« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月30日

1年前を思う。


今日はようやく車のタイヤを替えに行きつつ、横浜のセンター北駅の近くにあるペットエコ横浜都築店というアクアショップへ行ってきました。

(写真とショップとはなんの関係もありません、写真を取り忘れたので今日食べた今年初のスイカの写真ですw。)

このショップ、ちょうど1年ぐらい前に、熱帯魚を飼おうかなぁどうしようかなぁと思っている時、初めてbonさんに連れて行ってもらったショップなのであります。

1年前は使い方も全く未知な膨大なアクアグッズに圧倒され、目を回していたものです。
が、今回久々に行ったら、ほとんどのものが何に使うものかわかるようになっており、もっとマニアックな物も置いてて欲しいなぁなどと思う始末w。
時が経てば人って変わるものですね〜(笑)。

その初めてショップに行った1ヶ月後ぐらいに熱帯魚を飼い始め、ブログを開始し、そしてショップまでオープンするとはまさに夢にまで思わなかった展開でしたw。

そんなわけで、ペットエコ横浜都築店は思い出のショップなのでありました〜。

みなさんも初めて熱帯魚ショップに行った日、新しい楽しみにドキドキしつつ、未知の膨大なグッズに圧倒されたりしませんでしたか?
みんなの熱帯魚初めて物語も聞いてみたいですね〜。

投稿者 38brain : 15:49 | コメント (27) | トラックバック

2006年07月28日

あっ、という間。(大げさ)

前々回で紹介したロタラ・インディカ・・・(こちら↓)

前々回の時には、1本しか水面に達していなかったわけですが、

今日現在を見ると・・・

こんな感じ。
「あっ!」と言ってる間にはさすがにここまでは伸びないですが、でも5日間でここまで伸びてきます。
根元に向けての薄い赤から緑へのグラデーションが・・・・泣けますw。

おそるべし、ロタラ・インディカの成長速度。
うちの水槽内ではこいつが一番成長が早いです。
2週間に1回はやっぱりトリミングしないと追いつきません。

みなさんもこんな感じでしょうか?
もうちょっと伸びるの遅くてもいいから、赤くなって欲しいんですけどね(苦笑)。

水槽内から魚の目線で上を見るとこんな感じ。
こりゃもう完全に日よけ的な感じですねぇ。
ロタラの隙間からエサが落ちてくるのを虎視眈々と待ちわびる魚たちですw。

植物の成長速度って、たくましく美しくもありますが、少し怖い気もしますね。

地球が巨大植物で完全に覆われてた可能性もあるわけで、今のバランスは絶妙なのでしょうね。
それも壊れつつあるわけですが・・・。

投稿者 38brain : 08:24 | コメント (20) | トラックバック

2006年07月26日

みんな見てる。

前から気付いてはいたんですけど、魚たちってけっこうこちらのこと見てますよね〜。

アベニーちゃんとか、コリドラスとかの動きのゆっくりな魚はこちらを見ているのもすぐわかるけど、動きの速い魚はよくわかりません。

で、写真を撮ってみると・・・、

あはww、動きの速いボララス・メラーもみんなこっち見てる(笑)。
(あるいはそんな気がするだけ?w)

こういう風に、目では確認できないものがちゃんと見えるのも、デジカメの楽しさですよね。

ついでに、60cm水槽でも写真を撮ってみたのですが・・・、

エサ時だったということもあり、なんか異常に過密感アリアリな画像に(苦笑)。
まぁ実際、けっこう過密な気もしますが・・・。
まさにカオス。
いったい今何匹いるのかも、もうよくわかりません。
たぶん50匹ぐらい?いや、もっといるかな。
最近はそんなに生体加えてないんですけどねぇ。
一番初期の頃に参入したカージナルテトラとか、なんかキモイぐらいでかくなってきてるんですけど・・・(苦笑)。

面白いのは、生体によって大きくなる魚と、全然大きさが変わらない魚がいることですね。
ラスボラとかはちょっとしか大きくなってないように見えますし。

えと、なんだかまとまりがない記事ですがこの辺でw。

ちょっと前までほとんどネタに悩むこともなかったんですが、最近少々ネタ切れ気味な悪寒w。

投稿者 38brain : 06:25 | コメント (22) | トラックバック

2006年07月23日

ロタラ・インディカ

なぞなぞです。

上に来れば来るほど赤くなって、下に行けば行くほど緑になるものな〜んだ?


