2006年11月15日

リシアに挑戦 & ブラックホールは凄かった。

週末、むちゃ近所に住むblacklayoutさんが遊びに来ました。
そこで、水景披露とコーヒーをごちそうすることをエサに、上の写真で砂止めに使っている溶岩石にリシアを巻いてもらいました(笑)。
ウソウソ、進んで手伝ってくれた非常にやさしいblacklayoutさんなのでした〜。

二人でやるとほんと早いね〜。
実質全部に巻き付けるのに30分もかからなかったんじゃないかなぁ。

いそいそと配置。(blacklayout氏、撮影。手は自分です。)

てことで、完成。
お〜、全面が緑になるだけでだいぶ雰囲気変わりますね〜。
いい感じ。
リシア初挑戦なのであります。
とりあえず気泡の泡が見たかっただけですw。
たぶん噂のバッコン(土台から外れてラピュタのように水面を漂う)状態になってしまったら、あっさりとやめて、モスに換えると思います(笑)。

密かに、新たにいくつか水草クリプトコリネを追加しました。
しかし、名前がどれがどれだか分からなくなってしまったので、名称および詳細不明です(苦笑)。

で、惜しげもなく、ドンドンネタ行きますよ〜。

ここ数日の水質測定により、
6日目
pH 6.4
GH 3.0 dH
KH 2.5 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 0 mg/l
NH3(アンモニア)0.5〜1.5 mg/l

8日目
pH 6.6
GH 3.0 dH
KH 3.0 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 16 mg/l
NH3(アンモニア)0.25 mg/l

10日目
pH 6.4
GH 3.0 dH
KH 3.0 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 8 mg/l
NH3(アンモニア)0 mg/l

という結果が得られ、あっさりとアンモニアが出なくなったので生体を半分ほど60cm水槽から移住させました。
結局NO2は一度も検出されることなく終了。
やっぱりフィルターを使い回すと水ができあがるのが早いですね〜!

そうそう、水槽が一つしかないので(Mac水槽は除く)、ボララスメインの生体はしばらくおあずけです。
今いる生体を大事に育てたいと思います。
ほとんどの生体が1年を経過し、カージナルテトラとかブルーアイラスボラとかが異様に巨大化してます(苦笑)。

次のネタ。

blacklayoutさんつながりでもう一個。

昨日帰ってきたらポストにこんな物がっ!
blacklayoutさんがアクアショップに行くついでに買ってきてくれたのでした〜。
ありがトンです。

で、早速、今度はちゃんと外部フィルターの中に入れて使ってみました。

1時間経過後、既にかなり透明になってきているのを確認しましたが、ここで消灯。
結果は翌日に持ち越し。

で、今日、水槽を見てみると・・・!!

うは〜〜〜っ!!!!!
むちゃくちゃ透明になってるぅぅぅ!!!

一番上の写真と比較すると茶色からどんだけ透明になったかが一目瞭然だと思います。

さすが、ブラックホール。
噂に違わぬものすごい効果でした。
普通の活性炭よりも若干高価ですが、それだけの価値はありますね。
ほんとビックリでした。
おすすめの一品です。

あと、やっぱり水景は魚が入ってなんぼのもんだな、と思いましたね。
魚が泳ぐ姿はやはり癒されます。
水槽の前に座り、コーヒーを飲みながら、ボ〜ッと20分ほど眺めてしまいました。

投稿者 38brain : 06:59 | コメント (22) | トラックバック

2006年11月13日

アクはしっかり抜きましょう!

ラボ関係の話を2連続ですると言ってましたが、少し延期させていただきます。
ほんとはNO3 assay kit(硝酸測定キット)のモニター募集しようかと思ったんですけど、ちょっと自分の中でまだ納得できない部分があるので、もう少しだけ改良してから公開しようかと思います。

で、先日立ち上げた75cmの話です。
上の写真は最初の2日間ぐらいのドロップチェッカーの様子です。
持っている方は分かると思いますが、極めて酸性(CO2過多)の色です。
なぜなら、最初の2日間は、CO2システムをミドボンに変えたこともあり、猛烈な勢いで(1秒に5滴とかw)CO2を添加していたからです。
ミドボンにすると気持ちが大きくなり、無駄使いをしてしまいますw。
こんな色初めて見た(笑)。

でまぁ、順調に立ち上がってま〜す、と言えればいいんですが、やはり色々と問題が出てきております。

とりあえず今日の話はアクの話。

なぜか写真に撮ると透明っぽくなってしまうのですが、水槽の水が最初の頃、むちゃくちゃ茶色になりました。
やっぱりあく抜きが全然足りなかったみたいです。
すっかり忘れてて、前日1日しかあく抜きしませんでしたからねぇ。

上から見るともう少し茶色っぷりがわかりやすいかな?

