit(総硬度測定キット)」のモニターをしてくれる方を3名募集いたします。

もちろん今回も商品代金・送料ともに無料で提供させていただきます。

では、ちょっとだけご紹介します。

GH assay kit(総硬度測定キット)はその名の通り、硬度を測定する試薬キットです。
総硬度とは、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計量を示します。
よく軟水とか硬水などと言いますが、軟水はカルシウム・マグネシウムの量が少ない水を、硬水は多い水を指します。
カルシウムとマグネシウム以外の金属イオンは測定にほとんど影響を与えません。
特に、ナトリウムやカリウムはどんなに水中に多く含まれていてもまったく測定に影響しません。

軟水(硬度が低い)ほど一般的に水草の生育に適しています。
また、硬度が極端に低いとエビの脱皮不全を起こしやすいとも言われますが、必ずしも硬度だけが要因とは言い切れない部分もあります。
熱帯魚・水草飼育においての硬度は、高すぎず、低すぎず、具体的にはGH 3~8 dH(dHは硬度の単位)程度が良好だと考えられています。
硬度の単位には2種類あって、ドイツ硬度のdH、アメリカ硬度のppmがあります。
ドイツ硬度とアメリカ硬度の関係は、1 dH = 17.8 ppmとなります。

aquamind laboratoryにて販売予定のキットは以下のようなものになります。

試薬Aが1本、
試薬Bが2本(2本の中身は同じものです)、
試験管、
スポイト、
マニュアル、
という構成になります。
(実際の商品はこれとは若干異なるものになる可能性がありますがほぼ同じものになる予定です。)

本キットの主なウリは、他社製キットが1滴1 dHで測定するものが多いのに対し、本キットでは1滴が0.5 dH単位となっており、より細かく測定が可能である点です。
もちろん、色もわかりやすくしてあります。(赤から青に試薬の色が変わる点がその水の硬度としてわかるようになっています。)

では、モニターの募集についてですが、今回のモニターは、CRSを飼育している方に優先的にモニターをお願いしたいと思います。
CRS飼育をしていて、さらに「続きを読む」以降に書いてある条件に合致する方、先着3名様にお願いしたいと考えています。

それ以外の方は、来週、モニター募集第3弾を行う予定ですので、そちらでご参加していただけましたらうれしく思います。(次回の第3弾の募集条件はかなり緩い予定です。)

それでは、よろしくお願いいたします。

では、応募条件について書かせていただきます。

今回もかなり条件が多いですが、これらの条件に合致し、同意してくれる方、先着3名に商品代金無料・送料無料で送らせていただきます。
発送について、今回も定形外での発送のみとなりますので、ご了承ください。

以下が応募条件になります。

1. 当サイト「AM2 -aquamind2-」と相互リンクを張っていただいている方。

2.CRSを飼っている方を優先させていただきます。

3. 過去に他社の硬度(GH)測定試薬を使ったことがある方、または現在、他社の硬度(GH)測定試薬を使用している方。

4. 硬度(GH)測定について多少なりとも興味がある方。

5. 使用後の感想を少なくとも200文字以上程度で伝えてくれる方。(メールでも、使用者のブログ内の記事上でも構いません。)

6. aquamind laboratoryに設置予定の「ご使用ユーザーの声」コーナーに、上記の感想の一部を載せることに同意していただける方。(使用者についての表示は名字のみ、あるいは匿名、ハンドルネーム等でも構いません。また、もしブログで感想を書いていただけた場合は希望があればリンクを張らせていただきます。)

7. 発送時に必要なので本名・住所を私に教えてもいい方。(もちろんこれは公表しません。)

以上です。

締め切りは、条件に合致する3名がコメント欄に応募の意向を書いた時点で締め切り、
発送は、今週後半ぐらいを予定しております。

応募していただける方は、コメント欄にその希望の意向を書いていただき、忘れずにメールアドレス記入欄にメールアドレスを記入してください。(メールアドレスは公開されません)
追って、モニターとしてご協力をお願いすることが決定した方にはこちらからメールでご連絡させていただきます。

それでは、よろしくお願いいたします。

投稿者 38brain : 00:09 | コメント (23) | トラックバック

2006年06月10日

原点

本日はアクアからは少し横道に逸れて・・・

以前「to the next」というサイトを作った時のFLASHを見つけたので間隙として公開。

サイト自体の残骸はまだありますけどね(苦笑)。

(下の画像をクリックするとFLASHページに飛びます。
音が出るのでご注意を。
あ、Windowsの方はFLASH上にクリックを促す表示が出ますが気にせずクリックしてくださいませw。仕様ですw。)

この頃が一番FLASHにはまっていた頃かも。
もう4,5年、いやもっと前のことでしょうか。
ちょうど音に同期させることに快感を覚え初めていた頃で、このFLASHは勢いに任せて一晩で作りました。
今となってはいい思い出です。
もちろん今見ると、アラも目立ちますが、それなりに気に入ってたりします。