・・・って、しまったぁぁぁぁ〜!!!
題名に答え書いてもうた〜〜!!!!!

と、しょうもないことを書いたところで、はい、答えは我が家の水草、ロタラ・インディカです。

さすがに真っ赤ってわけでは全然ないですが、下の方がほぼ完全に緑であることを考えると、上の方に来ているものはだいぶ赤いわけです。
この写真のように、トリミングを怠って放置しておくと、あっという間に水面を横に伸びていきます。

以前、鉄分とか水草栄養剤を入れても赤くならず、このように水面付近なら多少赤くなっているってことは、やっぱり光が弱いんでしょうねぇ。

しかし、光を強化するとなると、どうせ買うなら例のADAのアレ、となるわけですが、60cmには強力過ぎるわけで、せっかくコケが全く今はない状態なのに再びコケとの戦いを強いられるかもしれませんからねぇ。

う〜む。でも、ほちいな。
などと悩む、2006年、夏。なわけでありました。


そうそう、まったく上とは関係ない話ですが、exciteブログで、ここ1週間以内ぐらいで、なぜかコメント欄にアドレスを書く時に、wwwを抜かすとコメントできなくなってました。
http://aquamindlaboratory.com/am2/じゃダメで、
http://www.aquamindlaboratory.com/am2/なら大丈夫でした。
迷惑コメント防止の一環なんですかねぇ。不思議。

投稿者 38brain : 07:42 | コメント (19) | トラックバック

2006年07月21日

やっぱりエビにはモッサモッサが必要なのか?!

エビ水槽・・・。
いったんは調子を取り戻したかに見えましたが、やっぱり調子悪いのです。

スポンジフィルターを導入したり、色々やってみましたが、効果は大して出ず。
一緒に水槽内にいるボララス・メラーやオトシンは至って元気なのに、なぜかCRSだけがポツポツと☆になり続けています。
選別外のエビを近所のブログ仲間のwareoosato君にあげて、まぁ増えるから大丈夫だろうと、たしか8匹から石組み水槽として新規スタートしたわけですが、稚エビが生まれつつ親エビが☆になり、という一進一退を繰り返してきました。
が、いよいよやばくなってきました。
終了が見えてきた悪寒・・・。
親エビが数匹、稚エビが10匹いるかどうかというような状況です。

よくエビラーの方はモスがモッサモッサの環境で育てている方が多いわけですが、やっぱり石組みで水草がキューバパールしかないような環境がよろしくないのか。
それとも底砂の辺りに何かエビによくないものがあるのか、測定では見えない別の原因で水がよろしくないのか・・・。
混迷を極めているわけであります。

話はちょっと逸れて、60cm水槽に普通のモスを置いていたのですが、以前、全部撤去し(だいぶ前にプレゼント企画をした時ですね)、モスsp.(別名:タイ産モス)に上の写真のようにチェンジしました。
モスspは極めて順調に育っていて、だいぶモコモコとしてきました。

そんなわけでノーマルモスは完全撤去したつもりだったわけですが、やっぱりしぶとくチョコチョコと水槽内に残っていて、いろんなところから増えてきたりもしていたわけで、見つけるたびに除去してました。

今回エビ水槽があまりにも調子が悪いので、最後のあがきとして、モスを入れてある程度モッサモッサにしてしまったらどうかという考えが浮かんだものですから、このチョコチョコと残っている今まで捨てていたモスを今回必死にかき集め、あまっていた流木に巻き付けてみました。

それがこれ↑。
まぁ水槽全体にモッサモッサということになることは難しいとは思いますが、ある程度までは増えてくれるでしょう。

写真手前のソイルの部分にキューバパールがえらい少なくなってますよね。
実は手前の底砂を半分ぐらい除去しました。何かソイルにあるのかも、という疑心暗鬼からです(苦笑)。

リセットする気力はさすがにないし、エビがリセットに耐えられる状況でもなさそうですしね。
ソイルを引っぺがしたり、石組み水景に無理矢理流木入れたり、巨大スポンジフィルター入れたり、・・・もはや水景どころではないですねw。

ま、最後のあがきとしてもう少しだけ頑張ってみます。

最終的には、今あるエビ水槽と、60cm水槽をまとめて、1つの新しい水槽を立ち上げるのもありかなぁ、なんて思ったりもしてます。

さて、夏が終わる頃にどうなっていることでしょうか?


