« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月30日

おしり

え?おわり?w

おまけ

なんかよくわからないけど、昨日はユニークアクセスが644件もあったみたい。
う〜む、いいのだろうか・・・(汗)。
もうちょっとちゃんとした記事書かないとねぇ・・・(苦笑)。

投稿者 38brain : 06:56 | コメント (25) | トラックバック

2007年01月29日

戯言

CO2の記事を待ってくれている希少な方もいるかと思いますが、もう少し待ってくださいね。
あの記事と図を書くにはけっこう気合いが必要なので(苦笑)。

アクア用品掲示板に2品出品しましたのでご興味がある方はどうぞ〜。

ってことで、取り急ぎ。

初のコメントなし設定を試してみるテスト。

投稿者 38brain : 07:19

2007年01月27日

ティアラ横浜店 (旧町田店) 移転オープン

予告に書いたところ、さすが、既に何人かの方にティアラだということがばれてましたね〜w。

ティアラっていうのは熱帯魚屋さんの名前で、東京周辺ではかなり安くて大きなお店として有名なところなんですよ。


なんで行ったかと言いますと、本日(1月26日)にティアラ町田店が移転して、ティアラ横浜店として生まれ変わってオープンしたからです。
それをちょっくら見に行ってきました。
住所はこちら、↓(クリックすると地図が出ます)
神奈川県横浜市旭区中希望が丘198−10

カーナビを頼りに行ったんですが、ほんとにこんなゴミゴミした細い道にティアラがあるのかよ・・・と思っていたら、あった〜!!w
場所的には横浜に住んでる自分にとってはちょっとだけ近くなりました。
駐車場があるとはいえ、駐車場スペースも店舗の大きさも、なんかかなり縮小してしまったような印象。
ただ今回は3階建てになったので敷地面積は広くなったとか・・・。
駐車場は近くのちょっと大きめのショッピングセンター(マクドナルドとか100円ショップが入っている店)で少し買い物がてら無料駐車場に駐めるのがいいかも。


店の前にはまだ水槽とかが山積みにされてました(苦笑)。
新装開店というから、あのティアラがどんだけ綺麗に変わっているのかと思いましたが、なんかの古い店舗を改装したような感じで、汚さは前とほとんど変わりありません(超苦笑)。
まぁ、ティアラらしくてそれはいいんですけどねw。
カーナビを見ると、旧サトームセン(電気屋)っぽい。

で、いざ店内へ。

・・・。
移転期間1週間じゃやっぱ無理だよね・・・。
オープン当日の昼現在、店の稼働率としては10%程度・・・。
無理矢理オープンさせた感が漂っておりました(苦笑)。
2階が淡水魚コーナーなんですが、全然生体いないorz
いったい今どこに保管されているんだろうと疑問に思うw。
大量のろ材を回してバクテリアを作っている最中って感じでした。
ただ、確かに水槽の数は増えてるかも。
これは今後に期待。
1階の水草コーナーは前よりかなり小さくなっちゃったんじゃないかなぁ。
これはかなり残念。
これから広くなるのかな・・・。

う〜む、という気持ちを抱きつつ、よく見てみると・・・


入口の張り紙に「2月24日、グランドオープン」って書いてありました(え?!)。
そ・・・そうだったのね。
今日はプレオープンだったみたいです。
まぁ少なくともこれから行く予定の方は、多少店が整うであろう、あと2週間後ぐらいに行った方がいいと思いますよ。生体も落ち着き始めている頃でしょうし。

まぁ全体としては、今のところちょっと微妙。
前の方が立地も雰囲気もよかったような気がするんですが、今後に期待しましょう。
でもやっぱり器具は安かったです。
ネットショップより安いんじゃないかな、ってものもけっこうあります。
生体の数が増えそうなことにも期待したいですね。少しマイナーな魚ももっと扱って欲しいですね〜。

そんなわけで、今度は2月24日以降に行ってみようかと思います。
以上、先走りレポートでしたw。

投稿者 38brain : 07:05 | コメント (19) | トラックバック

2007年01月26日

もしかしたら

明日(今日)早起きできたらちょっと仕事の前に「ある場所」に行ってみようかと思ってます。
だって土日は凄い人でしょうからねぇ〜。
もし行ったら夜にご報告します。
行く確率は50/50といったところです。

投稿者 38brain : 03:31 | コメント (7) | トラックバック

2007年01月24日

ついにここまで来ました。

今年公開予定の映画『そのときは彼によろしく』というもので、ADAの水槽が登場するというのはここ最近のアクアリストの話の種であります。
主演は長澤まさみさんとのこと。
ここで、「odkのお馬鹿Blog」のodkさんと、「小箱に舞うは宝石か」のmurapyさんと私の3人で猛烈にmixi内で協議し、熟考に熟考を重ねた結果、以下のような推論(妄想)が導き出されました。

映画で綺麗な水景を若い子がたくさん見る
 ↓
私もやってみたいという人が続出
 ↓
ネット上でアクアの情報を得ようと探す
 ↓
女の子はアベニーパファの可愛さにやられる
 ↓
アベニーのブログが大人気
 ↓
ここのブログでアベニーの記事を書きまくる
 ↓
女の子がここのブログに大集合
 ↓
ヽ( ・∀・)ノ ワーイ

ということで、ここのブログ「AM2 - aquamind 2 -」は・・・、

本日からアベニーの萌え写真をとことん追求するブログ、
その名も「AM2 - Abenie Moe 2 -」(アベニー萌え2)となりました!