そんなわけで、これを除くために、近所のホームセンターに行って、噂の「ブラックホール」とやらを探しに行きました。

が・・・

売ってなかったので、代替品のこれで我慢することにしました。

勘違いされている方もいるかもしれませんが、こういう活性たん系はアクだけを吸収して、アンモニアを吸収することはありません。
なので立ち上げ当初に入れても立ち上げを遅くしたりという心配は無用です。

でもって、こんな感じに投入してみました。

しか〜し、数日経っても全然白くならない・・・orz
むしろより茶色くなってるかも(苦笑)。

土曜日にblacklayoutさんがうちに来たんですが、彼曰く、外部フィルターの中に入れないと意味ないんじゃない?とのこと。
そ・・・そうなのね・・・。
ってことで、水をこの日も50リットル近く換水し、ようやくだいぶ透明になってきたのでありました。

みなさんも、アク抜きは最初にしっかりしましょうね(苦笑)。

そんなわけで、上にも書きましたようにblacklayoutさんが土曜日にうちに遊びに来たので、こき使って水替えなどの作業を手伝ってもらいましたww。
その他の作業も一緒に手伝ってもらいましたが、それは次回の記事で〜。


そうそう、最後に思い出したので一言。
このアクの色が気にならないという方は、むしろあまりあく抜きしないで立ち上げてもいいかもしれません。
アクが残っていると、コケが非常に出にくくなるというメリットがあります。
いわゆる、ブラックウォーターですね。アクの中に含まれるタンニンなどをコケ(藻類)は嫌うようです。
でもねぇ、私個人的にはやっぱり透明度は高ければ高いほど好きなので。

投稿者 38brain : 05:46 | コメント (17) | トラックバック

2006年11月08日

プロジェクト75 〜いよいよ立ち上げ(後編)〜

前回はこのように底砂を敷き分けたところまででした。

さて、ここに流木を配置します。
色々迷いましたが、最終的にはこのように配置しました。
 ↓

どうでしょうか。
もうちょっと右と左手前の流木に高さがあるものを買ってもよかったかもしれませんが、これは水槽に入れてみるまで正確にはわかりませんからねぇ。
流木選びとその配置はほんと難しいです。
ちなみに、トロピランドでは午後5時ぐらいから午後7時ぐらいまでいました(笑)。
2週間ほど前、流木の箱を底の方まで掘り起こしてガザガザしている怪しい人を見かけた人がいたら、たぶんそれは私ですww。

さて、流木の配置も決まったということで、水草を植えていきます。

あ、そうそう、上の写真で気付いているかもしれませんが、底砂の境界ラインには溶岩石を配置しました。
これ、後ほどリシアを巻き付ける予定なのですが、今現在もまだやってません(苦笑)。

まずは、この前景草、「エキノドルス・テネルス」から。

植える前にまずは水をちょっと入れて、植えやすいようにしました。

こんな感じに。

で、チョコチョコと植え始めたのですが、ここでふと、まてよ・・・、という思いが。
先に流木にモスを巻き付けておかないといけないんじゃないか?と。

覚えているのですが、ここの段階で午前3時でした。
なぜならタイマーの照明がここで消えたから。

流木にモスを巻き付けてしまったら、流木が浸る水面まで水を入れなければいけない・・・、
となると、水草も全部植え終わっていないといけない・・・、
う〜む、明日にするか今日全部やってしまうか・・・、
ここでかなりの葛藤がありましたが、え〜い、やってしまえ!!!ということで続行しました(笑)。

使ったモスはこちら↑
これは60cm水槽に流木に付けておいていた「タイ産モス(別名プレミアモス)」です。
ごく一部、ノーマルのモスもくっついているようなので全部剥がした後にタイ産モスだけを分け取り、流木にモスコットンで巻き付けました。

巻き付けたのはモスだけではありません。

こちら、今回の水草の中でも主役的存在の一つである「ボルビティス」です。
この水草は先日ここのブログで、誰か分けてくれる人いないかなぁ、ということを書いた時に(記事はこちら)、ken5さんという方が快く提供してくださったものなんです。
見てください、このボリュームを!!
いやぁ、ほんとなんて心優しい方なのでしょう。感謝感謝です。
やっぱりブログって素敵、と思ったのでありました。
ken5さん、本当にありがとうございました。

(水草交換掲示板の話もちゃんと考えてますよん。)

ということで、こちらも3本の流木に巻き付けまくります。
あまりにもボリュームがあったので最終的に一部は底砂に直接埋めちゃったりもしたんですが、ken5さんに後ほど聞いた話によると、どうやらあまり底砂に直接植えるのはよくないとか・・・。うむむ。