「next generation」という題名を付けてました。

次へ、その先の次へ。

「to the next」というサイト名も、その先の未来へ、という思いから名付けました。


「aquamind」という名前は、実はもっと前、6年以上前に名付けました。
もちろん熱帯魚の「ね」の字もやっていない時に(笑)。

名前の由来は、これ以上書くと恥ずかしいので書かないですけどねw。


最後に、見たことがある方が多いとは思いますが、サイトも引っ越したし、最近新しく来てくれた方もけっこういるようですので、半年ほど前のアクア3兄弟(自分とbonさんとuchaiさん)の共同プレゼント企画の時に作ったFLASHをおまけで再公開。(その時の記事はこちら。)

たった半年前なんですねぇ。
随分以前のことのような気がしますね。

時の流れは速いけど、忘れてはいけないこと、大切なもの。
それを大事にしていきたいと。

そう思うのでありました。

な〜んておかしなエントリーを書いてしまいましたとさ、アッヒャッヒャッ(笑)。

投稿者 38brain : 06:37 | コメント (19) | トラックバック

2006年06月08日

でかいフィルタースポンジを設置してみるの巻。

いやぁ、すっかり更新するの忘れてました。
まだ前回の更新から1日しか経っていないと思っていたので、焦って今、更新しました。

では、本題。

この間の謎謎さんとbonさんとのアクアオフの時に、ショップでもう1つ、アイテムを購入しました。

テトラの「P-IIフィルター」っていうダブルのでっかいスポンジフィルターです。

なんかですねぇ、ぶっちゃけ言っちゃうと45cmエビ水槽の調子がすこぶる悪いんですよ。

1週間に1匹は☆が出る状況・・・orz。
原因は全く持って不明です。

水温の上昇が原因かと思い、対策を準備中ですが、それ以外は・・・う〜ん。

硬度が劇的に高い(8〜10の間を行ったり来たり)ぐらいですかねぇ。
硬度が高いせいか、どうもキューバパールの育ちも以前に比べよろしくないような気もします。

こりゃ、底砂リセットか、ソフナイザーの導入か、・・・・、なんて思ってましたが、
とりあえずまずは濾過能力を少し上げてみるか、ということでこのスポンジフィルターを導入してみた次第です。

えびちゃんにもいいらしいですしね。

で、設置してみました・・・。

が・・・↓(水槽の横からの写真)

でかすぎるよ〜ぉぉぉ!!!!!(泣き笑い)

エーハイムのアクリルパイプって切ったらもう元に戻せないですからねぇ。
ちょいと前、切りすぎたなこりゃ、と言っても後の祭りだ、わっしょい、わっしょい。

そんなこんなで、こちらも対策を考えねばなるまい、ということで、先日チャームさんで久々にポチッとなを連打しました。

今週末は工作大会で〜す。

投稿者 38brain : 18:03 | コメント (21) | トラックバック

2006年06月06日

The Style of ADA

今年も無事、ADAのカタログをゲット。

既に、
「Eternal Aqua II」のレガさん
「another.... GRASS GLASS STYLE」のanother-styleさん
「ray=out」のray_lineさん
「レッツ!水草水槽&熱帯魚」のnettaigyo2006さん
辺りの方はゲットされて記事を書かれてました。(上のリンクは該当記事に張らせていただいています。)

やはり今年も比類なき高品質。
これなら2000円ぐらいは出しても全然惜しくないです。
これをただで配布している時点でそれも、"Style of ADA"なのでしょうね。

去年までの横がリング状のもので止められている横長冊子ではなく、今年は本のようになってました。
この方が本棚に保存するにはよいですね。
それと、一昨年と去年では正直あまり内容に差がなかったのですが、今年は違います。
明らかに内容が充実しています。

天野氏自らの水景製作手順紹介など、商品紹介以外のページが約半分を占めます。
全194ページ(振られているページ数を見ると表紙も含まれてるっぽいので全196ページかな?)の、まさに「The Style of ADA」。
お近くのアクアショップで可能ならぜひ手に入れてみてください。
ちなみに今ならcharmさんで2万円以上商品を購入してももらえるそうです。


おまけ
先日のpH assay kitの試作品レビューを早速、
bonさんのこちらと、
謎謎さんのこちら
で記事にしていただいておりました。
ほんとお二人様、貴重な時間を割いて記事にしていただきありがとうございました。
今週末、モニター第2弾(別商品)の募集、ここのブログ上で発射できると思います。