上のサイトの題名もFLASH作り直したのでぜひ見てね〜。

そんなわけで、「AM2 - Abenie Moe 2 -」を今後ともよろしくお願いいたします〜!!


って、もちろん冗談ですw。
次回更新までの限定です(笑)。

と、まぁこんなアホなことは置いといて、アベニーちゃんの記事を普通(?)に書きます。

うちのアベニーちゃん、「ぱふぃ」と「ぴくるす」と名付けた2匹がいるわけですが、それぞれ個性が違います。

ぱふぃは体色がやや薄い黄色で、非常になついていて水槽に近付くとピュ〜ッと飛んできてくれます。
一方のぴくるすは、体色がけっこう黒っぽい黄色で、それなりになついてくれてはいるものの、ぱふぃよりも体格が一回りデカイくせにけっこう臆病者で、ちょっと物音を立てたりするとすぐに奥の方に逃げていって隠れてしまいます。
普段もぱふぃの後ろをチョコチョコと付いていく姿をよく目にします。

そんな2匹ですが、ぱふぃの方は本当になついてくれて、ついにこんな状態まで来ました。

 ↓

うひゃ〜っ、もう食べてしまいたいぐらい可愛いです!(完全親バカw)

単にお腹が空いてアカムシ欲しさにやっているわけではないと思うんですよ。
お腹いっぱいの時も寄ってきてくれるので、やっぱりなついてくれているものだと信じてますw。
あ、決して普段から手を水槽に突っ込んだりはしてないですよ(苦笑)。
パレングラスのチューブが外れていたので直そうとして手を入れたら寄ってきたんで、急いで写真を撮ってみました。


そしてさらに、またもやこんな萌え写真を撮ってしまいました。


(この写真はクリックすると超拡大されます)

くぅぅぅぅぅぅ〜っっ!!!
ウルトラ激萌え〜!!w

ちなみに左がぱふぃ、右がぴくるすです。
(ぴくるすが何か間抜け顔ww)

そんなこんなで来たるべくブログに女の子が押し寄せる日に向けて、日々アベニーの写真を撮る技を磨いている自分でありました〜。

投稿者 38brain : 04:39 | コメント (33) | トラックバック

2007年01月22日

2つのエサ紹介

本日は最近手に入れた2つのエサを紹介します。

どちらもチャームさん由来のものですが、私がチャームさんと多少関係があるとは言え、決してベタ褒めだけの記事は書いたりしないですよ。
いいとこはいい、イマイチなとこはイマイチとハッキリと書きたいと思います。
モニターに関しても同じく。
使う人の身のことを考えたら、みんなのためにそれが一番いいですからね。

さて、最初の商品はサンミという会社が作っている「60キューブ赤むし」というものです。
商品パッケージの「赤むし」の「む」の字がいかにもアカムシっぽいです(笑)。
これ、ほんとについ先日からチャームさんで取り扱うようになったものです。
今までキョーリンのアカムシをずっと使ってきましたが、魚の食いに関しては最高なんですけど、とにかく1ブロックの量が多すぎるのがいつも不満でした。
うちの場合、基本はアベニーちゃんのためだけですからね。
いつも解凍して、4等分ぐらいにして、1回だけ再凍結していたんですが、もちろん再凍結はしない方が鮮度もよく美味しいでしょうし、なにより面倒くさい。
で、この「60キューブ赤むし」ですが、一番の違いは1キューブの赤むしの量が少ないんです。ちょうどキョーリン等の一般的な商品の1ブロックの半分です。

通常のものが3.33g、これは1.67gとのことです。
アベニーちゃん2匹にあげる量としてはまだ多いですが、これぐらいなら余った分を他の魚たちにあげても、普通のエサ+赤むしの余った分という感じで継続的に1日1個であげられそうです。
で、あげてみました。
食いは当然よいです。
やっぱり魚たちは赤むし好きですよね〜。
こんな見た目キモイのが、そんなにウマイんかねぇ。(決して自分で試しに食べてみたりはしません!w)

で、気が付いたこととしては、もしかしたらたまたまなのかもしれないですが、1匹当たりの赤むしのサイズがキョーリン社のものよりもでかいです。
だいたい1.25倍というところでしょうか。
長さはあんまり変わらないですが、太さが太い。
アベニーちゃんにとっては食べ応えがありそうです。
ただし、小さな魚(ボララスとか)にはちょっとおっきくて食べづらそうな印象でした。
ある程度大きくなったアベニーにはなかなか最適なエサではないでしょうか。
なにより1日1ブロックになったことでだいぶ手間が減りました。
なかなかのおすすめ品です。
しいて言うなら、さらにもっと小さいサイズのものが欲しいですね〜。
1ブロック1gで値段一緒、とかでもいいのでどこか作ってくれないですかねぇ。
アベニー飼いの方ならきっとみんな欲しいですよね?