ってなわけで、こっからの途中の写真はナシです(笑)。
もう写真撮ってる余裕もありませんでしたww。っていうか忘れてましたw。

では、いよいよ完成写真見せちゃいますよ〜。

あ、じらすように、今回使った水草を。
上で書いたものも合わせて、
・エキノドルス・テネルス【5束】
・タイ産モス(プレミアモス)【上の写真の量w】
・ボルビティス【上の写真の量】
・ミクロソリウム(普通の)【3株ぐらいでおまけ的に、60cm水槽より】
・ミクロソリウム・ナロー【かなりいっぱい、20株ぐらい?】
・ミクロソリウム・ウィンデローブ【5株ほど】
・クリプトコリネ・バランサエ【2株】

今のところ以上です。

クリプトコリネ・バランサエはもっと後ほど追加予定ですし、
まだリシアを溶岩石に巻き付けてないし、
中景用のクリプトコリネ系を買おうと思ったのにショップにいまいちなくてあきらめたので、近日オークションで入手予定です。

で、こんな感じに完成しました〜!!


  ↓


(この写真だけはクリックすると大きくなります)

ど、ど、どうでしょう?(ドキドキ)
感想をお聞かせ願えれば嬉しいです。
深緑ばっかりですが、中景にクリプトを植えると少し変わるかなぁ。
今回のテーマは「道」と「ラスボラ類に似合う水景」の2つです。

ちょっと横からはこんな感じ。

もうね、どんだけ水入れればいいんだよぉ〜という感じで、バケツで水入れる作業が相当大変でした。
計算では140リットル近く入っていることになります。
水槽だけで150kg以上はありますね。おそるべし・・・。地震怖いよ〜。

微妙にもう前の方がソイル出ちゃってるとこがありますが、はみ出したものは後ほどエアレーション用のチューブでサイフォンの原理により吸い出し予定です。
いつもMacCubeの水替えもそうやってます。
水を入れる時はけっこう綺麗にソイルが混ざらないように入れたんですが、ソイルを使っている人ならわかると思いますが、最初の立ち上げの時って下に空気が入っていたりして、一部がプカプカ浮いてきたりするんですよ。
それがしばらくして沈んだ時に、ブライトサンドの上に降ったりするんですよねぇ。もう!w

で、ここに、60cm水槽で使っていた(75cmのために準備していた)エーハイム2215+2215サブフィルターを早速導入しました。

リリーパイプ(排水側)とメタルジェットパイプ(吸水側)が入って、現在はこんな感じ。

さ〜て、水ができあがるまでどれぐらいかかりますかねぇ。

データ的には現在こんな感じ。

初日(1日目)
pH 7.0
GH 4.0 dH
KH 2.5 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 0 mg/l
NH3(アンモニア) 0 mg/l

2日目
pH 6.4
GH 3.0 dH
KH 3.0 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 0 mg/l
NH3(アンモニア) 1.5 mg/l

4日目(今日)
pH 6.6
GH 3.0 dH
KH 3.0 dH
NO2(亜硝酸) 0 mg/l
NO3(硝酸) 0 mg/l
NH3(アンモニア) 1.5 mg/l

1週間ぐらいでアンモニアが消えてくれればいいんですけどね〜。


次回の記事は2連続で、ラボ関係の話にする予定です。
上に書いた測定の話と微妙に続いています。


ということで、立ち上げの記録でした。
今後ももちろん随時状態を報告しますよ。
っていうか、この水槽がメインなのでこの水槽の話が多くなるのは当たり前ですが(苦笑)。
結局立ち上げを終了したのは午前7時半。
午後9時半からやっていたので、ほぼぶっ通しで10時間やってました(苦笑)。
翌日は気持ちよく午後5時まで寝てましたw。

投稿者 38brain : 06:38 | コメント (24) | トラックバック

2006年11月06日

プロジェクト75 〜いよいよ立ち上げ(前編)〜

いよいよ立ち上げです。
午後9時半頃、開始しました。

実は上の写真の状態にするだけでも午後10時半ぐらいまでかかりました。
っていうのは、メタハラを綺麗に設置し直したからです。
前の60cmの時は仮置きでワイヤーも適当でしたから。
なにげにこの作業で早くも相当疲れました。
メタハラを持ちながらワイヤーを調節したりって、持っている方はわかると思いますがかなりしんどいですよね。
これ女の子でもできるのかな。<namazuさんとか。
それに裏の固定器具取付も結構大変でした。慣れてない自分だけ?
アームを何回も天井にぶつけました(笑)。
上の階の住人は下で何をやってるかと思っていたことでしょうw。