投稿者 38brain : 09:11 | コメント (15) | トラックバック

リンク追加情報とリンクについてのお知らせ

今回新たに・・・

nettaigyo2006さんの「レッツ! 水草水槽&熱帯魚」

aqulayさんの「aquarium工務店」

asakoubooさんの「<一休>休日ブログ</一休>」

えんぞうさんの「AQUABLO」

873mさんの「水辺のひととき」

jyu-ninさんの「A Resident of AQUA」

咢(アギト)さんの「CRS IN AQUA(水槽の中の紅白天使)」

ray_lineさんの「ray=out」

cube60さんの「cube水槽でアクアリウム」

の9ブログを新たにリンクさせていただきました。

なお、今日をもちまして、前のブログ「aquamind」のリンク情報の更新およびリンク自体を削除させていただきました。
今後はここのブログ上で一括して更新情報をお届けします。
なお、前のブログでリンクを張っていた方でも、移転後コメントを一度もいただいていない方or更新がストップした方のリンクは今日をもちまして削除となってしまいましたのでご了承ください。
再度コメントまたはリンク依頼をいただけた時点で再リンクを張らせていただきます。

ここのブログでのリンクの張り方に対するポリシーはこちらの「リンクについて」という記事をご参照いただけましたら幸いです。
では、今後ともよろしくお願いします。

投稿者 38brain : 07:18 | コメント (3) | トラックバック

2006年06月04日

アクアオフwith謎謎さん&水槽に新しい仲間もっ!

本日は、だいぶ前の45cm水槽立ち上げの時にプレゼント企画(その時の記事はこちら)で水槽に応募してくれた謎謎さんに会いに、bonさんと一緒に行ってきました。
ついでに先日のモニターにも応募してくれたのでそれもお渡ししました。

今日の記事は上の謎謎さんがかなり詳しく書いてくれてましたし、行ったショップについてはのちのち一緒に行ったbonさんが書いてくれるでしょうから、私はもうあんまり書くことないかな(笑)。

まぁ、私は簡単に自分のことを中心に書きますw。

謎謎さんも非常にいい方でした。アクアリストの方はほんといい方が多いですね〜。
ショップ周りをした後に、ファミレスで2時間以上は話していたんじゃないですかね?
高速の料金所で、先導した謎謎さんが我々の分も払ってくれて、料金所の人が行っていいよ、みたいなジェスチャーをするのを初めて見ました。
なんてニクイことをしてくれるナイスガイな方なのでしょう。
と言いつつ、そこから目的地に着くまでの間に、道路の横の海を眺めてキャッキャ、キャッキャしていた我々は、着いた時にはすっかりそのことを忘れていたのでした(苦笑、反省orz)。
ほんとすいませんでした&ありがとうございました。

最初待ち合わせ場所にしていた「アクアオーパ」という店が実はもうなくなっていたことがいきなり笑えました。

で、ここからは自分の話ですが、ショップでついついお買い物してしまいました。

こちらです。↓

あは、ボララス・メラーを10匹ほど買ってしまいました。
それも、この間、テトラ・オーロを入れてあっさりと2日間で撤退させて、もうここの水槽には生体はしばらく入れません、と宣言したばかりのエビ水槽用に(笑、その時の記事はこちら)。
だって、ちっちゃくてかわいかったし、見たら上の方を泳いでいたので、今度こそエビと混泳させても大丈夫かなと思ったので・・・。
店員さんも上の方を泳ぐことが多いって言ってくれたしぃ・・・。

で、上の写真のように早速入れてみました。
今のところ、上行ったり下行ったりしてますが、テトラオーロよりは混泳できそうな雰囲気です。

しかしまぁ、素早っこいので、久々に写真撮るのこんな苦労しました。
連写しまくりました。

まぁ、せっかくなので、ということで、ショップから持ち帰った時の水と、うちのエビ水槽の水のpHを比べてみました。(もちろん自作の試薬でねw)

やっぱりけっこう違うもんですね。
まぁこれぐらいならさほど差はないとも言うかな?
ただ、うちのエビ水槽の水はGHが相当高いので(相変わらず8〜9ぐらい)、pHだけではわからないその他の違いもかなりあるでしょうから、いずれにしても水合わせは慎重にしなければいけないですね。

謎謎さん、bonさん、今日はありがとうございました〜!!

ボララス・メラーの色がこれから濃くなっていくのが楽しみであります。

投稿者 38brain : 03:49 | コメント (22) | トラックバック

2006年06月02日

ゆけじょぶす、負けるなじょぶす!!

連続で長い記事が続いたので今日は短めに。
あまりいつも長いと読むの疲れちゃいそうですからね。
短めの方が気楽に読めていいのかな?


2個前の記事でMac水槽に新たに投入した仲間、ゴールデンアップルスネールの「じょぶす」(名前)。

アベニーにかじられることもなく、平和に過ごしております。

うちのアベニーはほんとアカムシしか興味ないみたいです。
同じく2個前の記事で載せたこの写真・・・↓

レッドラムズに「あぼーん」と書いてあるのに気がつきましたでしょうか?
これ、すっかりもうアベニーにやられて昇天していると思っていたんです。
でも実は生きてました。
うちのアベニーはレッドラムズにすら興味がないようです。
3ヶ月ほどアカムシしかあげてなかったからなぁ。前は食べたのに・・・。

で、ここ数日のじょぶすはと言えば・・・

こんな感じですw。

投稿者 38brain : 04:30 | コメント (16) | トラックバック