さて、もう1品ですが、「特製フレークフード」というものをサンプルでもらったので試してみました。
うちの代表的なエサと大きさを比較したのが上の写真です。
まず言えるのは、とにかく粒が小さい。
見た目の色はテトラミンのように色んな色が入っています。テトラミンをものすごい細かく砕いた感じです。(でも香りはちょっと違います。)
私はなんだかんだ言ってもテトラミンを一番多くあげてますが、テトラミンは写真のように1個がでかいので、すり鉢で1ヶ月分ぐらいの量をまとめてすり潰してからあげてます。
そのままだと小型魚は食べるのに苦労しているように見えたので。
この特製フレークフードの大きさの場合は、すり潰す必要がないので助かります。

で、あげてみました。
ふむふむ、まぁまぁの食いつきという感じです。
なかなか沈みにくいので、いきなり一気に沈んで底砂が食べ残しで汚れてしまうということは少なそうです。
どの魚もまんべんなく食べに来ているという感じでした。
これならローテーションに加えてもいいかもしれません。

今までのうちにある(あった)エサの食いを比較すると・・・、

赤むし>ブラインシュリンプ(生)>GROW B>テトラミン>特製フレークフード>テトラミン・プロ>ムキムキブライン(ブラインシュリンプの乾燥エサ)>SERA社のテトラミンみたいなエサ>乾燥ミジンコ

という感じです。
水槽内の魚によっても違うんでしょうけどね。
あ、もちろんアベニーちゃんは赤むししか食べません(苦笑)。
いまのところ乾燥エサではGROW B typeが一番と感じてます。
底ものにもローテーションでGROW D typeをあげてます。

以上、ちょっとしたエサのレポートでした。

投稿者 38brain : 04:00 | コメント (19) | トラックバック

2007年01月19日

およげアルジーくん

コケ取り能力 未だ不明。

髭コケないから わかりません。

ブログ仲間の 噂も微妙。

それでもアルジー 泳ぎは得意。

今日も水中 駆け回る。

そして抱卵 ああ天晴れ。

やることだけは やっている。

今度は逆さ 楽しそう。

そんなアルジー 今日もゆく。

いつか主役に なるその日まで。

投稿者 38brain : 08:04 | コメント (28) | トラックバック

2007年01月17日

CO2について熱く語ってみる 〜中編〜

2つ前のエントリーの続きで、「CO2について熱く語ってみる」の中編です。

前回はCO2の添加方法について書きましたが、今回は水槽内でのCO2の濃度について書いてみようと思います。

水槽内のCO2濃度は当然CO2を添加することにより上昇します。
このCO2の濃度、実はpHとKH(炭酸塩硬度)から概算を測定することが可能です。
pHとKHとCO2濃度は密接な関係にあり、以下のような関係になっています。

CO2を添加するとpHが下がりやすくなる、というのはこの式からもわかるかと思います。(pHは10のマイナス階乗なのでpH値が小さくなるとCO2濃度は上がるという方向に変化しやすくなります。)

このpH, KH, CO2濃度の算出式に実際にpHとKHの値を代入することによりCO2の濃度を出すことができる下のようなものを「こちら」のページの真ん中辺りに作っておいてありますので興味がある方はぜひ試してみてください。
適当な値を入れてみるだけでも面白いと思いますよ。

さて、ここまで話が来たところで、じゃあ実際の自分の水槽内のCO2濃度などがどういう風に変化しているかが気になりますよね。
よくpHはCO2を添加することで1日の中でも時間によって変わると言うけど、実際はどれぐらい変化しているものなのか。
これは自分がやるしかあるまい、ということで、実際に測定してみちゃいました。
変化が大きい時は30分おきに、あまり変化しない時は2時間程度の間隔で、1日の間、pH, GH(総硬度)、KH(炭酸塩硬度)の3種について測定し続けました。
CO2濃度は計算により算出しました。
わかっていただけると思いますが、測定はけっこう大変でした(苦笑)。

条件を簡単に書くと・・・
・CO2添加は点灯開始と同時の21:30から開始し、3:00までの5時間半おこない、ADAグラスカウンターにて1秒5滴添加。
・3:30からCO2添加開始までの間は消灯しエアレーションをおこなっている。
・75cm水槽で、水草の量はリシアなどかなり多数(アバウトな表現ですがw)。
・生体数は小型魚メインで約60匹。
・CO2添加量の目安として水草より気泡が多数発生する条件としてこの条件とした。
他の細かい条件は省略しますが、だいたいこんなところです。