さて、メタハラの設置を終え、いよいよ開始です。

まずは構図を考える。

右の流木と左手前の流木は配置をほぼ頭の中で決めていたものの、左奥の流木だけはまだ決めていなかったので色々いじって悩みました。

う〜む・・・。

ムムムム・・・。

さて、どうれがいいですかね。
結局どうしたかは先のお楽しみでw。
微妙にこの3種とも違います。

今回の水景のテーマの一つは「道」です。
あ、別にかっこいいことを言っているわけではないですよ、単に真ん中に道を作ってみたかっただけです(笑)。
今年の春にADAギャラリーに行った時に一番自分が衝撃を受けた水景にインスパイアされて(真似?)水景を考えてあります。
通(つう)な人は見ただけでどの水槽かわかるかな?

そゆことで真ん中に色の明るい砂を敷くために敷き分けの準備をしました。

こういう風に厚紙で分けるの、一回やってみたかったんですよねぇ〜ww。

そして、いざ、ブライトサンドを入れていきます。

一見、上の写真で綺麗に敷いているように見えますが・・・

このように、裏側は既に少し漏れてます(苦笑)。
まぁ、これぐらいならいいか、ってことで、続いてアマゾニアソイルパウダーを撒いていきます。

境界ラインはこんな感じ。
さすが75cmともなると必要な底砂の量もかなり多いです。
アマゾニアソイルを約9リットル、ブライトサンドを7kgほど入れました。
(ブライトサンドは8kg入りのものを買ったのですが、実は最後の1kgはこの先おこなう予定のMacCube水槽のリセットのために取っておいたのでしたw。)

さて、次が今回一番緊張した一瞬です。
境界の厚紙を取り外します。
取り外す前に慎重に両側での高さを合わせ、さらに崩れにくいように水でしめらせておきます。

いざ!!

お〜っ!!
まぁ、初めてにしてはわりとうまくいったのではないでしょうか。

横から見るとこんな感じ。
セオリー通り後ろに向かって山にしてあります。
一番手前のブライトサンドはほんとにあるか、ないか、ぐらいの薄さにする予定です。


以上、前編でした。
後編では流木を設置し、最終的に水草を植えるまでのお話です。

投稿者 38brain : 02:57 | コメント (23) | トラックバック

2006年11月05日

プロジェクト75 〜前夜祭から当日まで〜

キャビネットの件ですが、実はしょうもない理由で予定日である11月3日に受け取れませんでした。
その後、無事受け取れました。
どういうわけだったかは後述します。

11月3日、晴れ。(たしか・・・w)

「Stylish Aqua」のそよ風さんのところで購入したADA風の75cm水槽用キャビネット。
予定では12時〜14時の間に届くということだったので、午前11時頃起床。
キャビネット到着に備える。

しかし、いつまで経っても到着せず(これは前回の記事の書いた通り)。

う〜む・・・。
ということで、やることもないので、開封していなかった上の写真の75cm水槽(ADA 75-P)を設置予定場所に置いて眺めてみたり・・・(笑)。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、やっぱり75cm水槽はでかいですね〜。
奥行きが45cmもあると、かなり60cmよりでかく感じます。
ちなみにサイズは75(横) x 45(奥行き) x 45(高さ)です。

そんなことをしている時、ふと、やっておかなければいけないことを思い出しました。

そう、流木のあく抜きです。
すっかり忘れてました。あぶない、あぶない。
今回の水景は流木メインで〜す。

今回使う流木は写真の3個。

これ、私が1年ぐらい前に初めて流木を購入した「トロピランド相模原店」で1年ぶりにまた購入しました。
思い出の地で再び再出発な気分なのでありました。
ここのお店かなりいいですよ〜。
生体の種類もむちゃくちゃ多くて多様だし、流木も普通でも安いです。
(どうも店員さんが勘違いしたようで想定よりも3本で4000円近く安く上がったことはここだけの内緒ww)

で、あく抜きですが、流木がでかいのでバケツに入りきらず、さてどうしようか、となったわけですが、今回はお風呂の浴槽であく抜きすることにしちゃいました(笑)。

上の写真は浴槽です(色が既に茶色がかって見えるのは照明のせいもあります)。

そして、1日後はこんなになりました(なぜ1日後の写真があるかは後にわかりますw)
 ↓

バッチイw。

で、さらにもう一個やっておくべきことを思い出しました。

今回は、アマゾニアソイルとブライトサンドの2種を使うことに決めていたのですが、ソイルはいいとして、ブライトサンドを洗っておこうと思い立ち、洗いまくりました。
かなり泥が出ますね〜。
でもADAの天野さんは袋から直接出してたよなぁ。洗わなくてもいいのかいな。