追記:
mixiで紹介するだけではもったいないので紹介。
「動画」
爆笑。(音が出るので注意)

投稿者 38brain : 04:49 | コメント (21) | トラックバック

2006年07月19日

ぶらり伊豆半島〜後編〜

前回に引き続き、連休に伊豆半島をドライブした時の写真です。

写真並べて、
「なんか、うちのブログって「たくら流」じゃね?」
などと勘違いしている筆者です(笑)。
写真の質がたくらさんとは違いすぎるのでそれはあり得ないんですけどねw。

岩に激しく絡み付く植物。
このハート型ってなんか可愛いですよね。

う〜ん、シダ!シダ!!シダ!!!w

次の写真は、密かな滝好きのbonさんに捧げる写真。
「浄蓮(じょうれん)の滝」という滝です。
もちろんbonさんはここも制覇しているようでしたけども。
下の写真は、たぶんここのブログ史上、最も大きな画像ですw。

癒されますよね〜。
滝に近付いた時のヒンヤリとしたマイナスイオンを含んだ空気がまた最高ですよね〜。
よく、「日本の滝100選」とか、「日本の景色100選」とかありますが、そういうところを巡る旅も楽しそうですね。

アクアを初めて、明らかに水のある風景を見る目が変わりましたよね、みなさんっ(笑)。

最後に、走っていたら見つけた面白い標識を。

マヂで?ww

てなわけで、伊豆写真集の一部でした。

週末ぐらいは喧騒を離れてのんびりしたいですよねぇ。
そうは思っていてもなかなか行けなかったりもするわけですが、やっぱずっと同じところに引きこもってると精神的によくないよなぁと思った次第でした。

さて、そんなわけで、激しく日焼けをしてしまい、既におでこと鼻の頭の皮がむけてきてます(泣)。
今週は人前に出る機会が少なくてよかったぁ。
腕は今こんなことになってしまってます。
 ↓

ね、痛々しいでしょ。痛いんですw。お風呂が・・・(ガクブル)。
時計の跡がクッキリです(笑)。
そういえばこの間、はるか昔(中学時代)に使っていた腕時計を見つけたら、バンドがえらいゆるかったんですよねぇ。
やっぱりその当時の方が腕が太かったみたいです。
一応中学時代はテニス部だったので(半分帰宅部でしたがw)。
あ、写真は左腕ですが、私、左利きなんですよ。
字を書くのだけは右に矯正されましたが。
なのでラケットを持つのも左だったので今よりは太かったみたいです。
テニス部時代の思い出と言ったら、大会の時に同級生の女子テニス部の子のパンチラを見てドキドキしたぐらいですかね〜(笑)。
まぁ「見せパン」でしょうけども。
でも「見せパン」と普通のパンツの違いって、気の持ちよう程度しか変わらなくないですか?(笑)

などと、結局最後はお下品に終わり、「たくら流」からはほど遠いここのブログなのでしたw。

投稿者 38brain : 08:08 | コメント (22) | トラックバック

2006年07月16日

ぶらり伊豆半島

3連休ですね。
いかがお過ごしですか?
ここのブログにはあえてアクア関連以外の話はほとんど書かないようにしていたんですが、まぁ今回は番外編ということで本日ドライブした写真を2回に分けて(大量なので)ご紹介させてもらおうと思います。

なんか聞くところによると、この連休で天気がいいのは今日だけということで、ここ数週間ずっと週末の天気が悪くてたいしてどこにも行けなかったので急遽徹夜のまま出掛けることにしちゃいました。