もちろん、最初に断っておきますが、これはあくまでも私の水槽での結果であって、皆さん各個人の水槽によって条件と結果は相当異なることをご理解ください。

では結果ですが、以下のようになりました。

pHは目視での色の観察であることから0.2程度の多少誤差はあると思います。
あと、KHもaquamind laboratory試薬を使っても0.5刻みでの解像度ですので、実際はもう少し値が上下するかもしれません。
(やろうと思えば0.1刻みでの測定もできますが面倒なので・・・苦笑)

とりあえず結果・考察をすると・・・

1.pHはCO2を添加開始した直後から大きく下がり始める。
添加前はpH 7.0であったが、CO2添加開始後にpH 6.4まで降下した。

2.しかし、CO2添加開始から2時間後にpH 6.4にて落ち着き、その後はCO2の添加を停止するまで変わらなかった。

3.GHは5.0 dH、KHは4.5 dHにて、1日を通して(少なくとも解像度0.5 dHの条件下では)変化することはなかった。

4.CO2添加停止およびエアレーション開始後も急激にpHが戻るわけではなく、CO2添加開始からのpH下降に比べ、CO2添加停止後のpH上昇は非常に緩やかであった。

5.上記の変化により概念上の計算式からはCO2の濃度は最低濃度16.7mg/l、最高濃度66.6mg/lという結果になった。

6.CO2の濃度はこの条件下では添加開始後2時間でこの条件下における飽和状態に達していると考えられる(気体としての溶解度の飽和状態とは異なる。熱帯魚飼育条件下温度でのCO2の飽和溶解度は1400mg/l程度である。厳密には飽和状態というよりは平衡状態と言った方がいいかもしれない)。
CO2の添加量を減らしても飽和状態に達するまで多少時間が伸びるだけで充分光合成はおこなわれると思うが、最大の光合成をおこなわせるためにはCO2濃度に関しては飽和状態であることが理想であり、あえて添加量を減らす必要性はないであろう。
あえてさらに改良するとしたら、添加開始後だけ添加量を増大させ、飽和状態に達した後は飽和状態が維持される最低量の添加を続けることが最良の理想ではあるが、それを自動で制御することは現状不可能であり現実的ではない。

7.おそらく照明をもっと強くする(メタハラの高さを下げるなど)をすればもっと光合成が活発になり、CO2上昇もゆるやかになるのではないかと思うが、水草からの気泡が多数見られることからあえてこれ以上照明を強くする必要性はさほどないと思われる。
コケ発生の危険性を増加させる可能性があることからもそれは言える。

8.エアレーションはこの水槽サイズにしては小さめのポンプでおこなっているので、もっと大きなポンプでおこなえばより早くCO2が脱気されると予想されるが、特に生体が酸欠状態にあるとは思えないので(CO2添加終了後にそれ以上CO2濃度の上昇は見られないため)、このままの条件下で充分であると考えられる。

9.水草の光合成をより活発におこなわせるために、点灯前の30分程度からCO2添加を開始してもいいかもしれないと考えた。

10.今後の課題としては、O2(酸素濃度)についてもどのように変化しているのかをいつか測定してみたい。

というところでしょうか。
今回は測定が目視でしたが、もっと細かく測定したら、おそらくCO2の減少カーブはもう少しなめらかになるのだと思います。

どうでしょうか?
CO2濃度について、科学的に測定して考えてみるのもけっこう面白いと思いませんか?
もしかしてもうお腹一杯できついでしょうか?(苦笑)
必ずしも細かいことまで知っておく必要はないと思いますが、こういう現象がおこっているんだなぁ、という程度でも心にとめておいていただければ書いた甲斐があり嬉しく思います。

さて、次回の続編である「後編」では、さらに深く、水草におけるCO2の役割について書いてみたいと思います。

投稿者 38brain : 07:00 | コメント (24) | トラックバック

2007年01月14日

愛するがゆえに・・・

本日はアベニーに萌えて悶絶死するかもしれません(笑)。
覚悟のほどをw。

CO2の話は次回にして、我慢できないので、こちらを先に書くことにしました。

アベニーパファの「ぱふぃ」を飼っているMac水槽、猛烈に石組みしてましたが、あっさりと石をだいぶ減らしました。
酸処理して猛烈に石組みした記事はこちら。)
現段階ではかなり適当でソイルも散らばってます。
このたった19cmのキューブ水槽に猛烈に青龍石が入っていたものの、最初の頃は酸処理のおかげかGH(総硬度)が5ぐらいしか出ませんでした。
まぁこれならいいかな、と思っていたんですが、週を経るごとに徐々に戻ってきて、先日は再びGH9ぐらいまで戻ってました。
まぁ石をのぞいたのはGHのためではないんですけどね。
やっぱシンプルな方がいいかなって。
この水景は75cmで伸びてきたテネルスを植えて、テネルス+何個かの青龍石にしようと思います。

まぁ、それはさておき、今日はアベニーちゃんの話ですよw。

このMac水槽で飼っているアベニーのぱふぃ。
後からもう1匹のアベニーの「ぴくるす」を加えたのですが、ちょっと喧嘩気味で、ぱふぃちゃんがドヨヨ〜ンとしてしまったので、ぴくるすは75cmに移した、という話はご存じの方も多いかと思います。