ま、そんなこんなをしている間に飲み会の時間が来てキャビネット到着を待つことに後ろ髪を引かれながら出発。

・・・で、帰ってきてキャビネットが来なかった真相が判明しました。

いや、正確には来てました。

マンションの入り口のポストに不在票が入ってました。
「午前9時到着のお知らせが書いてある不在票が」・・・。
まじかいな、余裕ぶっこいて寝てて気が付いていなかっただけだったみたいですorz


11月4日、晴れのち曇り時々雨。

そんなわけで、1日ずれて、翌日キャビネットを受け取りました。

受け取ったと同時に、アクアショップに水草を買いに行き、買いまくりました。
ちなみに行ったのは、ティアラとまたもやトロピランドですw。
そして手にはこんなメモを持って・・・
・エキノドルステネルス
・クリプトコリネペッチィ
・クリプトコリネバランサエ
・リシア
・ミクロソリウムナロー
これ、1年前の自分が見たら完全に暗号です(笑)。
人って変わるもんですねぇ、しみじみ。

で、帰ってきてからいよいよキャビネットを開封しました。
最高にクールです!!
お騒がせしました〜。

ここから、第2のステージが始まります。

(続く)

(徹夜で立ち上げしたため、もう限界につき、寝ます。レスも起きてから書きま〜す)

投稿者 38brain : 09:12 | コメント (23) | トラックバック

2006年10月17日

プロジェクト75 〜増強準備編〜

来たるべく75cm水槽のために、週末、増強準備しました。


(意味もなく写真はマクロでw。)

エーハイム2215を60cm水槽に設置してバクテリアを繁殖させ始めました。
これは後々75cm水槽に設置予定です。

これで現在60cmは、「2213+2213サブ+2215」という超過剰濾過状態になりましたww。

75cm水槽はとりあえず「2215+2213サブ」でいこうかと思います。
これで足りないようなら2213サブを2215サブに変更しようかと考えてます。

ついでに、久々に近所のアクアショップに行ったら、ミナミヌマエビが10匹198円だったので、ご購入〜。
石巻貝も5匹買って、どちらも60cm水槽に投入。
ついでに、サイアミーズ・フライング・フォックス君が密かに天に召されたので再び1匹購入。
全て75cm水槽対策用です。

コケイヤン部隊、濾過部隊、共に戦闘態勢が整いましたw。

今週末辺り、流木でもあさりに東京のショップへ行こうかと考えてます。

着々 。 ( ̄ー ̄)ニヤリ
11月3日が近付いてきました。

秋ですなぁ・・・。

投稿者 38brain : 05:35 | コメント (21) | トラックバック

2006年10月10日

ネタを2つ

<ネタ・その1>

おっと、ここは「熱帯魚に泳がされ・・・」のでむちんさんのブログじゃないですよw。

これはでむちんさんのブログ1周年記念プレゼントに応募して、もらったトントンクッションです。

全体像はこちら↓

いやぁ素敵なものをありがとうございました〜!
早速、車の運転席のシートに乗せて、毎日トントンとお尻で激しくキスし合います。

ちなみに、このクッションに付いてきた注意書きが非常にナイスなモノで、これ自分だけで味わうのはもったいないので皆さんにもお見せしますね。

こちら↓

これは笑った。相変わらずでむちんさん、いいセンスですww。

でむちんさん、ありがとうございました。
大切にしますね!

うちは1周年でも何もあげずにちょっと心苦しかったり・・・(苦笑)。
たぶん今年中にここのブログが移転後100,000hitsしそうなので、その時にでも何か・・・あれば・・・w。


<ネタ・その2>

下のブツ届きました。

今回新しく立ち上げ予定の75cm水槽用のミドボン(5kg)です。

こちらの商品はWaterPlantsWorldさんから購入(正確にはレンタルかな?)しました。
家がわりと近くなこともあり、今後も補充の際に持ち込み可能であったことが購入の大きな後押しとなりました。
もちろん全国に発送もしてくれるとのこと。補充の時もね。
酒屋さんではなかなか手に入れられない方などは非常に便利だと思いますよ。

今回は、わざわざうちの自宅前まで持ってきてくれました。
で、そのまま、どうも〜、と別れるわけもなく、うちのマンションの前で2時間以上立ち話(途中からさすがに座りましたが)をしてしまいましたw。
その辺のおばちゃんの井戸端会議もビックリですww。
10月なのに蚊に刺されまくられながら(苦笑)。