ドライブコースは、横浜を出て、東名高速に乗り、伊豆の手前で降りてから、伊豆半島を一週に決定。
総距離は300kmぐらい?ガソリンが1回、空になりましたw。
最初は静岡にウナギでも食べに行くかと思ったのですが、さすがに時間がないので伊豆半島一週コースのみで。
一番東名高速に乗るまでが渋滞で悲惨だったというのはいつものこと。
8時半頃出発したんですが、東名高速に乗ってちゃんと車の流れが動き出すまで約2時間!(たぶん距離は30kmぐらい?)
もうこの都会の渋滞はほんとなんとかならんですかね。
もう2時間ぐらい早く出ればよかったとちょっと後悔。

わが愛車も初公開しちゃいます。
ずっとオープンで走ったから腕とか顔が今、日焼けで大変なことになってます。
それは明日にでも?
あ、ちなみに今回は一人ですよ。
たまには一人もいいものです。
どんなにスピード出して、カーブを無理矢理曲がっても助手席からギャ〜スギャ〜ス言われることもないですし(苦笑)。

静岡県には個人的に相当思い入れがあったりします。
学生時代、ここでもうほんと遊びまくりましたからね。
静岡県の何がいいって、海も山もほんとに綺麗なところがたくさんあって、かつそこに1,2時間で気軽に行けるってことが最高です。
街もまぁそれなりに中心部はちゃんとしてますし、自然の中で遊べるところも無数にあります。
いつかこの先、静岡に住みたいなぁと密かに願ってます。
子供を育てるならここがいいなぁなんてね。

このように、山・海が両方一度に楽しめます。

こちらは小金崎(こがねざき)というところにある、不思議な岩。
天然記念物かなんかになってるらしいです。
自然に浸食されて、大きな岩の下に穴が開いてます。

もっと快晴だったら富士山も「このへん?」って書いた辺りに見えたはずなんですけどね。
富士山はやっぱりほんとでかいですよ。
一度登ったんですが、やっぱり迫力が違います。
車でも5合目まで行けるのでお近くの方は一度は是非。

自然の石組みの妙に癒される。
なかなかドライブ中に写真を撮れなかったのですが、こんなところがゴロゴロあります。

思えば、ずいぶん高いところまで登ったものだ・・・。
雲が真横に見えます。

(次回に糸売く。)

投稿者 38brain : 05:46 | コメント (23) | トラックバック

2006年07月14日

マクロ(写真じゃないよ)

水草が好きな方には今更かも知れませんが、私としては初めて、グリーン・ロタラを育て始めました。

これいいですね、伸びるのが早すぎないところがw。
もちろん見た目のグリーンの綺麗さとか、葉の形も気に入っていますが、今うちにあるパールグラスとかロタラ・インディカは伸びるのが早すぎて最低でも2週間に1回ぐらいトリミングしないといけなくて面倒なんです(苦笑)。

目下の目標としては、少しずつ差し替えしながら水槽右奥をグリーン・ロタラの森にしたいと思います。

上で、パールグラスとかロタラ・インディカが伸びて大変という話を書きましたが、もっと大変なやつがいるんですよ。

水槽中央に陣取るミクロソリウムです。
(上にグングン伸びてるグロッソは見ないでおいてくださいw。)
このミクロソリウムの大きさ、どえらいことになってきました(汗)。
1枚の葉っぱの影に頑張れば10匹はネオンテトラが隠れられそうです。
もはや、ちっともミクロではありません。
これではマクロソリウムです・・・。

・・・えと、涼しくなったところで、あともう1個気になることがあるんですよ。
このミクロソリウムの葉っぱの裏なんですが・・・

この茶色い丸い物体、いったいなんですかね?
みなさんのミクロソリウムにもありますか??
最初なんかの虫かと思って「ギャ〜ッ!」ってなったんですが、虫ではないみたい。
卵でもなさそうだし・・・。
気孔かな?
もしご存じの方がいたら教えてくださいませ〜。
気になって、夜は熟睡です。

投稿者 38brain : 06:18 | コメント (21) | トラックバック

2006年07月12日

透明ホースのその後(お食事は済みましたか?)