まぁ別々で暮らして、それはそれで平和だったのですが・・・、
やっぱりね〜、75cmで悠々と泳いでいるぴくるすを見てると、ぱふぃも広いところで泳げた方が幸せなんじゃないかなぁとか思っちゃったわけですよ。

いつも寝室で一緒に暮らしてきたぱふぃ。
ふと横を見るとそこにはいつも愛くるしい姿がありました。
楽しい時も、つらい時も、そのプニプニと泳ぐ姿で元気づけてくれた、ぱふぃ。
でもね、愛するがゆえに別れなければならない時もあるよね・・・。

と、ちょっと引かれるぐらい猛烈に大げさに書いてみたわけですが(笑)、そんなわけで75cm水槽のぴくるすと一緒に混泳させてみることにしました。

5時間ほど水合わせした後に(超慎重w)、いよいよ導入!!

すると・・・

早速ぴくるすに近付くぱふぃ。
なんて礼儀正しいんだ!w

最初はほぼ同じ大きさで若干ぴくるすの方が大きい程度だったのですが、ぴくるすの方が広いところで悠々と過ごしていたからなのか、それとも単に食いしん坊で赤虫を食いまくり肥えただけなのかw、ぴくるすの方がひとまわり以上り大きくなってます。

そして、見つめ合う2匹・・・。
喧嘩しないか、こっちもドキドキの親心で見つめます。

そして数分後・・・


なんと寄り添うように一緒にプニプニと泳ぎ始めたではないですか!
うはぁ〜、萌えるぅぅぅ!!!ww

この2匹、ほんとにまったく喧嘩しませんでした。
そして、かなり寄り添ってます。こっちが嫉妬するぐらいw。

ね。



あはは〜、まてよ、こいつぅ〜、という声が聞こえてきそうです(笑)。

う〜ん、たぶんどっちもメスなんよね・・・。
これでオスメスだったら子供にも期待しちゃうんですけどねぇ〜。


そんなわけで、一緒にしてから5日ほど経ちますが、未だに一緒にいることが多いです。
ずっと見ててもかじるようなことは一切ないみたいです。
どちらも前よりも赤虫をよく食べるようになった気がします。
75cm混泳作戦、大成功みたいです。


何よりも、ぱふぃのこの幸せそうな顔を見れたことが一番うれしかったかもしれません。

投稿者 38brain : 08:40 | コメント (31) | トラックバック

2007年01月12日

CO2について熱く語ってみる 〜前編〜

今日から前編、中編、後編の3回に渡り、CO2(二酸化炭素)について熱めに語ってみたいと思います。
と言っても温暖化について語るわけではありません(笑)。当然水草とCO2に関してです。
でも、ADAの場合、CO2ボンベのCO2を工業用から出るCO2を再利用しているという話は一部では知られている話です。
そういう企業の環境に対する姿勢ってすごく大切ですよね。

今回のCO2に関する話は、そんなこと知ってるよ〜という話も多いかとは思いますが、なるべくマニアな方にも満足してもらえるように、後半に行くほどマニアックな話にする予定です。
CO2マニアの方以外は後半については適当に読み流していただければ幸いですw。


さて、水草にとってはCO2が多くあるとよく育つようになることは、育成している方ならほとんどの方がご存じなことかと思います。
水草の種類によってはCO2がないと全然育ってくれないものさえあります。
なんでCO2が必要なのかについては「後編」でもう少しお話しすることになると思います。

まず前編の今日は、CO2の添加の仕方について書こうかと思います。

CO2の添加方法といったら、小型ボンベから添加するのが最も一般的ですね。
通常の小型ボンベの場合、だいたい60gまたは65gが一般的で、もっと小型だと35g、ADAの製品だと74gのようですね。
他にも発酵式でCO2を添加する方法もあるようですが、ここでは割愛させていただきます。
設置場所がある方は、ミドボンとよばれる大きなCO2ボンベ(2.5kg, 5kg, 10kgなど)で添加するとコストパフォーマンスがいいのでおすすめです。
それと、ミドボンの場合は量が多いので、空になって取り替えるということが年に1回あるかないかという感じですから、管理の楽さもあります。
かくいう私も、とにかく楽をしたいものですからw、5kgのミドボンを使っています。

添加する機械等についてですが、言うまでもないことでしょうけども、一番楽なのは全部がセットになっているものを購入することですね。
ADAのCO2アドバンスドシステムや、マーフィードのCO2フルセットが有名なところです。
これを買うと、ボンベからのCO2の放出と停止を制御するレギュレーターや、添加用のバレングラス、チューブ類などが全て付いてくるのでよいですよね。
他に必要なものといったらタイマーと、タイマーに接続して放出を管理する電磁弁ぐらいでしょうか。
機器に関しての説明はメーカーのサイトなどをご参照ください。