まぁ、それはさておき、ミドボン、思ったよりは大きくありませんでした。
キャビネットの中に、外部フィルター2つとミドボン、全部余裕で入りそうですね。

現在使っている普通のCO2ボンベがなくなったらミドボンを装着予定です。
たぶん今週中にはなくなるんじゃないかなぁと思ってますので、なくなり次第装着レポートをお伝えできると思いま〜す。

WaterPlantsWorldさん、ありがとうございました〜。

投稿者 38brain : 08:00 | コメント (16) | トラックバック

2006年10月07日

プロジェクト75 〜脳内妄想編〜 (本記事)

昨日時間がなくて書けなかったので本記事はこれですw。

プロジェクト75、それは60cm水槽から75cm水槽へのバージョンアップ。

今回は相当色々変える予定です。
今回75cm水槽を立ち上げた後は、もう当分の間、水槽を買うこともないでしょうし、これである意味一つの到達点にできるようにしたいと考えてます。(とは言っても山で言えば3合目付近でしょうか、早くもここで一泊するイメージですw。でも金銭的には山頂に到達し、力尽きるイメージですww。)

では、以下、妄想も含みつつ、どのように変える予定なのかをツラツラと。


水槽:60cm → 75cm(ADAキューブガーデン75-Pを予定)

ライト:アクシーイオン600i → ADAメタハラソーラーI
(購入済み)

CO2:ADAのシステム → ミドボン 5kg 購入予定
(これは次回の記事にする予定)

水槽台:メタルラック → キャビネットへ
(下で詳しく説明)

ソイル:ADAアマゾニアソイル → ADAアマゾニアソイル+ブライトサンド
(購入済み)

フィルター:エーハイム2213+2213サブ → エーハイム2215+2213サブ
(とりあえず予定)

ヒーター:それなりのものに買い換え予定(200W?)

エアレーション:普通のもの → イブキのものにしたい

水景:適当 → 流木を基本として真ん中を化粧砂にしたい(凹型?)

生体:とりあえず現状維持
(でもその維持は落ち着いたら崩れる予定w)

水草:色々。
(陰性水草を増やしてトリミングをらくしたいw。あとリシアをやってみたい。)


そんなところですかねぇ。
あとなんかあったっけ?


で、今回の目玉の一つが、キャビネットです。
最初はADAのガンメタキャビネットにしようと覚悟を決めていたのですが、とにかく異次元的に高い!(チャームさんですら8万円!!)
そんなとき、実は時々メル友なWaterPlantsWorldさんに、いいものを薦めてもらったんですよ。
それが、知る人ぞ知るらしい、Stylish Aquaさんの「Cube a stump」というキャビネットです。

こちらの商品、ADAのものと見た目も非常に近くて、それに品質も同等らしいんです。
それでいて、価格は数万円お安くなる、と。


(こちらがADAのキャビネット。画像およびリンクはチャームさんよりお借りしちゃいました。)


(Cube a stumpキャビネット。画像はStylish aquaさんよりお借りしちゃいました。)

上の写真はガンメタではないですが、ガンメタも選べますので、このガンメタを注文させてもらっちゃいました!!

私にとって、ADAは大好きですが、必須ではないんです。
ただ、他のメーカーさんがいけてなさ過ぎるだけです。
他のメーカーさんでもいいものがあればそれをチョイスしますよ。

キャビネットは11月3日、うちに到着予定です。

つまり、おそらく75cm水槽の立ち上げ日は、11月3日になります!

キャビネット代金が少し浮いた分で、キューブガーデン75クリアにバージョンアップすることをWaterPlantsWorldさんに薦められましたが、丁重にお断りしておきましたww。

はぁ〜楽しみだなぁ。
ぽわわゎゎゎぁぁぁ〜ん・・・。


____________________

新たに、Stylish Aquaさんのサイトを左のメニューのリンクに追加させていただきました。
キャビネット以外にもいろんな記事があって非常に楽しめますよ。おすすめです。

投稿者 38brain : 06:18 | コメント (25) | トラックバック

2006年10月06日

プロジェクト75 〜脳内妄想編〜

を書く予定でしたが、またもや時間がないので、今日の夜にでも書きますm(_ _)m

コメントはまだしないでね、
と書いても書く人がたくさんいるので(2つ前の記事参照)、もうどうにでもしてください!!w w

MovableTypeって、コメントなしに設定できないのかなぁ。

75cm水槽立ち上げ計画、通称「プロジェクト75」、着々と、いや、ノロノロと進行してます。

投稿者 38brain : 07:53 | コメント (9) | トラックバック

2006年09月25日

光あれ!!