え?更新2日空いてんじゃんって?
いやいや、カレンダー通りですよ、左上のカレンダーを見てください。
ね、先週もそうだったからね、バラバラになったら気持ち悪いじゃん(笑)。

さて、ちょうど1ヶ月ほど前にエビ水槽のホースをADAの透明なものに変えた話を覚えてますでしょうか?
(その時の記事はこちら

そのホース、どうなったかというと・・・

まぁ接続部はこのように綺麗です。
というのは、ゴジゴジこすって綺麗にしたから。
(石巻貝君が写ってるの写真を見て気が付きましたw。)

他の部分はというと・・・

み・・・見せちゃうよ・・・。

アヒ〜ッ!!!
ばっちぃぃぃぃ〜!!!

お見苦しいものをお見せして失礼しました。

いやはや、この透明ホース、すこぶる汚れますわ。
数日で目に見えて汚れてきてました。
エーハイムの緑のホース、汚れを見せないという点で実は非常に優れていたんですね〜。

上の写真でも、上の部分は少し綺麗だと思いますが、これがブラシが届く限界部分なんです。
もう少し長いブラシ売ってるかなぁ。
っていうか、エーハイム本体から1.5メートルぐらいはあるんですが・・・orzそんなブラシないよなぁ。
なんかいい方法ないもんですかねぇ。

改めて、ADAのNAギャラリーの管理のすごさを思い知りました。
ほんと透明パイプに汚れ一つありませんでした。


(言うまでもなくこの水槽はうちのではなく、数ヶ月前にNAギャラリーに行った時のものです。)

今見ると、これ全部が透明ホースじゃないですね。
アクリルパイプっぽいのが途中何度か入ってるみたい。(写真見にくくてすいません)
透明ホース→アクリルパイプ→透明ホース→・・・みたいな。
そういえば、うちでも曲げて自作したエセリリーパイプもどきアクリルパイプには汚れが全く付いてませんでした。
なるほど、これがメンテのための工夫なのかな。
と、少し新しい発見をしたのでありました。

投稿者 38brain : 05:46 | コメント (19) | トラックバック

2006年07月09日

mission : 迷惑コメント・トラバを防止せよ。

M:i:IIIを先週末見たので微妙に影響を受けた題名ですw。

ブログを管理していると一番やっかいなのが迷惑コメントと迷惑トラックバックですよね。
これはどこのブログを利用している方でも同じ悩みかと思います。
うちのブログでも1日だいたい50〜100個ぐらいは迷惑コメント・トラバが来ているようです。(99%は自動で弾き返してますが。)
私が使っているブログシステムのMovableTypeにはそのような迷惑(スパム)コメント・トラバを防止するプラグインが一応付いていて、下のような画面で設定できるのですが、

判断基準値というものがあって、-10〜10の範囲で受け付ける厳しさを設定できるようになってはいます。
しかしながら、いまいちこの判断基準の詳細がよくわからないですし(どっかに書いてるのかも知れないけどマニュアルにはその記載は見つからずorz)、このフィルターをかけてもわずかながら通過してくるものもあります。

とりあえず判明しているのは、以前コメントを書いたことがある人は判定が緩やかになるようです。
それとリンクが2つ以上(?)張ってあるようなものはスパム扱いされるようです。
スパムで通過しているものは、最初に投稿する時にリンクを張らずに、その後のものにリンクを張ったりするというような姑息な手段などを使っているのではないかと思ったりもしてますが、よくわからないところでもあります。

トラックバックについては、それほど本当に必要なものがないので、全部確認してから公開、というように設定すればいいのですが(実際うちはそうしてます)、しかしながらコメントの方までさすがに全部確認してから公開、というのでは面倒すぎます。

で、ここからが本題で、実際の迷惑コメントのほとんどは海外から投稿されるものです。
そこで、もう思い切って、コメントに日本語が含まれないものは全部迷惑コメントとして判断してしまおうというのが紹介するプラグインです。
(MovableTypeだけの話で申し訳ないですが・・・。)