で、私の場合もバレングラスでCO2を添加しています(上の写真参照)。
私の場合は、元々はADAのセットのものを使っていましたが、ミドボンに変更したので、ADAのレギュレーターはそのままでは使えず、ミドボンとADAの変換アダプターをWaterPlantsWorlds(WPW)さんから購入して取り付けました。
ちなみに、ミドボンも上記のWPWさんから購入(レンタル)してます。

CO2の添加に関してですが、バレングラスで添加するのが一番知られていますが、他にも溶解率を上げるため、強制拡散器というものを使う場合もあります。
実際バレングラスだと状況にもよるでしょうが100%になることはほぼないようですが、強制拡散器ですと、ほぼ100%の溶解率になるようです。
私もちょっと前まで、上記にも登場したWPWさんから「CO2マスター」(下の写真)という強制拡散器を購入させてもらって使ってました。


(昔の携帯で撮った写真なのであまり美しくなくてすいません、苦笑)

これは外部フィルターのホースの途中に、CO2ボンベを接続し、強制的に溶解させるものです。
まぁ詳しくはWPWさんのこちらをご参照ください。
他にも他社からも色々出ているみたいですね〜。

で、私ですが、バレングラスを再び使うようになったのは、単純に水槽が大きくなったのでバレングラスがあってもそんなに気にならなくなったことと、やっぱりバレングラスからシャワシャワとCO2が出ている状態は見ていて美しいので再設置したというわけです。
溶解率とか、効率とか、掃除の面倒さ(バレングラスは最低3週に1回ぐらいは掃除しないといけません)、を考えると強制拡散器の方が楽ではあるんですけどね。

前置きが長くなってきましたが、CO2を添加する時、単純にバレングラスで添加すると、けっこうそのまま水面に上がっていくだけのもったいないCO2の気泡がたくさんあります。
これをなんとかもう少し溶解させられないかなぁということで、こんな工夫をしました。


そんなこと当然じゃん、って言わないでくださいね(苦笑)。
リリーパイプ(外部フィルターからの排水部)から出る水の流れを、CO2が出るバレングラス部分にちょうどうまく当たるように調節しました。
これによってCO2が水流に乗って水槽全体に広がってくれます。
下の写真を見てもらうと一目瞭然です。

かなりの部分のCO2が横方向に流れていってくれていることがわかると思います。
当然すぐ上に行ってしまうよりは、横方向に水流に乗って行く方がCO2の溶解率は上がっていることでしょう。
それと、これも大事なのですが、バレングラスはとにかく綺麗な状態であるほど気泡が細かく出て、溶解率も上がるので、綺麗な状態を維持し続けることをおすすめします。
うちは上にも書きましたが3週間に1回はSUPERGEというADAのハイターのようなものに浸けて洗浄・漂白しています。

ちなみに、現在うちのCO2は、75cm水槽に、1秒5滴ぐらい添加してます。
これが多いか少ないかについてですが、個人的にはまだ少ないぐらいじゃないかと思っています。
っていうのは、リシアってCO2を大量に消費するらしく、うちには今リシアがかなりあるんですよ。
水草の種類や量、生体の数、バクテリアの量、などによってうまく添加量を調節する必要があるでしょうね。

そんなわけで、前編はCO2の添加方法についてお話ししました。

中編は、じゃあ実際CO2の添加量と溶解量の関係はどうなっているのか、これについて、実際に熱く実験してみましたのでそれをレポートしたいと思います。

投稿者 38brain : 08:54 | コメント (26) | トラックバック

2007年01月10日

iPhone キター!!!

番外編の速報。
本日、日本時間午前2時よりAppleのSteveJobsがMacWorldというイベントで新商品を紹介しており、それをリアルタイムで追ってます。(現在進行形)

そしてついに噂のiPhoneというiPodタイプの携帯電話発表!、キタコレ!!

8Gもあれば携帯電話が使えなくてもiPodの代わりとしても欲しい!

画面は全てタッチパネルとなっている。
いかしすぎ!
ボタンはホームボタンの1個のみ。

マウス、クリックホイールに続く第3のレボリューション。
Jobs氏が何度もrevolutionとかrevolutionaryとか言ってましたw。


むろんこの写真はJobs氏のもう一つの会社「Pixer」の「ファインディングニモ」に関連しているから魚の写真だと思われます(笑)。


マカーにはおなじみのフィル・シラーの名前がw。
デモで電話もしてたみたい。
Jony Iveってのは、MacとかiPodのデザイナーとして有名なジョナサン・アイブのことかな?