前回予告しましたように、ADAのメタハラ(メタルハイドランプ)のアームスタンドを買ったので、試しに設置してみることにしました。
ん?水槽?
はい、前回も書いたように本来設置予定の75cm水槽はまだないです(爆)。
なので試しにちょっと点けてみるだけです。

買ったアームスタンドは上の写真のもの。
あまりにもでかいので全体を写真に撮れず、上の部分だけの写真ですが、ソーラーI用でADAの純正90cm用のスタンドです。
hidakapさんとも話したのですが、75cm水槽でも90cmのアームスタンドでなんとかなるんじゃないかという結論に達したのでこれを買ってみました。
もしいまいち75cmにフィットしない場合はhidakapさん考案の秘策があります(ニヤリ)。
あ、そうそう、スタンドをキャビネットとかにどうやってくっつけているのかが今まで一番わからない点だったのですが、購入してようやく判明しました。
ウッドキャビネットの場合、写真の小さなビニール袋に入っている金属で直接穴を開けて固定するみたいです。
他にADAの金属のスタンドの場合はそれ専用の固定器具が別売りしているようです。
こういう固定方法についてもカタログとかにちゃんと記載してくれたらいいのになぁと思いました。(少なくとも私のような超初心者のために。)

で、いよいよメタハラを開けます。(箱すら開けてなかったので初めて開けましたw)

他にも色々な方がメタハラ買いましたよ〜というレポートを書かれていましたが、「買いました→付けました」だけの方がほとんどでしたし、せっかくなら持っていない方にも中がどうなっているのかもお見せした方が面白いかな、と思いましたので、箱開封から順を追って写真に撮ってみました。

箱を開けると、そこには既にまばゆい光を放つ(妄想)メタハラの姿がっ!!
実物はけっこう大きく感じますね〜。

箱から全てを取り出した図。
メタハラ本体、安定機(かなりでかし!!)、電源コード、そして右下に写っているちっちゃいのはメタハラ上部のワイヤーを短く固定するための金具です。
それとマニュアル、で全ての同梱物となります。

まぁ、当然水槽もなければキャビネットなどもまだないわけで、とりあえず現状の60cm水槽をおいてあるメタルラックにスタンドを立ててみました。
このようにかなり不安定ではありますが、倒れることはないし、試しなのでこれで設置してみることにしました。

けっこうアルミラック錆びてるなぁ〜(苦笑)。やっぱ水が時々かかったりするからねぇ。
それと、写真に写っているハサミは私がいつもトリミングに使っている解剖用のハサミです。(本業用の廃棄です。過去に色々切り刻んだ怨念付きですw。いや、笑えない。)
切れ味はバツグンですが、見てのとおりサイズが普通のハサミ程度なので、トリミングする時はジャボジャボと水槽に手を突っ込んでますww。

そして、いざ点灯!!!

ぐおお〜っ!!まぶし〜ぃぃぃ!!!
私がもしドラキュラだったら、「ギャァァァ〜ッ、溶けるぅぅぅぅぅ!!!!!」という感じですw。
いや、ほんとにめちゃくちゃ明るいです。
今まで使っていたアクシーイオン600iというライトの5倍はゆうに明るい感じです。
うちは玄関の廊下部分に水槽を設置しているのですが、メタハラが付いている時はまったく他の照明いりませんw。

そして驚くべきことが!!!

メタハラを設置したとたん、水草たちが猛烈に気泡を出しまくり始めました。

見てくださいこれを。
 ↓

ほんとビックリするぐらいあちらこちらから気泡の泡。
照明を消すまで続いていました。
やっぱり今まで光量が足りなかったのねぇ・・・ゴメンね水草たち、という気分になりました。
いやぁ、超感動。
今まで購入したアクア用品の中で一番買ってよかったぁと思いましたよ、これは。

とりあえず、60cm水槽にメタハラは超オーバースペックでコケの心配があるため、今まで照明点灯時間8時間だったものを、ひとまず6時間に短縮しておきました。
しばらくはメタハラのままでいこうかとおもいます。
果たして赤い草(ロタラインディカ)が初のちゃんと赤くなってくれるのか。
これも見ものです。

この感動は次回の記事に続きます。

メタハラ最高!!!w

投稿者 38brain : 05:15 | コメント (23) | トラックバック

2006年09月12日

38brainはたいようをてにいれた。

アクアリスト(あるいはアクアバカ)の一つの到達点。

やってしまいました・・・。

ADAのメタハラ、ソーラーIという名の太陽。

太陽を手にして、こんなに喜んだのは、ドラクエで「太陽の紋章」を手にした時以来かもしれません(笑、マニアックですいませんw)。


ちなみにまだ箱開けてません。
90cm用のアームスタンドを買おうと思ったら売り切れだったんですよねぇ。
水槽は90cmじゃないですよw。
75cmを買う予定ですが、75cm用のアームスタンドって売ってないんですよ。
とりあえず75cmに無理矢理合わせられるのではないかと思ってまして。


そして、こんなものまで・・・!