以前、カテゴリーを好きなように並べ替えるプログラムでもお世話になったFujimoto氏が作った「NotJapaneseLookupプラグイン」というものです。(プログラム配布はこちら。)

これをダウンロードして、MovableTypeのプラグインフォルダに入れると、管理画面で下のような設定画面が出てきます。

上の設定だと、全角文字が1文字以上、ひらがなが1文字以上ないものはスコアを-2にするという設定になります。
うちは今現在は判定値を-1より下のものはスパム扱いしているので、上の条件に満たないものは全て迷惑コメント扱いされることになります。

さて、これで迷惑コメントほぼ完全撲滅となるのでしょうか。
乞うご期待です。

ほとんどいないとは思いますが、うちのブログにコメントを書く際は、最低でも1文字はひらがなを入れるように気を付けてくださいね(笑)。

投稿者 38brain : 07:25 | コメント (19) | トラックバック

2006年07月07日

無知を知れ。

なんか調子の悪かった45cmエビ水槽。
今でもまだ他の60cm水槽やMacCube水槽に比べたら明らかに調子が悪くて時々☆を見ますが、前よりはだいぶ☆を見ることもなくなってきました。
いくら七夕であろうとも、生体の☆は見たくないものです。

稚エビもまぁまぁポツポツといますし、抱卵もしてるし、少しは☆になりつつも、元気に増えていってくれることを願うのみです。

何が悪いのか。
以前、水槽をリセットする前に、数ヶ月間飼った時は☆はほんとに数匹しか見なかったのに、ここ1ヵ月間でその数倍は☆を見ました。
立ち上げてすぐなら話もわからなくもないですが、もう2ヶ月以上は経ってますし、正直☆を見るとへこみます。
変えた点と言ったら、アマゾニアソイルからK-6ソイルに変えた点と、フィルターをエーハイム2211から2213に変えた点ぐらい・・・。
水質関連は一通り調べてみましたがこれといって見える異変はナシ。
この見えない何か、これが問題なわけです。

前もちょっと同じようなことを言ったことがあるかもしれませんが、自分が言うのもなんですが、だいたい水質なんて測ったところで全体の状態なんて完全にわかるわけがないのです。
ほんとにごく一部、指標が得られる時がある程度なわけです。

そもそもたかが小さな水槽内とはいえ、この複雑怪奇な世界に何が起こっているかなんて全てわかるはずがないのです。
それは、水槽内だけでなく、人の世界にしても、バイオな世界にしても、そしてこの宇宙の中にしても、人が知っていることなんてほんっっとに極々一握りにすぎないなわけですよ。
全てを知っているような顔をするなんて、おこがましいにもほどがあるわけです。

でも、それを知ろうと努力するのも、また人なわけです。

無知を自覚し、何を知っていて、何を知らないのかを知って、そして前に進めるのではないでしょうか。


と、またもや訳のわからないことを書いたところでw・・・、

aquamind laboratory関係の宣伝はここではしないと言いつつも、ちょっと今回だけは少しだけ書かせてください。

実は上の写真でえびちゃんが食べているエサ、これ「ビーシュリンプの青い森」ブログのebitaさんが作ったものなんですよ。
「SOU - 草 -」という名前を付けられたものです。
こちらの商品、実は今日からaquamind laboratoryで販売することになりました!
ebitaさんが、本当にビーシュリンプのためになるエサを作って販売したいと言っているのを聞き、旧知(と言っても1年程度ですが)のブログ仲間として、それじゃあ一緒にやろうということになりました。
もしエビ飼いの方でご興味がある方がおりましたら、aquamind laboratoryの方まで、おこしいただければ幸いです。
たぶんエビ飼いの方のブログでこれから続々と紹介されるのではないかと思います。

以上、私事で失礼しました。


え〜い、まだ書いちゃうよ。

2つ前のエントリーで一回書いて消したんだけど、やっぱり書いちゃいます。

生体は水景を作る道具じゃない!