ネットブラウジングも可能。
OS Xが携帯に入ってるらしい。

google mapももちろん閲覧可能。
最初から入ってるみたい。

ネット、メール、写真、ムービー、他色々可能。
もちろんiPodの機能もあり。
Bluetooth、Wi-Fiあり。ワイヤレスヘッドフォンも使えるね〜。
5年先のテクノロジーを詰め込んだみたいなこと言ってたけど、まさにそんな感じ。

欲しすぎる。
電話使えなくても欲しすぎる。
まだ途中だけど、アメリカではもうすぐ使えるみたい。
googleとかYahooとか携帯電話会社の人なども基調講演に登場してる。

ぎゃ〜、アメリカは6月からって言ってるけど、アジアは2008年って言った〜(泣)。

あと社名まで変えたみたい。
"From this day forward we're going to be known as Apple, Inc. We've dropped the computer from our name."
(「アップル・コンピュータ社」っていう名前から「コンピュータ」の部分を削って、今日から「アップル社」としてスタートですよん。)
てなこと言ってました。
前からアップル、アップル言ってたからそんなに変化は感じないけど、でもま、いつのまにかMacのみの会社からiPodとMacの2本立てになってたし、今後は携帯事業も入れて3本立て、あるいは今日発表した別の「apple tv」という製品(パソコンからテレビにストリーミングできたりするもの)なども入れて、MacとiPodを中心に多面的に広がっていくみたいですね〜。
とにかく早く日本でiPhone発売して欲しい、と願い今日のレポート終了とします。

http://www.apple.com/iphone/

追記:
ハイクオリティな写真がhttp://www.appleinsider.com/article.php?id=2371
とかhttp://www.appleinsider.com/article.php?id=2370
とかで見られます。

それと、なんと会場にsoftbankの社長、孫正義が来ていたらしい。
それはもしかして・・・?!

投稿者 38brain : 04:01 | コメント (22) | トラックバック

2007年01月09日

予告とか。

今年に入ってから3日に1回の更新ペースですが、まぁこれぐらいでもいいかなって思いますが、どうでしょう?(苦笑)
それなりにちゃんと記事を書くことは続けていきますのでご了承ください。
いやぁ、ネタはまだまだあるんですけどね〜。

ってことで、今回は手抜きで、次回のネタ予告でも。

次回から久々にちょっぴりバイオチックなネタを3連続で書こうかと思います、たぶんねw。
前編・中編・後編の予定です。

その後は脅威の萌えネタ(おおげさ)の予定w。

あ〜モニタで紹介したいエサもあったんだよなぁ。

昨日近所のwareoosato君からクリプトももらっちゃいました。
この場を借りて感謝感謝です。

散財して買っちゃったものもいくつか紹介したかったなぁ。
まぁそれはネタ切れの時かなw。

今アクアで一番欲しいものは「ジョイントグラス」です(超安上がりな自分w)。
チャームさん、欠品中なり〜。
と思って再確認のため今見たら欠品解除されてる!!キター!!!
昨日まで欠品だったのに。
え〜い、3つ、ポチッとな。
いっつも買い物する時って後で「あ〜あれも買っておけばよかったぁ」って思ったりしません?忘れやすい自分だけ?(苦笑)
なので、今度からデスクトップに「買いたいものリスト.txt」を作ることにしました(笑)。

アクア以外では一番今欲しいのは液晶テレビです。
マジでテレビぶっ壊れる寸前です。
画面の上の方に線が出てるし、一昨日なんていきなり電源が落ちました。
おちおちWiiもできません(笑)。
昔のテレビでブラウン管の激重のものです。
一番今のテレビで問題なのが、このテレビには2種のリモコンが付いてて、一つは簡易版のチャンネルと音量ぐらいしか付いてないもの、そしてもう1個が多機能な設定関係のボタンも付いてるリモコンなんですが、多機能版のリモコンをなくしてしまい、画面の明るさを変えられなくなったことです。
おかげでバイオハザードみたいな薄暗いシーンの多いゲームはまったく今自分がどこにいるのか見えなくて、ハッキリ言ってお化け屋敷状態ですw。
次は37インチぐらいがいいかなぁ。もちろんWii(ゼルダ)のためw。
ほとんど普段テレビは見ませんので、DVD観賞用と、しつこいですがWii用ですw。
テレビにはまったく疎いので、デジタルが今のテレビの穴に刺してそれだけで見られるのかどうかもよくわかりません。
今度電気屋さんで聞こうかと思ってますが、もしかして恥ずかしい人?(苦笑)

おっとと、なんだかんだ言って好き勝手なこと書いてたら長くなってしまいました。

ということで、普通の記事扱いにしてもいいですか?(苦笑)
なので、写真を1枚追加。


(めずらしくバラけるボララス・ブリジッタエの群れ。
実はあんまり変わってないように見えますが、これでも週末に相当トリミングしまくりました。)

じゃあ次回の記事は2、3日後ぐらいに〜w。

投稿者 38brain : 07:22 | コメント (16) | トラックバック

2007年01月07日

アベニーパファトラックバックセンター

本日は一つお薦めのページをご紹介します。

うちからもリンクを張らせてもらっている「Ariela Networks」ブログの悠希さんが作製された「アベニーパファトラックバックセンター(Avenie Paffer tbc.)」です。

ここは、アベニーパファに関する記事を書いた時に、「http://avenie.ariela.jp/trackback」というアドレスにトラックバックを打つと、自動的に上記のセンターサイトに自分の記事へのリンクが追加されるという素敵なものです。


(君たちは色が綺麗だね〜)

ここからアベニー仲間の交流が広がってくれればいいですね〜。
全国のアベニー萌えな方々、ぜひ自分のアベニーちゃんの可愛さをアピールするなり、自分のサイトを紹介するなりの手段として使われてみてはいかがでしょうか?