ガ〜ガ〜・・・。

投稿者 38brain : 03:50 | コメント (30) | トラックバック

2006年08月01日

サブフィルター設置・そして新プロジェクトへ・・・

エーハイム2213用のサブフィルター買ってみました。(いつも通りチャームさんで)

ろ材は、写真にあるものとうちに残っていたものを合わせ、エーハイムサブストラットプロ約2リットルと、エーハイメック約1リットルとしました。

そして下のように、とりあえず60cm水槽に設置しました。「と・り・あ・え・ず」。

(写真がぼけていて見にくくてすいません。ここの場所暗いのでシャッタースピードを遅くしたため手ぶれが・・・。)

「とりあえず」、っていうのにはもちろん意味があります。
個人的には60cm水槽の現状は、既存のノーマルエーハイム2213が1台で充分まにあっていると思っています。
コケもほとんど出てないですし。

実は、来たるべく、次のプロジェクトのための準備なのであります。


その名も・・・!


「プロジェクト75」!!!

はい、やってしまおうかと思います(笑)。

ちょうど今月末で熱帯魚を飼い始めて1年ですし、カリウムがうんぬんとか言っている自分である手前、そろそろもうちょいまともな水景を作ることに挑戦してみようかな、なんて考えてしまったのであります。

過去1年間が初心者から始まり、ようやく最近は初級者ぐらいにはなったかなぁと思うわけですが、この新75cm水槽立ち上げプロジェクトでは中級者を目指し頑張ってみようかと思います。

1年続いた混迷期(あるいは暴走期)を抜け、この立ち上げ予定の75cm水槽は安定期に移りたいなぁという思いもあります。
もうこの暴走もそろそろ終わりにしようかと(笑)。
75cm以降は、そうそう水槽を追加することはないと思います(思ってるだけの可能性もありますがw)。

あとはメンテナンスを減らしたいという考えもあります。

現在、MacCube水槽(19cmキューブ)、45cmエビ・ボララス水槽、60cm混沌水槽の3つがあるわけですが、45cmと60cmを撤去して75cm水槽一つにまとめてしまおうかと思ってます。

エビ飼いの方には少々申し訳ないのですが、エビ飼い専門水槽からは後退予定です。
「餅は餅屋」的に、「エビはエビ屋」ではないですが、やっぱりエビを飼う人はエビ専門の方のほうがはるかにしっかり管理してますし、美しいエビを育てているわけで、たぶん、というか確実に、私のエビに対する情熱はエビ飼いの方に比べたら全然低くて申し訳ない部分もありました。
そんなわけで、エビに関しては、私ではなく、他の方が育てているのを見て満足させてもらうことにしようかと思ってます。自分の近くに友人のuchaiさんというエビ飼いもいますし(最近ブログは更新してませんがw)。
もちろん、今残っているエビちゃんに関しては、最後まで責任を持って育てますし、75cm水槽で増えたら増えたでうれしいわけですが、今後追加することはないと思います。
(おまけですが、調子の悪かった45cmエビ水槽はなぜか急に絶好調になった予感がします。これはまた後日にでも。)
ただ、これだけは言えます。
ブログを通じて、ebitaさんmitsuさんえびろーさんをはじめとするエビラーの方たちと出会えたことだけでも、エビを飼ってよかったな、と心から思っています。
もしエビちゃんが消滅してしまい、エビ飼いをやめたとしても、今後ともお付き合いいただければ幸いですし、エビラーの方のブログの方にも今後とも遊びに行かせてもらおうと思っています。

あと1点、このプロジェクトを立ち上げる理由の一つとして、部屋の場所を確保したいというのがあります(苦笑)。
一応今でも一人暮らしにしては広すぎる部屋だとは思いますが、それでも色々と荷物が多くなってしまいましたからね、色々とww。

ま、一番の欲望は、メタハラで水草を育ててみたい、ってことだったりもしますが(笑)。

そんなこんなで、75cm水槽立ち上げプロジェクト、スタートします!

相当金がかかりそうですし、真夏という時期も時期ですので、ゆっくりと少しずつ準備を進め、冬までには完成すればいいかなぁぐらいのめちゃめちゃ気の長いプロジェクトにする予定ですww。

ですので、相当先までは今のままだと思いますので、期待せずにマッタリと見守っていただければ幸いです。

化粧砂、使ってやるぅ〜。(ADAブライトサンドもう買ってたりw。)

投稿者 38brain : 09:12 | コメント (24) | トラックバック