水景を作るために生体をとっかえひっかえすることが生体にとって幸せなのか。

生体のことを中心に考え、悩み、試行錯誤し、エサのことも考え、そしてその末に生体が元気に水槽内を泳ぎ回る姿を見られる。
それが一番美しい水景ではないでしょうか。
流木とか、石とか、そんな配置は些細なことです(もちろん綺麗に越したことはないですが)。
ましてや、順位なんて。
少なくとも今の自分にとってはね。

投稿者 38brain : 04:47 | コメント (19) | トラックバック

2006年07月05日

やっと戻って来られたかな

ようやく発送の方が一段落付いたので(ありがとうございました)皆さんのブログに遊びに行かせてもらいました。

やっぱりブログ巡りはいいですね〜。

自分の家の水槽だけでは味わえない、様々な思い思いの水槽を見られるのって、ほんと楽しいですよね。

ブログ?普通の個人サイトと何が違うの?なんて最初は思ってましたが、個人がこれだけ情報を発信できるようになって、楽しめるようになったのはブログさまさまですし、誰が作ったのかは知りませんがw感謝したいです。

さてと、しばらく(水槽の)写真撮ってなかったので、撮りまくろうかな〜。

ありゃ?更新2日空いちゃいましたね。
カレンダーの穴がバラバラだと嫌なので今月は3日おきに更新しようかな?
いや、冗談ですけど。
たぶん次回からは2日おきにちゃんと更新しますのでご勘弁を〜。

投稿者 38brain : 04:04 | コメント (14) | トラックバック

2006年07月02日

style

どうやらいよいよ今年の世界水草レイアウトコンテストの結果が出るらしいですね。

何人かブログで知り合った方も出されているようなので結果が気になりますね〜。

今日は、異論反論も結構あるかもしれませんが、熱帯魚を飼うことに対するスタイルについて書いてみようかと思います。

ものすごい大雑把に言うと、飼い方のスタイルのうちの一つとして、下の2方向性があるのではないかと私は思ってます。

片方の軸はクールな美しい水景を目指す方向。
こちらは、「水景画の世界」の満田さんとか、「another.... GRASS GLASS STYLE」のanother-styleさんとかがその代表かと思います。

もう片方の軸は、フリーな楽しみ方をしている方向。
こちらは、「熱帯魚ミニミニ大作戦」のbonさんとか、「アクアリウム症候群」のnamazu555さんとかがその代表かと思います。

誤解のないように言っておきますが、美しい水景を目指しているからと言って楽しんでないと言っているのではないですよ。
楽しんでいるのは皆さん共通だと思います。
そこに自由度がどれぐらいあるか、ということです。

やっぱり美しい水景を目指そうとすると、ある程度決まった水草や石などのポジションや、水景に合わせた魚の種類などの縛りがあると思います。
やったらめったら好きな魚を追加することはできないでしょう。
水景コンテストでアベニーちゃんを飼ってるのは見たことないですしw。
美しい水景の概念を破ってさらに美しさを求めることもあるのだとは思いますが、そこにも失ってはいけないバランスは当然あるのでしょう。

あ、反対側のフリーな楽しみ方という方向が、その辺を完全に適当にしているってわけでもないですよ(苦笑)。
う〜ん、やっぱり書くの難しいなぁ(^ ^);やめときゃよかったかな...

この辺の真ん中にいるのが「Eternal Aqua II」のレガさんたちなんじゃないかと思ってます。

え、自分?
私は中途半端に両方目指して撃沈したタイプです(笑)。
なので、水景コンテストに参加するなんて、もってのほかです。

でも、いつかは一度ぐらい参加してみたいなぁとは思ってます。
ただし、自分の性格的に「どうせならオンリーワンかつナンバーワン」的なところがあるので、多少なりとも自信がつかないと参加はしないと思います。
いったいあと何年後に参加できるのか・・・、永久に無理かもねww

まぁ自分が楽しいと思えるならスタイルなんて何でもいいんですよね。
それが趣味ってもんですよね。
(結局最後は離散w)

私個人的には、上に書いたanother-styleさんの水景が一番好きです。
あんな水槽が家にあったら素敵だろうなぁ・・・といつも憧れます。

でもしばらくは、やったらめったら好きな水草や魚をぶち込み続けたいと思います(笑)。

投稿者 38brain : 03:28 | コメント (23) | トラックバック