(そこに何かあるの?)

AveniePaffer tbc.うちのリンクコーナーにも追加させてもらいました。
悠希さんのブログはとてもデザインも凝っていて素敵ですので、おすすめです。
もちろんアベニーちゃんも飼ってま〜す。


今年はうちからのリンク仲間で誰かアベニーの繁殖に成功する人が出れば楽しいのになぁと期待してます。
でむちんさんか、ホリホリえびろーさん辺りがやってくれそうな予感がします(プレッシャーw)。

うちのアベニーちゃんも2年目に突入。
今年も1年、アベニー萌えは変わらず、むしろより過激に、大胆に、濃密に、妖艶に(?)いきたいと思いますので、生暖かい目で見守ってください(笑)。

投稿者 38brain : 10:13 | コメント (19) | トラックバック

AM1(初代aquamindブログ)修正

ちょっと時間があったので、サーバー移転時におかしくなっていた初代aquamindブログ(AM1)のファイル関係やプログラム関連を修正しておきました。
あんまり見る機会はないと思いますが、気になってたものでw。

初代ブログで書いたMacCube水槽プロジェクト(全10回)を見たいと言ってくれた方もいましたので、その辺も修正しておきました。(こちら。

お知らせまで。

投稿者 38brain : 00:33 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月04日

お正月

今日は画像が多いのでコメントは少なめに。

結局あんまり時間がなくて皆さんのブログにご挨拶ほとんど行けていません。
ごめんなさいです・・・m(_ _)m
明日以降ジョジョに行かせてもらいますね!

さて、正月は初日の出を見に、大船渡の吉浜というところに行ってきました。
と言ってもわからないですよね、岩手県の右下の辺りですw。


いよいよ?!
ちょっぴり方向が真っ正面ではなかったのですが・・・


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

いやぁ、めでたい。
ということで、改めて今年もよろしくお願いいたします。
今日、横浜に帰ってまいりました。

上の初日の出を見に行ったときの写真をツラツラと何枚か載せますね。
ちなみに気温は氷点下5度ほどでした。
地元の民は暖かいと宣って(のたまって)おりましたw。

船にも正月飾りが付けてありますね。


イカ釣り漁船でしょうか?


あぼーん。


イカス。


何が入っているのでしょう?


近くの林を散策。


倒木。


近くの川をのぞいたら、普通に鮭が泳いでましたw。
頑張れば手で取れそう。


では、最後に三段オチを。

ゑびす丸。
よくありそうな名前ですね。


ふむ、第五弁天丸。
かっちょいいね。


し・・・したっぱら丸?!!w

投稿者 38brain : 04:18 | コメント (23) | トラックバック

2007年01月01日

HAPPY NEW YEAR 2007 !!

あけましておめでとうございます〜!!

昨年は本当にお世話になりました。
アクアの話では、ブログの楽しさの神髄を味わった1年間だったように思います。
リアルな世界でも何名かにお会いしましたしね〜。楽しかったです。
今年も機会があれば、お近くの方は飲みにでも行きましょう!

あとはやっぱりまさかのショップを始めてしまったことですね。
1年前には想像もできない世界でした。
何でも物事を始めた最初の頃は激動するものですが、本当に激動の1年でした。
これもひとえに皆さんことブログ仲間のおかげです〜。
いつも楽しさをくれるbonさん、uchaiさん、そしてご近所のblacklayoutさん、もちろん他にもたくさんの方々、本当に感謝してます。
ネット上であっても、人との出会いは最も大きな刺激になりますよね。

さて、今年1年はどんなことが起こるのでしょうか(もちろんアクア限定)。
1年前は60cm水槽を初めて間もなくでドキドキしていた頃かな。
75cm水槽、どうなっていくのでしょうね。
今年の抱負としたら、とりあえず欲しい器具関連はほぼ買ってしまったような気がするので、内容の充実でしょうか。
なんか去年もそんなこと言ってなかったっけなぁ(苦笑)。
コンテストもねぇ。微妙ですが、もし機会があれば・・・ね。
とりあえず、すべての生体に、わんぱくでもいい、たくましく育ってほしいというところでしょうか。
アベニーちゃんも2年目に突入ですが、兎夢さんのHooのように長生きしてほしいものです。
ボララス100匹とか導入してみたいんですけどね。もうちょい先かな。


ちなみに現在、実家です。
昨日は日の出とか見に行っちゃったw。
写真も撮ったのでそれはまた近日にでも。
今年は本当に雪が全然なくて少々拍子抜けですw。

ではでは、今年もよろしくお願いしま〜す!!

投稿者 38brain : 21:07 | コメント (29) | トラックバック